速報 新型コロナウイルスによる各社対応まとめ

「zen place(ゼンプレイス)」とLAVAの違いは?会員に聞いてみた!

こんにちは。うい(@uiuiuipot108081)です!

ホットヨガスタジオ選びで悩みやすいポイントといえば、この2つ。

暑さが苦手な私でも大丈夫かな…

彼氏と一緒に通えたらいいのに…

そう、「室温」と「性別限定」問題です。

いきなりサウナのような環境下でヨガをおこなうことに、抵抗のある初心者さんも多いはず。

またホットヨガスタジオの多くは、LAVAを筆頭に「女性限定」スタジオが主流です。しかしパートナーと一緒に通いたい人には死活問題になります。

でも大丈夫。これらを 丸ごと解決 してくれるスタジオがあります。

「zen place」公式ロゴ

引用:zen place

本記事では、ヨガスタジオ「zen placeゼンプレイス」を特徴から費用面、口コミも含めて広く特集しました。

後半では私が夫とともに受講した体験レッスンをもとに、LAVA会員ならではの視点で両社を比較・検証していきます。

ゼンプレイス会員である俺の意見も、きっと参考になるはずだ

体験レッスン当日に即入会したんだよね(笑)

公式サイトはこちら

zen place yoga

こんな人におすすめ

  • ヨガを始めたい
  • 運動は苦手なほうだ
  • 運動不足を解消したい
  • 他のスタジオは挫折した
  • 「zen place」が気になる

「zen place yoga」とは

zen place yoga」はかつて「YOGA PLUSヨガプラス」の名称で親しまれたスタジオです。

2019年4月にブランドを統合し、ゼンプレイスとして生まれ変わりました。ほかにピラティスを専門に扱う「zen place pilatesゼンプレイス ピラティス」も運営しています。

「zen place pilates」体験記
どっちも体験したからわかった!ヨガとピラティスの本当の違い

リニューアルしてからますます勢いを増しているゼンプレイス。以下で詳しくご紹介します。

「zen place yoga」の特徴

ゼンプレイスの特徴は多々ありますが、特に大きなポイントはこの3つになるでしょう。

27.2℃・男女共用・プライベートレッスン

常温とホットの中間「27.2℃」

ホットヨガスタジオの室温はおおむね「35℃」、高くて「38℃」ほどが一般的です。

しかしゼンプレイスは、常温とホットの中間にあたる「27.2℃」を用意。体のゆるみと自然な発汗をうながのに最適な温度なのだそう。

ゼンプレイスの室温3種類

引用:zen place

また溶岩ヨガなどホットのみの提供に限られるスタジオもあるなか、ゼンプレイスは「常温」ヨガにも対応しているのが強みです。

体調や気分に応じて「常温」「27.2℃」「ホット」の3つから自由に選べるぞ

注意
スタジオによってはホットの取扱いがなく、設定温度が2種のみの場合があります。

男女共用スタジオが主流

ラバカルドロイブなど競合他社の多くは「女性限定」スタジオが主流です。一部男女共用店舗もありますが、割合は少ないのが現実。

しかしゼンプレイスは全店「男女共用」をつらぬいています。

男女共用

パートナーと一緒に通うのはもちろん、女性ひとりも歓迎だよ!

男性の目を気にしない女性や、逆に男性がいたほうが美意識が保てる…なんて人にも◎。

プライベートレッスンあり

ゼンプレイスは、大手では珍しい「プライベートレッスン」導入型のヨガスタジオです。

プライベートレッスン

引用:zen place

完全なマンツーマンから少人数制レッスン、マシンを取り入れたレッスンなど複数の選択肢から選べます。

  • プライベート
  • セミプライベート
  • マシングループ
  • スモールグループ
君にぴったりのプログラムを組んでくれるから、初心者にもおすすめだ

MEMO
プライベートレッスンは専用のチケットを消費します。詳しい料金体系はこちらから。

「zen place yoga」の口コミ・評判

…とこうしたゼンプレイス独自の取り組みが功をそうし、確かな評判に繋がっているようです。

スッキリした!
一度の利用でしっかり体幹を鍛えることが出来き、身体の内側からスッキリした。

(銀座スタジオ会員)

インストラクターが本物!
インストラクターの指導がわかりやすい

(銀座スタジオ会員)

通いやすい!
ホットヨガと常温ヨガの両方があり、シャワールームもあるため大量に汗をかいても安心。自分のペースでレッスンが受けられるプライベートレッスンもおすすめです。

(高田馬場スタジオ会員)

引用:Google Map 各店

会員の多くがゼンプレイスの品質に納得し、通い続けているようです。

この評判には俺も賛同するばかりだな

リニューアル時に内部が大幅刷新さっしんされたにも関わらず、客離れが起きないのはすごいね

「zen place yoga」の料金プラン

とはいえ気になるのは費用面ですね。

ゼンプレイスは一般的な月会費制を取っています。料金はスタジオグレードにより多少変動しますが、以下はもっとも標準的な「グレード2」の内訳です。

フリー 14,960円
月6回 13,200円
月4回 9,625円

※料金は10%税込表記

特徴的なのは「月6回」プランの存在でしょうか。

週1回じゃちょっと少ない…なんて人にはぴったりだね!

プライベートレッスンを受講するには

特徴でも触れたゼンプレイスの売りのひとつ「プライベートレッスン」。受講するには、月会費のほか以下のチケットが必要です。

zen placeチケット料金表

引用:zen place

このチケットを月額プランに応じて一定枚数消費することで、受講できます。

フリー 2枚
月6回 3枚
月4回

ちょっとわかりづらいね
俺も始めは悩んだな…

MEMO
月6回」「月4回」会員は、月内の回数を消化してしまった場合、チケットを1枚消費することでグループレッスン受講も可能です。

「zen place yoga」の店舗

最後に気になる店舗を見ていきましょう。

ゼンプレイスグループの店舗は全国 100店舗以上 ありますが、ヨガに絞ると現在20店舗弱ほどになります。おもに関東圏が中心です。

MEMO
2020年5月時点の情報です。ラインナップが変更される場合があります。

公式サイトはこちら

zen place yoga

もくじへ戻る

どっちがおすすめ?「LAVA」と違いを比較!

ここからはゼンプレイスを以下4つのポイントに分け、さらに深掘りしていきます。

ゼンプレイス会員である夫の意見と、3年来のラバ会員の私による対談もまじえて進行します。最大手「LAVA」とどう違うのか、という視点からもお楽しみください。

ラバ歴3年の私にとって、ゼンプレイスはどう映ったのか!?
くれぐれもお手柔らかにね…

①スタジオの設備・環境

気持ちよく通い続けるためには、居心地のいい店舗の「環境」は必須ですね。

同時に、ヨガをムダなく突き詰められるスタジオの環境も重要です。この点で両者はどうでしょうか。

zen place
  • 22~40℃/湿度40%
  • 空調加温型
  • 少~大人数制レッスン
LAVA
  • 38℃/湿度60%
  • 空調加温型
  • 大人数制レッスン

特徴でも触れたように、常温~ホットまで幅広い選択肢があるのはラバにないメリットです。

自身の動きに注力できるよう、湿度も快適な「40%」前後となっています。これらから見ても、ゼンプレイスは極めて常温に近いホットヨガ、といえるでしょう。

zen place 五反田スタジオ

引用:zen place

スタジオに日の光が注いで明るいね!

環境的にそこまで密閉性を必要としないため、窓のある開放的なスタジオが多いのも特徴。

ゼンプレイスは「プロップス」が豊富

ゼンプレイスは「プロップス」と呼ばれる道具をレッスンに用いる頻度が多いです。

クロップススペース

引用:zen place

  • ブランケット
  • ベルト
  • ブロック
  • セラピーボール

自力ではとれないポーズも、プロップスの力を借りればラクに取り組めます。

レッスン前にマットとブロック2つ、ブランケット1枚を取るのが通例だ

ラバにはプロップスを使うレッスンは少ないから、ここは大きな違いだね

なおゼンプレイスではヨガマットもレンタル無料です。荷物はどうしても多くなりがちなので、うれしいポイントですね。

②インストラクター・レッスンの質

もちろんヨガの「レッスン」と、それを提供する「インストラクター」も大切です。

zen place
  • 正社員中心
  • ヨガワークス修了
  • レッスンに差が出る
LAVA
  • 正社員中心
  • 自社研修修了
  • レッスン内容が一律

いずれも「正社員」を中心に構成されているのは同じですが、研修システムに違いがあります。

ゼンプレイスのインストラクターは「Yoga Worksヨガワークス」という広く認知された団体で研修を積んでいます。世界中どこでも通用するハイスキルな資格です。

ヨガワークスロゴ

引用:yoga works

「ヨガワークス」とは
1987年10月に米国カリフォルニア州サンタモニカにて設立されたヨガスタジオ。2013年に約25のスタジオをオープンして以来、温かく活気のあるコミュニティーを展開し続けている。

一方ラバは、自社の厳しい研修をくぐり抜けたインストラクターが中心。

優劣はないが、ネームバリューはゼンプレイスが上だろうな

もうひとつ、特筆したいのはレッスンの内容です。

ゼンプレイスは自社の方針からか、同じプログラムでもインストラクターにより内容が微妙に異なります。レッスン内容を統一しているラバとは大きな違いです。

私は反復して練習したい派だけど、夫は毎回違うレッスンが楽しいみたい

これは人により好みが分かれるところですね。

③プログラムの内容・数

飽きずに楽しく継続するには、幅広い「プログラム」の選択肢があって欲しいところですが…?

zen place
  • 全15種
  • 強度4段階
  • プライベート有
  • マタニティ可
  • 公式アプリ有
LAVA
  • 全31種
  • 強度7段階
  • プライベート無
  • マタニティ不可
  • 公式アプリ有

プログラムの種類自体はラバの半分にも足りませんが、前述のとおりレッスン内容に変化があるため、インストラクターの数に応じてバリエーションは拡がります。

zen place最新プログラム「HIITヨガ」
zen place(ゼンプレイス)のHIIT(ヒット)ヨガで時短ダイエット!

なお強度は初心~上級の4段階で、ラバの7段階には劣りますが…。

ラバの強度

引用:ホットヨガスタジオLAVA

業界中ラバが飛び抜けて多いだけで、一般的には3段階が主流なので十分かと。

1年通ってるけど、俺はまだ初級止まりなんだ……

まあ、難易度は比較的高いよね

またマタニティはごく一部の店舗でのみ受け入れているラバに比べ、ゼンプレイスプライベートレッスンなら常時マタニティも可。

小さな子どもも同伴できるので、ゼンプレイスは子育て中の主婦でも安心して通えます。

④利用料金(コストパフォーマンス)

入会の決め手となり得る「利用料金」も無視できないポイントです。

zen place
  • 通い放題14,960円
  • 月4回9,625円
  • マットレンタル無料
  • 1店舗のみ通い放題
LAVA
  • 通い放題15,800円
  • 月4回10,800円
  • マットレンタル無料
  • 2店舗~通い放題

※都心部の平均的な料金を引用

こう見ると費用面で大きな差はないように思えます。

しかし注目したいのは、ラバの” 付加価値 “です。ラバには「プラス1店舗制度」が存在し、ライトフルプラン以上は2店舗または全店舗通い放題となります。

ゼンプレイスより1,000円弱ほど上乗せで、2店舗通えるのはメリットが大きいですね。

1店舗通えれば十分な人なら、費用面ではゼンプレイスがお得だな

公式サイトはこちら

zen place yoga

もくじへ戻る

「ゼンプレイス」と「ラバ」項目別比較表

ゼンプレイスとラバの違いがひと目でわかるよう、項目別比較表も用意してみました。

あなたが重視したい項目に注目してみてね!

スマホでスクロールできます


zen place

 LAVA 
店舗数 20店舗~ 430店舗~
レッスン数/日 5回~ 8回~
定休日/月 2回 4回
環境 室温 22~40℃ 32~38℃
湿度 40% 50~60%
常温ヨガ
インストラクター 正社員 正社員
レッスン プログラム数 15種~ 31種~
強度 4段階 7段階
形態 少~大人数制 中~大人数制
予約
ヨガマット 不要 任意
マタニティ 不可(一部対応)
料金 フルタイム 14,960円 15,800円
月4 9,625円 10,800円

もくじへ戻る

おわりに

zen place

引用:zen place

実際に体験してわかりましたが、「zen place yogaゼンプレイスヨガ」はかなりクオリティの高いスタジオです。

夫のように” 易しい難易度からじっくり学びたい人 “には、またとない環境といえるでしょう。

体験レッスン後に思わずそのまま入会したからな(笑)

私もラバの継続を迷うほどだったよ

しかし最終的に私はラバを続ける決断をくだしました。

今回を通し、各スタジオに向いている人がわかった気がしています。私の独断と偏見でまとめたこちらが、あなたの参考になれば幸いです。

ゼンプレイスに向いている人

  • じっくりと体質改善したい
  • 道具を使って身体にアプローチしたい
  • 個人レッスンと併用したい
  • パートナーと一緒にお得に受講したい
  • 荷物は少ないほうがいい

ラバに向いている人

  • ホットヨガの経験者
  • 運動の習慣がある
  • レッスンのクオリティを重視したい
  • 色んなレッスンを受けたい
  • ライフスタイルに応じて店舗を使い分けたい

気になるスタジオがあれば、以下から早速体験レッスンを申し込んでみてくださいね。

zen place yogaを予約する

マインドフルに生きる、だからzen place

グループレッスン体験1,000円(税込)~!

ホットヨガスタジオLAVAを予約する

変わりたい。ならばLAVA

無料で手ぶら体験できるのは今だけ!


クリックで応援

人気ブログランキング

どっちも体験したからわかった!ヨガとピラティスの本当の違い zen place(ゼンプレイス)のHIIT(ヒット)ヨガで時短ダイエット!

おすすめヨガスタジオTOP3

  • zen place yoga

    ヨガワークス認定講師陣による質の高いレッスンが評判。プライベートレッスンのあるスタジオはここだけ。

    評価
    レッスン強度NORMAL
    こんな人におすすめじっくり体質改善したい

    「zen place(旧ヨガプラス)」は、常温とホットの中間にあたる「27.2℃」の室温が特徴。暑すぎないベストな環境で自然な発汗を促します。ポーズを助けるプロップス(道具)も豊富で、楽しくヨガが学べる環境です。

  • ホットヨガスタジオLAVA

    ラバは全国に430店舗以上を構えるホットヨガ最大手のスタジオです。最短で最高の成果を求める人におすすめ。

    評価
    レッスン強度HARD
    こんな人におすすめ本気でダイエットしたい

    「ホットヨガスタジオLAVA」では、まるでサウナのように暑いスタジオ下で質の高いレッスンを受けられます。あなたの成長に合わせて、全7段階の強度でステップアップも可能。初心者から熟練者まで幅広く通えます。

  • ホットヨガスタジオCALDO

    カルドは他社に比べて月会費が安め。予約不要で荷物も少なく済むため、初心者でも始めやすいと大変人気です。

    評価
    レッスン強度NORMAL
    こんな人におすすめリーズナブルに始めたい

    「ホットヨガスタジオCALDO」は遠赤外線床暖房とスチームで、美容効果もダブルで期待できるスタジオです。40種以上の豊富なプログラムから、あなたにぴったりのレッスンがきっと見つかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 人気急上昇中!オンラインヨガ大特集 /
詳しくはこちら
\ 人気急上昇中!オンラインヨガ大特集 /
詳しくはこちら