カテゴリ一覧から記事を探してみよう

ゼンプレイス(旧ヨガプラス)体験記。ホットヨガスタジオLAVAとの違いは?

こんにちは。うい(@uiuiuipot108081)です!

夫の身体の柔軟性を高めるべく、「男性も通えるヨガスタジオ」を検討していた私たち。

ココはどう?

ん?どれどれ…。おっ、このヨガスタジオ、聞いたことある!

夫が次なる候補として挙げたのは、大手ホットヨガスタジオLAVAに迫る勢いで成長している、あのヨガスタジオでした。

注意
ヨガプラスは「ゼンプレイスzen place)」へと生まれ変わりました。本記事は、旧ヨガプラスのとき体験した内容をもとに掲載しております。一部、現行のシステムとは異なる表現があるかもしれません。
随時最新の内容へ更新をしていく予定でいますが、まずはご了承いただけますと幸いです。(2019年4月追記)

ヨガスタジオ「ゼンプレイス(旧ヨガプラス)」とは

ゼンプレイス(旧ヨガプラス)」は2009年からスタートしたヨガスタジオです。

10年近い実績を積み上げ、大手ヨガスタジオに勝るとも劣らない立場を確立しているとして、一定の評価を得ているヨガプラス。

その理由は、いったい何にあるのでしょうか?詳しく解剖してみましょう。

ホットヨガ・常温ヨガ両用スタジオ

zen placeの室温3種類

引用:zen place公式

私の通うホットヨガスタジオLAVAは、ホットヨガ専門スタジオです。LAVAに限らず、ホットヨガを提供するスタジオの多くは「ホット」に限定されているというのが実態でしょう。

その点ゼンプレイスでは、ホットヨガだけでなく常温ヨガの提供もあるのが大きなポイント。

それに加えて「常温とホットの中間の温度」を用意しており、「身体のゆるみと自然な発汗を促すのに最適」とした27.2℃の環境でヨガを受講できるのが特徴です。

「LAVAでは暑すぎる」と感じる人が多いのは事実。そんな人には、心強い選択肢のひとつとなり得ますね。

注意
スタジオによってはホットヨガの取扱いがなく、温度設定が2種のみの場合があります。

都心部を中心に多数の店舗を展開

ゼンプレイスは東京・大阪の都心部を中心に多数の店舗を展開しています。そのほとんどが駅近に位置しているため、仕事帰りやショッピングのついでに立ち寄りやすいのがメリットです。

2019年3月時点では、都内に以下の13店舗を構えています。

三軒茶屋|目黒|五反田|吉祥寺|学芸大学|自由が丘|新宿|阿佐ケ谷|高田馬場|西葛西|銀座|人形町|下北沢

なお登録した店舗とは異なるスタジオでも、他店舗利用料300円/1回を支払えば自由に受講ができます。LAVAとは違い、店舗をまたいだ利用に良心的なところは評価できますね。

スタジオごとに設備やプログラムが異なるから、使い分けができるのは羨ましい!

プライベートレッスンが充実

ホットヨガスタジオLAVAではグループレッスンのみの提供ですが、ゼンプレイスでは通常のグループレッスンの他、プライベートレッスンに力を入れています。

プライベートレッスンはその名のとおり、インストラクターがあなただけのオリジナルメニューを作成し、指導してくれる特別なレッスン。あなたの身体のクセや歪みを見極め、目的に応じたプログラムをカスタマイズしてくれます。

以下のような悩みを抱える人や、差し迫った目標がある人には即効性が期待できます。

  • 最短でヨガの効果を上げたい
  • 結婚式等のイベントまでにボディメイクを完成させたい
  • 自分だけのトレーニングがしたい
  • 生活習慣病の対策・リハビリをしたい

子連れでヨガをしたい人にも寛容で、子どもをフロントに預けながらプライベートレッスンを受講している人もいるみたい。ライフスタイルが原因でヨガを諦める必要がないのは助かるね!

「ゼンプレイス(旧ヨガプラス)」体験レッスン当日の流れ

軽く予習ができたところで早速、実際に「zen place(旧ヨガプラス)」の体験レッスンへ行ってみましょう!

体験レッスン当日の持ちもの

zen placeの体験レッスンに必要な持ちものは、以下の8つです。

  • 体験費用1,000円/1人
  • 動きやすい服装
  • ペットボトルのお水
  • フェイスタオル
  • バスタオル ※ホット開催スタジオに限る
  • クレジットカード
  • キャッシュカード
  • 銀行印
MEMO
()内の3点は、当日に入会手続きをおこなう際に必要となります。
体験当日に入会すると入会金無料等の特典があるため、申し込む意思の強い人は同時に持参しておくとスムーズです。
入会時に支払う当月+来月の月会費は現金払いのほかクレジットカード払いも選択可能ですが、ブランドが限定される店舗があるため注意しましょう。

体験所要時間【110分】の内訳

zen placeの体験レッスンは全部で「110分」です。具体的な流れは以下のとおりでした。

STEP.1
受付(5分)
レッスンの20分前までに入店し、受付を済ませます。
STEP.2
着替え(5分)
動きやすい服装に着替え、フェイスタオルとお水を持ってラウンジへ向かいます。
STEP.3
カウンセリング(10分)
カウンセリングシートを記入し、インストラクターと対話します。
STEP.4
レッスン体験(60分)
zen place会員とともに通常レッスンを受講します。
STEP.5
アフターカウンセリング(30分)
インストラクターから感想の伺いや、料金体系等の説明があります。

STEP1.受付(5分)

体験レッスン申込の時点で、レッスン開始の20分前までに入店するよう指示があります。私たちは朝の9時のレッスンを予約したため、8時40分頃に入店しました。

うい様ご夫婦でいらっしゃいますね。お待ちしておりました!

女性

入店した瞬間、明るい声で挨拶があります。名乗る前に呼びかけていただき、印象がいいです。

まずはお着替えからお願いします。旦那さまはこちら、奥さまはこちらへどうぞ!

女性

受付という受付もないまま、フロント両脇にカーテンで仕切られた空間へ誘導されました。

STEP2.着替え(5分)

更衣スペース

朝1番で、強度の易しいレッスンだったのもあり更衣室には人が誰もいませんでした。

環境としてはとても清潔感があふれていて、十分な広さがあります。また隅にはコート用ハンガーラックが用意されているため、ロッカーに入れてシワになる心配がないのは個人的に好評価。

私の通うLAVAスタジオでは、コートも小さなロッカーに入れなければならないの…

LAVAはスタッフからロッカーキーを受け取る方式なのに対し、zen placeは空いているロッカーを自由に利用できるのも◎。使いづらい位置で屈みながら物を出し入れするのは、ストレスになりますからね。

なおパウダースペースには、ティッシュペーパーのみ置かれていました。

今回行ったのは常温ヨガ限定スタジオだから、シャワールームがないぶん必要最小限のものしか置いていないのかも?

STEP3.カウンセリング(10分)

着替えを済ませたあとはフロントラウンジへ向かい、先ほどの女性から手渡されたカウンセリングシートへ記入します。項目はごく基本的なものばかりで、ほとんど時間はかかりません。

  • 氏名・住所等の基本情報
  • ヨガをする目的
  • zen placeを知ったきっかけ
  • 運動頻度
  • ヨガの経験の有無・ヨガ歴
ご記入ありがとうございます。少しお話を聞かせてください

女性

記入した内容に沿って、女性から簡単なヒアリングがあります。この女性がすごく朗らかな方で、雑談のような雰囲気で和やかに会話ができました。

ヒアリングをひととおり終えたあとは、その女性に付いてスタジオの案内を受けます。

STEP4.レッスン体験(60分)

スタジオ

引用:zen place公式

スタジオの中は割と広め。前方の全面に窓があるので、光が室内へ注いで開放感があります。

LAVAでは窓のない暗い空間でレッスンをするから、新鮮だったよ

ヨガマット、ブランケット2枚、ブロック2個を持ち、定位置へつきます。間もなくレッスンがスタートする頃、先ほどの女性がスタジオ前方に立ちアナウンスを始めました。

お待たせしました。今からレッスンを開始します。まずはマットの前方へ立ちましょう!

IR

あ。あの方インストラクターだったのね…!(驚愕)

入店時からカウンセリング、案内までしてくれた女性がインストラクター自身でした。LAVAではインストラクターと店頭スタッフの切り分けが成されているため、ここで少々カルチャーショック。

しかしそのインストラクターの腕前は確かで、夫の動きのクセや歪みを瞬時に読み取り、的確なアドバイスをしてくれる様子には好感が持てました。

夫もポーズに苦しみながらも、一定の満足度は得られたようです。

STEP5.アフターカウンセリング(30分)

レッスンを終えたら、インストラクターからひとりひとりにウェットティッシュが配布されます。それでヨガマットを拭き、片づけるのが一連のルーチンのようです。

しかし小さなウェットティッシュ1枚では、人ひとりの身長より大きいヨガマット全体を拭き切るのは至難の業。滑り止め効果で引っかかりますし、効率の悪さは否めません。

LAVAでは除菌スプレーふきんの貸出があるから、衛生面ではマイナス評価…

着替えを終えたあと、アフターカウンセリングと称してzen placeのレッスンスケジュールや、料金体系の共有がありました。決して押しつけがましくはなく、選択は私たちに一任する姿勢に安心感が持てます。

仕事の兼ね合いから週1ペースの受講を想定している夫に対し、「月4」コースの用意があることが決め手となりました。夫はその場で入会を決意します。

MEMO
本来であればグループレッスンを月に4回通える「月4」コースですが、グループレッスン3回をプライベートレッスン1回へ置換え、「グループレッスン1回+プライベートレッスン1回」の月2回の受講とする応用も利くそうです。
受講に関して悩むことがあれば、まずはスタッフへ相談してみることをおすすめします。

LAVA会員から見た「ゼンプレイス(旧ヨガプラス)」の率直な評価

総合的に見て非常にバランスのいいヨガスタジオだと感じます。3年弱通い続けているホットヨガスタジオLAVAはもちろん、その他に受講経験のあるヨガスタジオと比較しても遜色ありません。

アットホームな雰囲気でなじみやすい

フロント

引用:zen place公式

個人的に印象が良かったのは、LAVAにはない「アットホーム感」です。LAVAは今現在ですでに400店舗以上(2019年3月時点)を構える大手スタジオなだけあり、企業色が色濃く出ます。

一方ゼンプレイスは、言ってみれば「個人スタジオ」のようなあたたかさがありました。入店した瞬間、会員の子どもがフロントを走り回っていた光景がすべてを物語っています。

またフロントラウンジとレッスンスタジオの境目がカーテン1枚なので、防音効果がないため、レッスン中もラウンジで走り回る子どもの声と足音が聴こえます。決してうるさいわけではなく、微笑ましいのですがレッスンに集中できる環境を求める人には不向きかもしれません。

インストラクターの人柄もすばらしく、この人だったからこそ夫が入会を決意したというのも、あながち的外れな予想ではないと感じます。「インストラクターと対話しながら、じっくりと体質改善したい」人には最適でしょう。

一方で「ひたすらにつき詰めてヨガへ取り組みたい」人にとっては、物足りなさが台頭します。

「まずは身体の柔軟性を身に付けたい」夫には、ピッタリと感じたよ

プロップス(道具)の無料貸出がうれしい

クロップススペース

引用:zen place公式

ゼンプレイスでは、レッスンに必要な道具の無料貸出があります。

  • ヨガマット
  • ブランケット
  • ベルト
  • ブロック
  • セラピーボール

ヨガマットは定員より多い数の在庫がありました。質も申し分なく、長さも十分にあるため身長のある男性が使っても大きくはみ出すことがありません。

ブランケットは姿勢をキープするためのサポート目的や、レッスン終盤のシャヴァーサナ(安らぎのポーズ)時に身体へかけて休むことができます。

ブロックも必要に応じてポーズを取る助けとして活用でき、便利なアイテムでした。

LAVAの無料貸出はヨガマットに限られるから、色んな道具を使えて面白かったよ!

スタジオ全体の設備がもう一歩足りない

必要最小限の設備は備わっているのですが、LAVA会員の視点から見ると今ひとつ物足りなかったのは事実です。

  • シャワールームがない ※常温ヨガ専門スタジオに限る
  • スタジオに鏡がない
  • お手洗いの設備が古い

今回のスタジオは「常温ヨガ専門スタジオ」のため、本来ならあるはずの「シャワールーム」が併設されていませんでした。常温ヨガではあまり汗をかくこともないですが、それでも夏場には気になってしまいます。

またLAVAでは、スタジオ前面に張られた大きな鏡を見ながらポーズを微調整できますが、ゼンプレイスは四方を窓または壁で囲まれているため客観的に自分の姿を確認することができません

人間は、バランスを取るうえで「視覚」に依存する割合が大きい生きものです。初心者向けのプログラムの多いヨガスタジオで、鏡がないのは成長を妨げるのではないでしょうか。

「同伴」システムの謎

同伴システム

引用:zen place公式

ゼンプレイスでは、会員へ「プラスアルファ」の付加価値を多く提供しています。そのひとつが「同伴」です。

ゼンプレイスの正規会員1人につき1名、非会員の受講者を受け入れてくれるシステム。通常1回につき3,000円の受講料が発生しますが、正規会員の誕生月であれば「当月内は常に無料」。

また定期的に「同伴無料デー」が展開されるため、活用次第では夫婦でお得にヨガをたのしめます。

ざっくりと見た感じ週に1~2回開催と、結構な頻度だったよ

しかしこのシステム、正直いうと本末転倒な一面が気になります。夫婦それぞれが正規会員にならなくても、どちらか一方が入会すればもう一方は無料で受講できるようなものです。

同伴無料デーが月1程度の低頻度であればまだしも、週に2回ほどの高頻度、さらには週末にまで開催されているとあってはあえて別々に入会する必要性があるのでしょうか…?

会員思いのシステムでありがたいけど、本当にいいのかな?
MEMO
ヨガプラスからゼンプレイスへのブランド変更に合わせ、この同伴システムも見直しをされているようです。
詳細が判明次第、追記していきます。(2019年4月追記)

おわりに

いろいろと言及したものの、全体的には及第点を大きく上回るヨガスタジオだと感じます。

日常生活に支障をきたすほどの身体の硬さである夫が、いきなりハードなヨガをしたところで身体を痛めるのがオチです。易しい難易度からじっくり学び、「ヨガの習慣」を身に付けたい…という人にとっては、またとない環境だと断言します。

一方である程度の運動習慣のある人や、自分に挑戦したい人には「ホットヨガスタジオLAVA」がおすすめ。ゼンプレイスもよいスタジオですが、私はあえてLAVAを継続する選択をします。

最後に、私の独断と偏見で各スタジオに向いている人をまとめてみました。あなたのホットヨガスタジオ選びの一助となれば幸いです。

ラバに向いている人

  • ホットヨガの経験者
  • 運動の習慣がある
  • レッスンのクオリティを重視したい
  • 色んなレッスンを受けたい
  • ライフスタイルに応じて店舗を使い分けたい

ゼンプレイスに向いている人

  • じっくりと体質改善したい
  • 道具を使って身体にアプローチしたい
  • 個人レッスンと併用したい
  • パートナーと一緒にお得に受講したい
  • 荷物は少ないほうがいい

あなたにぴったりなスタジオは見つかりましたか?気になるスタジオがあれば、ぜひ以下から体験レッスンを申し込んでみてくださいね。

ホットヨガスタジオLAVAを予約する


変わりたい。ならばLAVA

今なら500円(税込)で手ぶら体験!

zen place(ゼンプレイス)を予約する

マインドフルに生きる、だからzen place

初回たっぷり90分コースも選べる!


クリックで応援

人気ブログランキング

違いが丸わかり!現役ヨギーニによるホットヨガスタジオ5社ガチ比較 LAVA会員がホットヨガスタジオ美温を体験!どう違うの?比較検証 現役LAVA会員がゆく!話題のヨガスタジオloIve(ロイブ)体験

おすすめヨガスタジオTOP3

  • ホットヨガスタジオLAVA

    ラバは全国に400店舗以上を構えるホットヨガ最大手のスタジオです。最短で最高の成果を求める人におすすめ。

    評価
    レッスン強度HARD
    こんな人におすすめ本気でダイエットしたい

    「ホットヨガスタジオLAVA」では、まるでサウナのように暑いスタジオ下で質の高いレッスンを受けられます。あなたの成長に合わせて、全7段階の強度でステップアップも可能。初心者から熟練者まで幅広く通えます。

  • ホットヨガスタジオCALDO

    カルドは他社に比べて月会費が安め。予約不要で荷物も少なく済むため、初心者でも始めやすいと大変人気です。

    評価
    レッスン強度NORMAL
    こんな人におすすめリーズナブルに始めたい

    「ホットヨガスタジオCALDO」は遠赤外線床暖房とスチームで、美容効果もダブルで期待できるスタジオです。40種以上の豊富なプログラムから、あなたにぴったりのレッスンがきっと見つかります。

  • ホットヨガスタジオloIve

    ロイブは「わたしを好きになる」をコンセプトにした新しいヨガスタジオです。お悩み別のプログラムが大人気。

    評価
    レッスン強度NORMAL
    こんな人におすすめ具体的な体の悩みがある

    「loIve」は他社の良いトコロをたっぷりと吸収した後発スタジオです。清潔でオシャレな環境と、室温38℃/湿度65%に維持されたスタジオで着実に結果を残せます。ボクササイズやサーフエクササイズで気分転換もおすすめ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です