インスタ始めました フォローしてみる?

LAVA会員にカルドはどう映る?体験して見えた両者の違いとメリット

こんにちは。うい(@uiuiuipot108081)です!

私がホットヨガスタジオLAVAへ通うようになり、3年の時が経過しました。

しかしその間、決してラバ一筋ひとすじを貫いたわけではありません。

思えば、いろんなスタジオを体験してきたなあ…
違いが丸わかり!現役ヨギーニによるホットヨガスタジオ5社ガチ比較

今の私にはラバがぴったりだと思っていますが、それ以上にいいスタジオが見つかれば当然、乗り換えも視野に入ります。

そんな私が次なるターゲットとして選んだのは…?

カルドのブランドロゴ

引用:ホットヨガスタジオCALDO

そう。 CALDOカルド)」 でした。

ラバとは「女性専用ホットヨガ」という点で似た者同士だけど、どんな違いがあるのかな?

考えたらウズウズしてきました。よーし、早速体験レッスンへ行ってみましょう!

こんな人におすすめ

  • ホットヨガを始めたい
  • 運動不足を解消したい
  • ストレスフリーに通いたい
  • 予算は低め
  • 「CALDO」が気になる

「CALDO」体験レッスン当日の流れ




カルドの体験レッスン予約方法はカンタン。

公式WEBサイトで希望するスタジオを選択し、レッスンスケジュールの中から受けたいプログラムをチョイスします。

あとは予約申し込みフォームから氏名やメールアドレスを入力して、送信するだけ!

CALDOなら当日予約もOK

980円(税込)で手ぶら体験!

自動受付メールのほか、体験レッスン前日にもリマインドメールがあります。

これならうっかり忘れる心配もないね!

体験レッスン当日の持ち物

カルドは「手ぶら体験」が特徴です。持ち物は最小限だから、思い立ってすぐにトライが可能。

  • 体験料980円(税込)
  • 替えの下着
  • アメニティ(シャンプー・ボディソープ等)
  • お水1リットル以上
ホットヨガ累計150回受講の私が選ぶ、レッスンに必要な持ちものリスト

手ぶらセット」の内訳はバスタオル2枚・フェイスタオル1枚に、レンタルウェア(上下)です。

必要あれば、お水をスタジオで購入もできるよ!
MEMO
体験当日に入会すると各種費用が割安になるキャンペーンがあります。前向きに検討するつもりがあれば、入会手続きに必要な「初期費用」「公的証明書」「金融機関のキャッシュカード」を持参しておくとスムーズ。

体験所要時間【110分】の内訳

今回、私がカルドの体験レッスン受講にかかった時間は【計110分】でした。

STEP.1
受付・カウンセリング(15分)
ラウンジでカウンセリングシートを記入後、スタッフと会話しながら施設の説明を受けます。
STEP.2
着替え(15分)
レンタルウェアに着替え、バスタオル・フェイスタオル各1枚とお水を用意します。
STEP.3
体験レッスン(60分)
整理券をインストラクターへ手渡してスタジオへ入場し、レッスンを通しで受講します。
STEP.4
シャワー・着替え(10分)
シャワールーム・パウダールームを利用して身支度を整えます。
STEP.5
アフターカウンセリング(10分)
フロントへレンタルウェアを返却し、カウンセリングシートへ感想を記入します。
このときスタッフから入会の意思確認が入ります。

ワクワクしてきた♡

STEP.1 受付・カウンセリング(15分)

カルド看板

カルドの体験レッスンでは、「レッスン開始の30分前」までに来店する必要があります。

いらっしゃいませ!

スタッフ

入店しだい、スタッフが駆け寄ってきてにこやかに挨拶がありました。

お履き物を靴箱へお入れいただき、椅子へおかけになってお待ちください

スタッフ

もうこの時点から驚きました。シ、 シューズロッカー がある…!

ラバを始めとする多くのヨガスタジオでは、靴はシューズバッグまたはトレーへ入れた状態で持ち歩くのが一般的。大きくて立派なシューズロッカー完備は魅力的に映ります。

カウンセリングシートの項目

体験同意書兼カウンセリングシートの項目は、以下のとおりでした。

  • 氏名・生年月日・住所等の個人情報
  • カルドを知った手段
  • カルドへ来たきっかけ
  • 詳しく説明が必要な内容
  • 現時点での入会意思
  • ホットヨガ経験の有無
  • 運動習慣
  • 希望する時間帯・曜日
  • 利用開始日の目安
  • 誓約事項

選択式の設問が多いから、3分もあれば書き終わるよ!

STEP.2 着替え(15分)

カルドの概要やお得なキャンペーンなどの説明を早足で受けた後、スタッフに連れられ施設の案内を受けます。ここでも驚きの連続でした。

スタジオ全体図

引用:ホットヨガスタジオCALDO

(き、 キレイすぎる …!)

ゆったりとしたつくりで、ストレスなく居心地のいいロッカールームには思わず唖然あぜん

なおラバでは店舗側でロッカーナンバーを指定されますが、カルドは好きなロッカーを選んで利用できるのも嬉しいポイントです。

レンタルタオル・ウェアセット

写真は体験料に含まれた「手ぶらセット」です。半袖×ハーフパンツのウェアはジャージ素材で、サラッとして着心地もグッド。

バスタオル1枚だけロッカーへ残し、お水と整理券を持ってスタジオへ向かいます。

STEP.3 体験レッスン(60分)

カルドの特徴は「整理券制」にあります。

体験レッスンに限っては予約が必須ですが、普段は予約不要で受講が可能。フロントで整理券を受け取り、インストラクターへ渡してスタジオへ入場する流れです。

この日は「体験」と書かれた整理券で入場したよ!
スタジオ

引用:ホットヨガスタジオCALDO

さてこの日私が選んだレッスンプログラムは、強度★★(初中級)の「ハタヨガ」です。

ハタヨガは深い呼吸を意識してゆっくり進行するベーシックなヨガ。スタジオ環境にも後押しされ、レッスン後半にはポタポタと汗が垂れてきました。

MEMO
詳しいスタジオ環境やインストラクターの評価については、後述します。

STEP.4 シャワー・着替え(10分)

レッスンを終えたら速やかにスタジオを退場し、タオル2枚を使用済みタオルコーナーへ。

その足で向かった「シャワールーム」は、私がこれまで見てきたどんなスタジオより キレイ で、 広々 としていました。この店舗では全19室完備とのことです。

シャワールーム

引用:ホットヨガスタジオCALDO

シャワー待ちの行列とは無縁だろうな…

ゆったりとシャワーを浴びた後は、「パウダールーム」で身支度を整えます。

パウダールーム
パウダールーム2

このスタジオではパウダールームを2箇所あり、全部で20個のドライヤーが配置されていました。

STEP.5 アフターカウンセリング(10分)

身支度が整ったら、フロントへレンタルウェアを返却。

フロント

引用:ホットヨガスタジオCALDO

そのままラウンジへ案内され、カウンセリングシートの裏面「感想」の設問へ回答します。

設備やレッスンについてなど、10項目弱の設問に対し「満足」または「不満」を選択。項目ごとに細かい感想を記述することも可能です。

お疲れ様でした。いかがでしたか?

スタッフ

ラバとはまた違った良さがあって、すごく楽しかったです

会話がひと段落した頃、改めて入会意思の確認がありました。「検討したい」旨を伝えると、

それなら念のため「入会予約」をしておくのはいかがですか?

スタッフ

CALDOの「入会予約」とは
入会予約をすれば、体験日以降いつ入会手続きをしても「体験当日入会と同等の特典」が適用されるお得な制度。入会手続きの期限はありません。

初めて聞く制度です。何か落とし穴があるのではないかと、詳しく尋ねましたが…?

  • 入会の目安時期だけ口頭で伝えればOK
  • 申込書等は一切なし
  • 店舗から催促等の連絡はなし
  • 入会せず放置してもペナルティなし

うーん。体験当日に入会へ至らずとも、入会予約に漕ぎ着ければノルマ達成なのでしょうか。

そういうことなら、とりあえず「入会予約」だけさせてください!

そこで次項では、体験レッスンを踏まえた比較検証を進めつつ、詳しく検討してみたいと思います。



ラバ会員から見た「CALDO」の特徴・評価

ホットヨガスタジオの良し悪しを判断する基準として、以下の5項目を挙げてみました。

  1. スタジオの設備・環境
  2. インストラクター・レッスンの質
  3. プログラムの内容・数
  4. 付加価値・会員サービス
  5. 利用料金(コストパフォーマンス)

以下では各項目ごとに検証していきます。ラバとの違いもあわせて見ていきましょう。

①スタジオの設備・環境

カルドのスタジオは「広さ」「おしゃれさ」「清潔さ」が三拍子揃っていました。正直いって、この点においてラバは太刀打ちできないと思います。

環境を最重視する人にとっては、カルドに軍配が上がるでしょう。

カルドのポイント

  • 遠赤外線床暖房+スチーム
  • クッションフロアでマットいらず
  • スタジオ全体が広くて清潔

ラバはヒーターでスタジオを温めますが、カルドは「遠赤外線床暖房」を用いるのが特徴です。くわえてクッションフロアのためマットが不要で、荷物が少なく済むのも◎。

ラバよりスタジオの室温は少し高いかな。座っているだけで汗をかいたよ!

①ラバとの違い

  • インストラクターとの距離が遠い
  • アメニティが充実

ラバは少人数制を貫くのに対し、カルドは大人数制を敷いているのが特徴です。その分設備全体にゆとりがあり、ロッカールームは広々としています。

シャワールームの数も十分にあるため、レッスン後の長蛇の列には 無縁

ラバでは普通と思っていたけど、カルドを見た後だと落差がスゴい…

しかし大人数制のデメリットといえる、インストラクターの目は行き届きません

②インストラクター・レッスンの質

インストラクターのクオリティは、正直ラバが 格上 と見ていいでしょう。

カルドのポイント

  • 業務委託が中心でインストラクターごとに特色がある
  • レッスンの内容が毎回変化する

体験レッスン前にスタッフから、こう説明がありました。

レッスンの進行をインストラクターに任せています。同じプログラムでもインストラクターによって内容が異なります

スタッフ

この言葉を聞いたとき、ピンと来ました。ああ、このスタジオはフリーランスのインストラクターを雇っているのだと。

後ほど公式WEBサイトで確認すると、案の定です。

参考 インストラクター募集INSPAグループ

指導経験のあるフリーのインストラクター」に限った募集のようです。個性が出るのも納得ですね!

②ラバとの違い

  • インストラクターごとにスキルの差がある
  • レッスンの内容がバラバラ

ラバはインストラクターの雇用形態を正社員に統一しているのが特徴。

「好きを仕事に」は結構厳しい?LAVAインストラクターの待遇の実態

本部直下による徹底した教育体制により、インストラクターの質は保証されます。いい意味で個性が出にくく、同じプログラムならインストラクターごとの進行に差はありません

その一方で、カルドはいろんな場で教育されたいわば 寄せ集め のインストラクター。

レッスンの内容も違えば、インストラクターごとにスキルの差が色濃く出ます。これを良しとするかどうかで、カルドへの評価は二分してくるものと思われます。

毎回違うレッスンを受けるのが楽しいと感じるなら、カルドが向いていそうだね!

③プログラムの内容・数

ラバとカルドで総レッスン数に大差はありませんが、内容には大きな違いがありました。

カルドのポイント

  • 強度3段階で易しいレッスンの比重が大きい
  • 店舗ごとに特色のあるプログラムを展開
  • 休館日が月に3回と少ない

まずは、カルドの月次レッスン数を見ていきます。

実働27日×(7回(平日)・6回(休日))

=【計181回/月】

休館日は少ないけど、1日あたりのレッスン数の少なさが目立つね

プログラムのラインナップは、スタッフ曰く「初心者向けのレッスンが多い」とのこと。強度3段階のうち2段階(★~★★)が初心者向けです。

運動が苦手な初心者の ヨガの登竜門とうりゅうもん 的立ち位置にあるかな、と思います。

③ラバとの違い

  • 強度の幅が狭い
  • 総レッスン数が少なめ
  • 定休日がバラバラ

次に、ラバの月次レッスン数を算出してみましょう。

実働26日×(8回/日)=【計208回/月】

休館日は週に1回、土日祝でレッスン数に変わりはないため、月にして 200回以上 のレッスンが開催されています。

またラバのプログラムは、強度により7段階(1.5~5)のラインナップ。

ラバの強度

引用:ホットヨガスタジオLAVA

経験を積むにつれステップアップしていく楽しみがあるのは、ラバならでは。

レッスン開催頻度、プログラム数どちらを取ってもラバが優勢!

④付加価値・会員サービス

ホットヨガスタジオに通うなら、「プラスアルファ」の価値を期待してしまうのが人の常。

たとえばちょっとした会員サービスや、優待制度というものです。この点においてはそれぞれ違った魅力があります。

カルドのポイント

  • もしもの時の安心サービスへ加入できる
  • 店舗により岩盤浴やジムの併設有

カルドでは、オプションとして任意に「安心バリュープラス」プランが付帯できます。

安心バリュープラス

引用:INSPAグループ

参考 安心バリュープラスINSPAグループ

これはINSPAグループの福利厚生制度で、月会費に+500円(税別)で各種会員優待サービスや、施設内でのケガ等では見舞金制度が利用できるというもの。

このほか、スポーツジムや岩盤浴併設スタジオでは無料~優待価格で利用できるのも魅力です。

「今日はヨガの気分じゃない」なんてとき、別の選択肢があるのは魅力的!

④ラバとの違い

  • 既存会員向けのキャンペーンが少ない

ラバでは少なくない頻度で「オリジナル商品券」のプレゼントがあります。

LAVA商品券イメージ画像

引用:ホットヨガスタジオLAVA

日々のレッスンや美容に役立つアイテムをお得に購入できるので、利便性はバツグン。

LAVAの商品券は、オンラインストアのポイント交換で使い道が広がる!

また新規会員獲得に向けたキャンペーンに偏りがちな業界で、既存会員への還元を目的としたキャンペーンを積極的に打ち出しています。

年末恒例となった「感謝祭」の充実度はほかに類を見ないほど。カルドにはないメリットです。

【LAVA14周年感謝祭特集】キャンペーン6種すべてを徹底的に攻略する

ラバは長く在籍するほど、得する機会も増えるんだね!

⑤利用料金(コストパフォーマンス)

ホットヨガスタジオを選ぶ基準として重要な「利用料金」。

ラバ、カルドいずれも「月額制」ではありますが、料金面ではハッキリと差が出ました。

カルドのポイント

  • 月会費が軒並み安い
  • 初期費用が抑えられる

まずはカルドからです。もっとも高い価格帯の料金表が、こちら。

会員種別 月額料金(税込)
マンスリー4 7,560円
デイタイム 7,776円
フルタイム 10,260円

たとえばマンスリー4では、【7,560円】(税込)とありますね。

ラバより 2,740円も安い んだね!

カルドはラバに比べ、全体的に1,000~2,000円ほど安め。ただしマンスリーオプションが少々割高な傾向があるようです。

オプション料金

  • 水素水」月額2,160円(税込)
  • タオルセット」月額2,160円(税込)

とはいえヨガマットが要らないため、初期投資が少なく済むのは大きなメリットかなと。

ホットヨガ累計150回受講の私が選ぶ、レッスンに必要な持ちものリスト

⑤ラバとの違い

  • 複数店舗へ通えない
  • オプションが高い

ラバの月会費の具体例で見ていきましょう。これは、もっとも高い価格帯の料金表です。

プラン種別 利用時間帯 月額料金(税込)
M・4 フルタイム 10,300円
M・ライト フルタイム 15,300円
デイタイム 13,300円
M・フリー フルタイム 16,300円

引用:ホットヨガスタジオLAVA

LAVAのマンスリー料金プラン内訳と、コース変更手続きの3ステップ

先に挙げたマンスリー・4を見ると、ラバでは【10,300円】(税込)でした。

カルドより 2,740円高い …!

なおライトとフリーに関しては、利用店舗において以下の特典がつきます。

  • ライト:2店舗利用可能
  • フリー:全店舗利用可能

このあたりの自由性はカルドにないメリットですね。

オプション料金はラバのほうが安いみたいだね

オプション料金

  • 水素水」月額1,100円(税込)
  • バスタオル」月額500円(税込)



違いが一目でわかる!ラバとカルドの比較表

これまで個々に検証してきましたが、ここでラバとカルドの違いを一目でわかるよう比較表にまとめてみました。

あなたにぴったりなホットヨガスタジオはどちらかな?
LAVA CALDO
店舗数 410店舗~ 60店舗~
レッスン数 8回/日 6~7回/日
定休日 4回/月 3回/月
月会費 割高 割安
形態 少人数制 大人数制
インストラクター 正社員 業務委託
難易度 HARD EASY
予約 不要
ヨガマット 不要
設備
レッスンの質
接客

おわりに

カルドのブランドロゴ

引用:ホットヨガスタジオCALDO

自ら体験してわかったことですが、ホットヨガスタジオCALDOのクオリティは 本物 でした。

私は最終的にラバを継続する決断をしましたが、中にはカルドのほうが向いている人もいるに違いありません。

ですからここでは、独断で「各スタジオを選ぶべき人」をまとめて締めくくりたいと思います。

ラバに向いている人

  • ホットヨガの経験者
  • 運動の習慣がある
  • レッスンのクオリティを重視したい
  • 色んなレッスンを受けたい
  • ライフスタイルに応じて店舗を使い分けたい

カルドに向いている人

  • 運動が苦手な人・運動不足な人
  • 周辺環境を重視したい
  • 難易度の高いレッスンは不安だ
  • 初期費用を抑えたい
  • 荷物は少ないほうがいい

あなたはどちらが向いていましたか?

決まったら、ぜひ以下から体験レッスンを受講してみてね!

ホットヨガスタジオLAVAを予約する


変わりたい。ならばLAVA

今なら150円(税込)で手ぶら体験!

ホットヨガスタジオCALDOを予約する



CALDOなら当日予約もOK

980円(税込)で手ぶら体験!


クリックで応援

人気ブログランキング

違いが丸わかり!現役ヨギーニによるホットヨガスタジオ5社ガチ比較 zen place(旧ヨガプラス)体験記。ホットヨガスタジオLAVAとの違いは? 現役LAVA会員がゆく!話題のヨガスタジオloIve(ロイブ)体験

おすすめヨガスタジオTOP3

  • ホットヨガスタジオLAVA

    ラバは全国に400店舗以上を構えるホットヨガ最大手のスタジオです。最短で最高の成果を求める人におすすめ。

    評価
    レッスン強度HARD
    こんな人におすすめ本気でダイエットしたい

    「ホットヨガスタジオLAVA」では、まるでサウナのように暑いスタジオ下で質の高いレッスンを受けられます。あなたの成長に合わせて、全7段階の強度でステップアップも可能。初心者から熟練者まで幅広く通えます。

  • ホットヨガスタジオCALDO

    カルドは他社に比べて月会費が安め。予約不要で荷物も少なく済むため、初心者でも始めやすいと大変人気です。

    評価
    レッスン強度NORMAL
    こんな人におすすめリーズナブルに始めたい

    「ホットヨガスタジオCALDO」は遠赤外線床暖房とスチームで、美容効果もダブルで期待できるスタジオです。40種以上の豊富なプログラムから、あなたにぴったりのレッスンがきっと見つかります。

  • ホットヨガスタジオloIve

    ロイブは「わたしを好きになる」をコンセプトにした新しいヨガスタジオです。お悩み別のプログラムが大人気。

    評価
    レッスン強度NORMAL
    こんな人におすすめ具体的な体の悩みがある

    「loIve」は他社の良いトコロをたっぷりと吸収した後発スタジオです。清潔でオシャレな環境と、室温38℃/湿度65%に維持されたスタジオで着実に結果を残せます。ボクササイズやサーフエクササイズで気分転換もおすすめ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です