気になるカテゴリから記事を探す

【はなおかIVFクリニック品川】大崎の不妊外来の初診の流れと治療の方針

こんにちは。うい(@uiuiuipot108081)です!

なかなか授からなくて悩んでいたとき、私がまずお世話になったのは街の婦人科でした。

婦人科でタイミング療法のみ半年間試行しましたが、なかなか手応えを感じません。生理周期が極端に長いこともあり、医師もタイミングの特定に難儀しているようでした。

指定されたタイミングから一週間経過しても、高温期に移行しなかったり…

そこで、このたび自己判断で「不妊治療専門院」へ転院を決めました。

それから今にいたるまで、現在進行形でお世話になっているのがJR大崎駅至近の「はなおかIVFクリニック品川」です。

そこでここでは本クリニックにおける初診の流れや治療方針、アクセスなどについてご紹介します。

公式サイトはこちら

はなおかIVFクリニック品川

こんな人におすすめ

  • はなおかIVFクリニック品川へ転院を検討している
  • はなおかIVFクリニック品川の治療方針を知りたい
  • はなおかIVFクリニック品川の初診の流れを知りたい
  • 不妊治療の検査の概要を知りたい
  • はなおかIVFクリニック品川の評判を知りたい

「はなおかIVFクリニック品川」初診の予約方法

はなおかIVFクリニック品川は、完全予約制のクリニックです。大変混雑しますので、予約なしで直接足を運んでも対応はしてもらえません。

はなおかIVFクリニック品川の初診の予約方法は2通りあります。

  • 電話予約 (  03-5759-5112 )
  • ネット予約

私はネット予約を利用しました。手順が少々複雑でしたので、ここでは初診予約の手続きを解説していきます。

ネット予約の手順

手順は大きく5つのステップに分かれます。公式サイトを開きながら一緒に予約を進めましょう。

一緒にチャレンジ

はなおかIVFクリニック品川

  1. 「初診予約はこちら」をクリックする
  2. 予約システムへアクセスする
  3. ご利用登録より空メールを送信する
  4. 仮登録手続きをする
  5. 仮登録IDでログインする

順を追って解説を進めていきますね。

MEMO
パソコン、スマートフォンいずれも手順に違いはありません。ご都合のいい端末からアクセスしましょう。

①「初診予約はこちら」をクリックする

初診予約はこちら
公式サイト画面上部、もしくはこちらのボタンをクリックします。

②予約システムへアクセスする

予約システム案内文

引用:はなおかIVFクリニック品川

予約システム案内文にて、「初診の方」とあるところより予約システムへと遷移してください。

こちらからもアクセスが可能です。

③ご利用登録より空メールを送信する

ご利用登録

引用:はなおかIVFクリニック品川

画面上部の「ご利用登録」から、予約システムの登録手続きを進めていきます。

ご利用登録ボタンをクリック後に表示される利用規約をよく読み、「空メール送信」をクリック。こうすることで、予約システムから該当メールアドレスへ仮登録案内メールが届きます。

④仮登録手続きをする

仮登録案内メールに記載のURLへアクセスし、仮登録手続きに入ります。

氏名や住所などの基本情報を入力して登録すると、先ほどと同じメールアドレスから「仮登録完了メール」が届きます。

仮登録完了メール

ここに記載の「仮登録ID」を使って手続きを進めますので、メモを取るかメールを保存するなどして失くさないようにしてください。

注意
仮登録IDの有効期間は発行から30日間です。その間に来院のうえ、窓口にて正式な登録手続きを済ませる必要があります。

⑤仮登録IDでログインする

仮登録IDと、登録時に入力したパスワードで予約システムへログインします。「予約登録」タブから、以下の手順で選択・入力を進めてください。

  • 診療科「婦人科
  • 来院目的「初診
  • 予約の登録「希望の日付時間帯
  • お知らせメール「不要・30分前・60分前」
  • 直近の月経開始日
  • パートナーの氏名(漢字・カタカナ)
  • パートナーの生年月日
予約の登録画面

○または△の枠から選択します

午前または午後の枠をクリックすると、30分刻みで細かく予約が可能です。

希望時間登録画面

埋まっている枠は×と表示されます

すべて埋めてから「予約の登録」ボタンをクリックすると、「予約受付完了メール」が届きます。

「はなおかIVFクリニック品川」初診の準備物

はなおかIVFクリニック品川の初診では、決まった準備物の指定があります。

  • 健康保険証
  • 基礎体温表紙のもの
  • 問診票
  • 紹介状、他院の検査結果
  • 戸籍謄本(体外受精、人工授精を希望する人のみ)

このうち、特に注意したい持ち物について解説しますね。

基礎体温表(紙のもの)

基礎体温表

引用:花王

基礎体温管理アプリ(ルナルナなど)を利用している人も多いことでしょう。私もその一人です。

しかしこのクリニックでは、基礎体温はできるだけ紙へ記録することを推奨されます。

初診時にブック型の基礎体温表を貰えますが、まずはネット上でDLして印刷し、アプリで記録したデータを書き写しておくとベター。

フリー素材の基礎体温表は多くありますが、花王ロリエはシンプルで管理しやすいのが◎。

デザインもかわいくて、記録するのが楽しくなるよ♡

今すぐチェック

花王ロリエ 基礎体温表

問診票

用紙

問診票はクリニックに行ってから記入もできますが、できれば事前に記入したものを持参しましょう。

なぜなら記入内容が多岐にわたるため、その場ですぐに書けない恐れがあるからです。またクリニックの待合室は大変混雑しますので、座って記入できない可能性もあります。

問診票データは以下のページからDLできます。

今すぐチェック

初診のご予約について

他院の検査結果

これまで他のクリニックで妊活指導を受けた履歴があれば、その検査結果を資料として用意しましょう。参考になるか否かを自分で取捨選択する必要はありません。

関係のありそうなものはすべて持参し、クリニック側で判断してもらうようにしましょう。

なお、私は初診時に以下の資料を持参しました。

  • 1年半前のブライダルチェック結果(夫分含む)
  • 風しん予防接種の診察票
  • 直近の子宮がん検診結果

特にブライダルチェックの検査結果は、参考になったみたい!

「はなおかIVFクリニック品川」治療の方針

不妊治療には、大きく分けて3つの段階があります。

不妊治療の3つのステップ

はなおかIVFクリニック品川でもこれに則り、状況に合わせてステップアップするしくみです。

ステップ1「タイミング療法」

はなおかIVFクリニック品川では、「タイミング療法」においても一般的な産婦人科と大きく異なります。

不妊治療専門院ならではの高度な検査・治療法で、精度を格段に高めることが可能です。

正直いって、産婦人科クラスのタイミング療法とは 別次元 だと感じたよ…

具体的には、エコー検査に以下の検査もプラスしながら治療を進めていくことになります。

  • 血液検査
  • 子宮卵管造影検査
  • フーナーテスト
  • 子宮内エンドトキシン検査
  • 男性側の不妊因子検査

血液検査

人の血液は、非常にたくさんの情報を含んでいます。不妊治療においても、血液からヒントを貰いつつ、治療を進めていくこととなります。

不妊治療の血液検査について知りたいなら
不妊治療の血液検査で調べる項目と、結果でわかること・治療総まとめ

初期の血液検査

まず不妊の原因を特定すべく、不妊治療の初期段階として本格的な血液検査をおこないます。この結果をもとに今後の治療方針を決定する、非常に重要度の高い検査です。

初期の血液検査

  • AMH(抗ミュラー管ホルモン):卵巣予備能検査
  • 血算:貧血検査
  • フェリチン:隠れ貧血検査
  • HbA1c:隠れ糖尿病検査
  • クラミジア抗体
  • 風疹抗体
MEMO
なお初期の血液検査においては保険適用がされず、自費となります。
タイミング療法のホルモン検査

また上記とは別に、タイミング療法の診察でおこなうエコー検査にあわせて必ず採血をします。これは血中のホルモン量から排卵時期を特定するのに役立ちます。

婦人科ではエコー検査のみのことが多いから、精度に期待できるね!

なおこの血液検査に限っては、院内で40分ほど待機していれば判定が出るため、検査結果をもとに先生と今後の相談が可能です。

ホルモン採血では、以下の項目が判明します。

ホルモン採血

  • 甲状腺ホルモン(TSH・fT-3・fT-4)
  • 乳汁分泌ホルモン(プロラクチン)
  • 男性ホルモン(テストステロン)
  • 下垂体ホルモン(LH・FSH)
  • 卵巣ホルモン(E2)
MEMO
ホルモン採血は月2回以内であれば保険適用になりますが、それ以上では自費です。

ちなみに私はこの検査で、血中ホルモン量の異常低値が判明しました。こういった「ニセ卵」のような現象は、エコー検査だけでは判断が難しいというのが現状です。

「ニセ卵」って何?という方はこちら
ニセ卵にニセ高温期…不妊用語の「ニセ」って何?なぜ起こるの?

この点だけみても、私は産婦人科に通い続けていても期待薄だったことがわかります。

子宮卵管造影検査

タイミング療法の一環として、だいたいの人が「子宮卵管造影検査」を受けることになります。

子宮卵管造影検査(英名:EXEM)では、卵管の通過性を診断します。いくら良質な卵胞であっても、正しく卵管を通過できなければ妊娠は難しいでしょう。

そのためバルーンカテーテルを通して造影剤を流し込みながら、超音波により通過性を見ます。

造影剤が潤滑剤の役割も果たし、通過性をよくするため検査でありながら治療の側面も備えています

造影剤の効果は3~6カ月持続し、その間は妊活の「ゴールデンタイム」というんだって!

「子宮卵管造影検査」を詳しく知りたいなら
痛い?怖い?不妊治療で避けては通れない「子宮卵管造影検査」の真実

注意
子宮卵管造影検査は、先の採血でクラミジア抗体が陰性であることを確認できない限り検査ができません。

フーナーテスト

女性の体内に抗体がある場合、体内に入るものを異物ととらえてしまい、自然な受精が難しくなります。その抗体の有無を診断する検査が「フーナーテスト」です。

他の検査にない特徴として、フーナーテストは排卵日当日におこなう必要があります。

医師に指定された日にタイミングをとり、それから決まった時間内で来院して検査をします。これが陽性の場合は、体外受精を視野に入れる必要が出てきます。

「フーナーテスト」を詳しく知りたいなら
その不妊、相性が原因かも…?治療初期に受けたい「フーナーテスト」とは

MEMO
治療過程に応じて検査時期を検討しますが、希望があれば初期段階から実施もできます。

子宮内エンドトキシン検査

これは近年、不妊治療の分野で注目され始めた検査のひとつです。当院でも2018年から導入されました。

エンドトキシンとは「グラム陰性桿菌」という細胞膜の成分を指します。それが毒素として子宮内に残ってしまうと、受精卵が死滅する可能性が高くなり、着床の妨げとなります。

人工授精、体外受精においても重要な検査となるため、受検を推奨されることがあります。

「エンドトキシン検査」を詳しく知りたいなら
子宮内の毒素が妊娠を妨げる?「エンドトキシン検査」でわかること

男性側の不妊因子検査

採取した精液の容器を入れた袋

不妊症カップルの半数は男性側にも原因がある、といわれています。

女性側だけでなく、早期に男性の検査も実施することが望ましいです。不妊治療助成金の申請をするなら男女ともに特定の検査が済んでいることが前提となるため、必須となります。

「一般不妊治療助成金」の申請手順はこちら
一般不妊治療でもOK!東京都不妊検査等医療費助成金の具体的な申請手順

先生から容器と証明書の入った袋を手渡されるため、採取してから当日中に提出します。

MEMO
採取時の条件や保管方法などに細かく規定があります。詳しくは、クリニックから配布のある手順書を確認しましょう。

ステップ2「人工授精(AIH)」

ステップ2「人工授精(AIH)

人工授精(AIH)は、自然妊娠の確率を高める不妊治療です。

タイミング療法における妊娠率が3~5%とすれば、人工授精はせいぜい5~10%(一説による)。決して高い数字とはいえないですが、それでも挑戦する価値はあります。

はなおかIVFクリニック品川では、血液検査や投薬を用い、できる限り妊娠へと近づける工夫がされています。

初めての「人工授精」体験記はこちら
初めての人工授精(AIH)体験記。私のリアルな費用と流れを全公開

ステップ3「体外受精(IVF)」「顕微授精(ICSI)」

ステップ3「体外受精・顕微授精」

最終ステップは、厳密には「体外受精(IVF)」または「顕微けんび授精(ICSI)」を指します。これらの違いは受精方法にあります。

体外受精(IVF) 卵子に精子をふりかける
顕微授精(ICSI) 顕微鏡下で精子を卵子へ直接注入する

受精率はIVFで70~80%、ICSIで80~90%を誇り、着床寸前の胚盤胞まで培養できれば妊娠率は50%を超える(一説による)といわれる、現代医療の最先端です。

採卵周期」と「移植周期」に分けて進めるよ!

初めての「採卵」体験記
【採卵周期・前編】初めての体外受精に臨む私が、私へ贈るエッセイ

初めての「移植」体験記
【移植周期】顕微授精(ICSI)後の胚移植。結果で学んだ大事なこと

「はなおかIVFクリニック品川」場所・診療時間・アクセス

はなおかIVFクリニック品川」の詳細はこちらです。

病院名 はなおかIVFクリニック品川
住所 東京都品川区大崎1-11-2
ゲートシティ大崎イーストタワー1F
アクセス 大崎駅から徒歩90秒
営業時間 9:00~12:00/15:00~19:00
(土)9:00~17:00
公式HP https://www.ivf-shinagawa.com/

おわりに

「考えすぎはストレスに繋がるし、妊活によくない」という意見はごもっともです。

ただ細かく検査して問題がハッキリすれば、早期に対処ができます。この観点から、「不妊外来」は妊娠を望むなら早めに行くのがベストだと強く感じました。

いろんな不妊のケースに対処してきた医師たちと、最先端医療が整った環境です。私たちの抱えるどんな症状に対しても、必ず「理由」を明示してくれます。

そして患者と二人三脚で歩んでいってくれるのが、ここ「はなおかIVFクリニック品川」です。

不妊を認めるのはつらいことですが、ここで勇気を出して、一歩を踏み出してみませんか?

一緒に頑張ろうね!

不妊治療を始める前に知っておきたいこと
不妊治療は、知識を身につけるところから一緒に始めてみませんか?

クリックで応援

人気ブログランキング

不妊治療に適した漢方「柴苓湯(サイレイトウ)」の効果・効能とは 不妊症に効く栄養素「ビタミンD」は葉酸サプリだけでは足りない?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です