ヨガメディア「UIPOT for YOGINI」New Open!

その不妊、相性が原因かも…?治療初期に受けたい「フーナーテスト」とは

こんにちは。うい(@uiuiuipot108081)です!

不妊には、さまざまな因子が存在しますね。不妊治療においては、採血を含めさまざまな検査を通して不妊因子を特定し、最適な治療ステップを見極めていく必要性があります。

その不妊因子を特定する検査のうちのひとつに、「フーナーテスト」があります。「子宮卵管造影検査」と同様、不妊治療の初期で実施されることの多い検査です。

こちらもチェック!
痛い?怖い?不妊治療で避けては通れない「子宮卵管造影検査」の真実

私は幸いにも子宮卵管造影検査で異常は認められず、次の段階として提示されたのがこの「フーナーテスト」でした。聞くと、この検査で「陽性」判定が出るとタイミング療法や人工授精による妊娠率が低くなり、「体外受精」へ一気にステップアップをする必要が出てくるのだとか。

ムダな治療は費用・時間の浪費になり得ます。最短で妊娠を叶えるためには避けて通れない検査と判断し、先生に言われるがまま、先日実際にフーナーテストを受けてきました。

不妊は相性の問題?「フーナーテスト」でわかること

フーナーテストで判定できる要素は、ずばり「子宮と精子の相性」です。

頸管粘液が十分に分泌されているか

不妊因子のひとつに、「頸管因子」というものがあります。

頸管とは、子宮の入り口にある膣と子宮口を繋ぐ部分のことです。通常では細菌の侵入を防ぐため酸性に保たれていますが、排卵期においてはアルカリ性へ変化し、頸管粘液(おりもの)を分泌して精子の流動性をよくするはたらきをします。

しかしながら、何らかの原因によりこの頸管粘液の分泌が不十分になることがあります。すると良好な精子といえど膣内へ侵入しにくくなってしまい、妊娠の可能性が下がります。この状態を「頸管粘液不全」といい、不妊症のひとつとされます。

子宮頸管に炎症がある人や、クロミッド(排卵誘発剤)を長期服用した場合に起こりやすい症状です。

不妊治療では、排卵を促進するためクロミッドを処方されることが多いよ。長期にわたる不妊治療が原因で、この頸管粘液不全が発症するリスクもあるみたい…

抗精子抗体がないか

先の頸管因子のもうひとつとされているのが、この「抗精子抗体(精子免疫異常)」です。

これは女性の体の中で精子を異物と判断し、体外へ排除しようとする作用がはたらき、良好な精子が子宮内へ侵入できなくなる不妊症をいいます。採血で他の数値に異常がなく、精子の状態が問題ないにも関わらずなかなか妊娠しないケースでは、この「抗精子抗体」が疑われます。

抗精子抗体が陽性と認められた場合、直接体液の交わらない「体外受精」へのステップアップが検討されます。

人工授精はあくまで自然妊娠のお手伝い。受精・着床は膣内でおこなわれる必要がある以上、抗精子抗体があると難しくなるから、一足飛びで体外受精が検討されるのね

元気な精子が一定数存在するか

頸管因子である頸管粘液不全、および抗精子抗体の程度を判断する基準として、「膣内に元気な精子が一定数存在するか」見ます。たとえ膣内へ侵入できたとしても、抗精子抗体のある膣内は精子にとって居心地のいい空間とはいえず、早い段階で死滅していく傾向が強いからです。

そのためフーナーテストでは、元気な精子の確認できた数により判定が下されることになります。

つまり、このフーナーテストは「タイミング」がカギとなります。タイミングを取ってから限られた時間内、精子がまだ元気なうちにクリニックを受診する必要があるのです。

検査時間が何よりも重要なフーナーテスト。実際に受けてわかった流れについて、以下で解説していくよ!

実際に体験してわかった!「フーナーテスト」の流れ

それでは次に、私が実際に受けた流れに沿い「フーナーテスト」の検査方法を見ていきます。

タイミング後12時間以内が検査のリミット!

フーナーテストでは、検査を受ける時間が肝心です。

通常、精子の寿命は36~48時間といわれています。ただ、もし抗精子抗体があった場合には、それより早い段階で寿命が尽きていきます。そのため検査の正確性を高める以上、一般的に夫婦のタイミングを取ってから12時間以内が検査のタイムリミットです。

つまり検査前日の夜から当日の朝がベストタイミング。フーナーテストの予約をした日時から逆算し、12時間以内にタイミングを取れるよう、夫婦のスケジュールを調整する必要があります。

前夜にタイミングを取り、当日の午前中に検査を受ける流れがもっとも一般的だよ!
MEMO
なお前提として、頸管粘液が分泌される「排卵期」である必要があります。もっとも適した検査時期は医師が提示してくれるため、その指示に従って受診すると安心です。

検査は無痛!当日に結果が知れる!

検査の方法はいたって単純。タイミング後の子宮の入口にある頸管粘液を注射器で採取し、顕微鏡を使って運動している精子を確認する流れです。

実際に検査を受ける側の印象としては、不妊治療でもっともスタンダードなエコー検査と何ら変わりありません。子宮卵管造影検査とは違い、子宮の入口で採取するだけなので痛みもなし。あっという間に終わります。

また精子の運動率をはかる以上、採取後すぐに顕微鏡で確認がなされるのもポイント。判定が出るまでの時間は、クリニックにもよりますがおおむね15~30分以内といったところでしょう。

私の通うクリニックでは、15分で判定結果が出たよ!

結果は「○△×」の3段階で判定!

マル~~~!!!

院長

………はい?(笑)

フーナーテストの結果は元気な精子の数に応じて、以下の3段階で判定が下されます。

  • 良好(○):10個以上 … 妊娠の確率が高い
  • (△):5~9個 … 頸管因子はなく、妊娠が期待できる
  • 不良(×):4個以下 … 頸管因子の疑いがあり、妊娠の可能性が低い

不良の場合は頸管因子の疑いがあり、抗精子抗体が陽性である可能性が高まります。フーナーテストで不良の結果が出た場合には、抗精子抗体について採血を用いた精密検査へ移行します。

なお、私は二重マルに近い「良好」判定が出たということでした。診察室へ入室したとたん、院長が満面の笑みをたたえながら腕でマルを作り、「マルー!」と言ったのを見たときは何だコイツほっと胸を撫でおろしました。

これにより、またひとつ不妊因子の可能性の除去にいたることができました。ひとつずつ不妊の可能性を潰していきながら、妊娠の確率を高めていくという妊娠初期に最適なコースを辿っていることになります。

今度は排卵後、黄体ホルモン分泌が十分かどうか採血で判定する流れだよ!

「フーナーテスト」を通して、覚えておきたいこと

妊娠を目指すうえで致命的となり得る「頸管因子」の判定ができる、画期的なフーナーテストですが、この結果が「不良」だったからといって落ち込む必要はまったくありません。

抗精子抗体の検査は、必ずしも信用性があるとはいえない

実はこのフーナーテストは、決して「信用性の高い検査ではない」といわれています。

フーナーテストは未だに検査方法や判定基準が明確化されておらず、ヨーロッパやアメリカの生殖学会では不妊症のスクリーニング検査として推奨されていません。

精子の状況は、時と場合・体調等に応じて非常に変動性が高く、検査のたび違う結果が出てもおかしくないという説もあります。事実、フーナーテストで「不良」判定が出た人でも、そのまま妊娠にいたったケースが多く報告されています。

あくまで妊娠の精度を高めるひとつの判断材料であって、この結果如何で深刻になる必要はないのです。クリニックでは、もし「不良」判定が出た場合は時期を改め、再検査を促すこともあるようです。

最適な治療ステップを見極めるため、検査は妊活初期を推奨

とはいえ、もしフーナーテストを通して著しい異常がみられた場合は、即座に不妊治療の方向性を改める必要性も出てきます。そのことから、不妊治療の初期に実施することが望ましい検査です。

クリニックごとに方針は異なるでしょうし、治療過程をみて検査時期を検討する風潮もあります。しかし妊娠を希望するなら、初期にひとつでも多く不妊因子を除去していくことが、妊娠率の向上や、精神的負担の軽減にも繋がるといえるでしょう。

もし通っているクリニックにフーナーテストが確認できなければ、医師へ相談してみるといいと思います。

私の通うクリニックでは、タイミング指導の一環として組み込まれているよ!

おわりに

子宮卵管造影検査がなかなかハードルの高い検査だったので、ついフーナーテストにも構えてしまっていましたが、実際に体験してみたら何てことはありませんでした。

エコー検査の延長で気軽に受けられ、またひとつ心の負担が軽くなりました。

私の問題はとにかく「排卵までの周期が著しく長い」こと。こればかりは仕方ないので、じっくり腰を据えて卵を育てていくしかないですね…。

引き続き、頑張りまーす♡

クリックで応援

人気ブログランキング

痛い?怖い?不妊治療で避けては通れない「子宮卵管造影検査」の真実 子宮内の毒素が妊娠を妨げる?「エンドトキシン検査」でわかること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です