Check ! アラサー女子流お小遣い稼ぎの方法

痛い?怖い?不妊治療で避けては通れない「子宮卵管造影検査」の真実

こんにちは。うい(@uiuiuipot108081)です!

本日、不妊治療の一環としてとある検査を受けてきました。不妊治療におけるファーストステップ「タイミング療法」を効果的に進めるため、導入されている検査のひとつです。

その名称は、「超音波子宮卵管造影検査」。通称EXEM(エコー下子宮卵管造影)とも。

これを受けることで不妊因子の有無を確認できるばかりでなく、向こう半年程度は「妊娠しやすい状態」をつくることにも繋がる“治療”の側面もあります。

採血でもチェックできる!
不妊治療の血液検査で調べる項目と、結果でわかること・治療総まとめ

ただこの検査、見るからに「痛そう」で「怖そう」な内容だったんですよね…。

そんな私が勇気を振り絞って受けた子宮卵管造影検査について、実体験をもとに紹介しますね。

子宮卵管造影検査(EXEM)とは

子宮卵管造影検査とは、卵管の通過性を確認する検査になります。通過性に問題があると卵子が正常に通過できなかったり、受精しにくいなど自然妊娠の弊害になり得ます。

また同時に子宮内腔の状態も確認され、異常がないか視認されます。

子宮卵管造影検査の概要

検査方法としては、卵管の通過性をはかるため子宮の入り口から風船付きのチューブ(バルーンカテーテル)を入れ、そのチューブから造影剤を流し込み、造影剤が卵管を正常に通っているかリアルタイムでエコー検査されます。

造影剤が正常に流れ出れば、そのままお腹の中へ浸透していきます。造影剤自体は体に害のないものなので、お腹に流れ出ても問題はありません。

この検査のメリットは、不妊因子の有無の特定という本来の役割以外にも、平常時より卵管の通りがよくなることによって一時的に妊娠率が向上することにあります。

効果を期待できる期間には個人差がありますが、およそ3~6カ月程度といわれているようです。この期間を妊活女性の「ゴールデンタイム」というそう。何だか期待できそうですね(笑)

MEMO
ヨードアレルギーを持つ人や、メトホルミン(グリコラン、メルビン)を服用中の人など、医師が判断した一部の人は造影剤の使用ができません。
その場合、造影剤の代わりに生理食塩水を使用した「子宮鏡下通水検査」へ移行することがあります。

子宮卵管造影検査の当日の流れ

検査自体は前後の準備込みで、5分もあれば終わります。以下がおおまかな流れです。

  • STEP.1
    内診台へ上がる
    このとき、生理ナプキンの準備をしておくとスムーズです。
  • STEP.2
    バルーンカテーテルを子宮へ挿入する
    力を抜いてリラックスしましょう。
  • STEP.3
    造影剤を流しながら超音波で状態をチェックする
    所要時間1~2分程度。力を抜く意識が肝心です。
  • STEP.4
    バルーンカテーテルを外し、エコー検診へ移行する
    子宮卵管造影検査後、そのままエコー検診により子宮の状態を確認します。
    所要時間2分程度。
  • STEP.5
    内診台から下り、準備を整えてから問診へ
    服装を整えてから、医師より結果を公表されます。

子宮卵管造影検査にあたっての心がけ

子宮内部や、卵管へ直接アプローチをする性質上、かなり神経質な準備が必要です。金額も決して安価なものではないため、正しい検査結果を得られるように以下の心がけで臨みましょう。

検査当日までタイミングを控える

子宮卵管造影検査は、検査時期に細かい指定があります。「月経直後3~4日以内」に限られ、卵胞が育ってからは検査をおこなうことができません。

検査を受けるには、月経が確認できてから日付を計算してクリニックへ予約します。

また月経後~検査当日までは、夫婦間のタイミングは控えるようにしましょう。

検査前の飲食は控えめに

お腹に造影剤を流し出す関係上、あまり胃に物が入っている状況は好ましくありません。

人によっては体調不良を訴えることもある神経質な検査なので、できるだけ軽めな食事を意識して臨んでください。ただし、空腹すぎると逆効果になりかねませんので、ほどよい塩梅で。

私は小さなヨーグルト1つの朝食で向かいました。

体調不良の場合は検査を見送る

インターネット上で子宮卵管造影検査の情報を辿ると、「痛い」というイメージが定着していることがわかります。中には強い痛みを訴える人もいますが、基本的にはそれほど怖くない検査です。

しかしクリニックとしては万一の事態に備え、検査前から体調不良の兆候がみられる場合は、無理せず検査日を改めることを推奨しています。正しい検査結果を得るためにも、自分の体調と向き合って臨んでくださいね。

化粧は控えめに

顔色の変化を見るため、化粧は厚すぎない程度に調整が望ましいようです。

顔色が優れないと判断された場合には、検査後に回復室へ誘導されます。

生理用ナプキンを1枚持参

子宮卵管造影検査後は、造影剤の戻りや、子宮を一部傷つけたことによる少量の出血がみられることがあるため、生理用ナプキンを1枚持参するよう指示されます。

私は出血がありませんでしたが、造影剤は多めに戻ってきたため、普通のショーツでは濡れてしまうと感じました。忘れずに持参するようにしましょう。

また検査後1~2日間は継続して出血があることもあります。少量なら問題はありません。

検査中断時も費用の請求あり

子宮卵管造影検査で痛みを感じやすいポイントは、おもに以下の2つです。

  • 子宮へバルーンカテーテルを挿入するタイミング
  • 造影剤を流すタイミング

昔に比べて柔らかいシリコンゴム製のソフトカテーテルが普及したことや、痛みを軽減するテクニック(造影剤を流し入れるスピード)が浸透していることから痛みを訴える人は少なくなったようですが、中には激しい痛みに耐えられず中断を余儀なくされるケースもあります。

その場合でも、子宮卵管造影検査1回分の費用は請求されることが多いです。クリニックの規約を確認してくださいね。

検査後の注意事項

子宮卵管造影検査後には、いくつかの注意点があります。

  • 検査後に膣内へガーゼを入れる場合があるため、自己除去をおこなう
  • 2日間にわたり抗菌剤(セフゾン100mg)を内服する
  • 検査当日は湯船に浸からずシャワーで済ます

私はありませんでしたが、出血の程度を見て膣内へガーゼを残す処置を取られることがあります。その場合、検査後1時間程度経過してから忘れず自己除去をおこなってください。

また子宮内部へ器具を挿入したことによる感染症を防ぐため、抗菌剤が処方されます。医師の指示に従い、定められた用法・用量を守って服用してください。

あわせて検査当日は雑菌の侵入を防ぐため、入浴はシャワーで済ませましょう。

痛い?怖い?実際に子宮卵管造影検査を受けてきた!

子宮卵管造影検査当日。

バルーンカテーテルを挿入するなんてちょっとした手術だよ…とナイーブな気持ちになりながら、夫の支えもありつつ勇気を振り絞って挑戦してきました。

検査室の前で待機しながら内心ドキドキ。呼ばれて部屋に入ると、いつも通りの内診台がある診察室と変わりない風景。服装を整え、内診台へ上がります。

はーい、じゃあ始めますね~

先生

このクリニック、いつも思うんですけど心の準備がないまま一声あってすぐ挿入されるので、構える間もなく検査スタート。変に体がこわばらないというメリットもあるんですけどね…。

検査自体は体感1分以内

脚の力を抜くとラクになりますよ~

看護士

じゃあ、これから造影剤流していきますね~

先生

あ、もうこれでバルーンカテーテルが子宮に挿入されてるの?あまり違和感ないな…。

あの。こんな感じで大丈夫ですか?
大丈夫ですよ~。気分どうですか?

先生

問題ないです

こんな感じで流れるようにサクサク。いつものエコー検診時の内診グリグリよりは細い管というのもあって、痛みはまったくありませんでした。

じゃあ外していきますね~

先生

あ。はい(もう?)

ホント、体感では1分未満でした。検査室に入ってから数えても、3分も経過してないんじゃないか?(笑)

このあとそのままエコー検診していきますね

先生

バルーンカテーテルを外した後、エコー検診による子宮内部の確認に移ります。タイミング指導の超音波検査と同様、例の器具で子宮内をグリグリ。しかも卵管付近も確認するのもあって、いつも以上にあちこち念入りにグリグリグリ。

いやバルーンカテーテルよりこっちの方が痛いんですけど(笑)

体調の変化なし!

お疲れさまでした。終了です~

先生

ありがとうございました
造影剤の戻りと、軽い出血があることもあるのでナプキンを当ててくださいね。あと今夜は湯船に浸からず、シャワーで済ませてください。
お着替えしたら結果のお話しますね

先生

こんな感じで軽い注意点を口頭で説明されて検査は終了。延べ5分程度でした。あっという間…!

ネット上では痛いイメージが定着している子宮卵管造影検査ですが、その先入観を抱いていたぶん現実は拍子抜けでした。いいギャップです。お疲れさま自分!

検査中は何度も先生から「気分は悪くないですか?」と声をかけられましたが、何も変化はありませんでした。食欲もあるし、顔色もいいです。

おわりに

私の子宮卵管造影検査の結果はというと、無事に異常なしでした。

5分程度で終わるし、私は運よく痛みを感じなかったので、これで向こう半年間程度の妊娠率UPというオプションがあるのならやる価値はあると思います。

インターネット上に浸透している「痛い」「怖い」先入観で、二の足を踏んでいてはもったいないです。まったく痛くなかった!という私の体験が、あなたの後押しになれば幸いです。

一緒に頑張りましょうね。

クリックで応援

人気ブログランキング

その不妊、相性が原因かも…?治療初期に受けたい「フーナーテスト」とは 子宮内の毒素が妊娠を妨げる?「エンドトキシン検査」でわかること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください