Check ! アラサー女子流お小遣い稼ぎの方法

私とコスメの回顧録|大切なことは、すべてコスメが教えてくれた

こんにちは。うい(@uiuiuipot108081)です!

私とコスメは、切っても切り離せない関係です。

私のこれまでの人生、いろんなことがありました。元来の性格からか、人より波乱万丈だったであろうと思います。いろんな寄り道をしたようにも見えますが、また他方では「必然」であったようにも思えてきます。

私の人生、道を踏み外しそうになったときは、いつも誰かが手を差し伸べてくれました。

それは親友だったり、家族だったり、恋人だったりしました。そして、前を向いて一歩を踏み出そうとすると、必ず背中から心地よい追い風を感じてきました。

その風は私を初心へ立ち還らせてくれたり、私に生きる楽しみを教えてくれたりしました。

さてここでは、コスメを軸に私の人生を回想しています。アイテム別におすすめの商品もご紹介していますので、ゆっくりとお楽しみいただければ幸いです。

手をかけるほど、肌はそれに応えてくれる

若い頃はスキンケアより、断然メイクアップ派でした。スキンケアは特にこだわりを持たず、ドラッグストアで目に入った商品を使うくらい。

スキンケアの良し悪しなんてわかりませんでした。若い肌の自己再生力とキメの細やかさに頼っていれば、何となくそれなりの肌でいられた。特に不満もありませんでした。

でも、20代後半に入ってしばらく経った頃、第一のお肌の曲がり角を経験しました。

「肌、本当にキレイですよね」

20代前半までは、お肌を褒められることが多かった。でもいつしか、それはなくなった。

自分でケアしなければ、美肌は維持できない」現実が、すぐそこまでやってきていました。

いざスキンケアに専念するようになると、その楽しさを知りました。手をかけるほど、肌はそれに応えてくれる。また、一朝一夕で美肌は手に入らない、継続こそ美肌への一歩であることも痛感しました。

そこから始まった私のスキンケア探求の旅は、今も続いています。

フェイスケア

スキンケアの王道であるフェイスケア。もっとも手をかけるべきポイントです。

導入美容液

あらゆるお手入れの前にプラスアルファとして加えることで、それ以降のスキンケアの効果を最大まで上げてくれる導入美容液。

私は数年来、アルビオンのエクラフチュールを使い続けています。

導入美容液ならエクラフチュールd一択でしょ?無印との比較も

フェイスマスク

ドラッグストアでも手軽に手に入るルルルンのフェイスマスクは、デイリーなスペシャルケアに最適。

乾燥性敏感肌の私が選ぶ「使ってよかった」ルルルンフェイスマスク3選

リップケア

皮むけが激しい敏感な唇には、適したリップクリームで丁寧なケアが肝心。

唇が皮むけしやすい人必見!敏感な唇でも荒れないリップクリーム4選

メイクは、本来の自分を思い出させてくれるもの

私のメイクアップ歴の始まりは、中学生の頃に遡ります。

地方でしたし、その頃は中学生でメイクをしている女の子の割合は1割にも満たなかったと思います。ただ私は昔から一風変わったタイプで、周囲への反抗心から、見た目を着飾ることで虚栄していました。

スカートは誰よりも短く、授業を抜け出しては遊んでいました。一方で両親からの期待に抗うことはできず、ただひたすらに勉強もしていました。校舎の物を壊しては、片や学年10位以内の成績を取る。教師も対応に困っていたことでしょう。

そんな私だから、人よりも早くメイクに興味を持ちました。確か最初は親戚から貰ったパウダーファンデーションと、母親のおさがりの口紅からだったと思います。でもそのときの私は、「可愛くなる」ことなんて、一切求めていなかった。

人と一緒は嫌だ

メイクをすれば、また先生は怒るんでしょ?やってみろよ

全身からトゲを突出させているような私が、見よう見まねでファンデを塗り、リップをつけて学校へ向かいました。でもその道すがら、親友が私を見て満面の笑みで、こう言ったんです。

「すごい可愛いね!好きな人、できたの?」

この言葉を聞いて、雷に打たれたような心地になったのをよく覚えています。メイクは、決して虚栄心のために使うようなものじゃない。

本来の自分を思い出させてくれるものなんだってこと。

アイメイク

「目は口ほどにものを言う」といいます。メイクアップの中でも、人に与える印象を大きく左右するポイントのひとつです。

また同時に、私へメイクの楽しさを教えてくれたのは、このアイメイクでした。

アイシャドウ

私のドレッサーにあるアイシャドウで8割を占めるのが、この「ルナソル」。

一度使えば、その良さがきっとわかるはず。

そろそろルナソルのアイシャドウはどれが最強か、決着をつけようと思う

アイライナー

デパコス好きの私に革命を起こした、プチプラアイライナー

プチプラコスメの進化には、目を見張るものがあります。

プチプラでも優秀!柔らかくて描きやすいペンシルアイライナーはこれ!

リップメイク

皮むけを起こしやすい唇では、口紅選びも慎重におこなわねばなりません。

私がリアルに使って発見した「皮むけしない口紅」を共有します。

落ちない荒れない乾燥しない!インテグレートのボリュームバームリップD

恋人に触られても、恥ずかしくない髪になりたい

大学生で、私は金髪になりました。

この頃から自身の教育姿勢に疑問を抱き始めたらしい両親は、いい意味で放任主義になりました。後から聞くと、諦めたとはまた違くて、「可能性を拡げてあげるべきだった」と悔いていたようです。

とにもかくにも私は人生に迷い続けており、世間に対して「」でありたいとする姿勢に変わりはありませんでした。ブリーチを繰り返した髪の毛は金色を超えて緑色になり、髪はゴムのように伸びるようになりました。

そんな中でも、母親とは仲良くやっていました。私の姿に何も指摘することなく、2人でよく出かけ、温泉に入り、ランチをし、笑い合いました。あのときの私が唯一心から気を許せる相手というのは、母親以外になかったかもしれません。

その裏で、元来の怪物のような自己承認欲求はますます膨らみ続けていきました。

私を認めて欲しい

愛して欲しい

その当時、この気持ちを鎮める方法はただひとつ、男に溺れるだけでした。

しかし若さや見た目でノコノコついてくる男は、大抵が私の性格に音を上げて、去っていきました。でも当時の私は、それでいいと思っていたんです。私の心の闇は果てしなく、すべて許容してくれる人なんて存在しないって、確信していましたから。

そんな折、ゲームを通じて知り合った5歳上の男性と遠距離恋愛に発展しました。今思えば、あれが私の人生において初めての「恋愛らしい恋愛」だったに違いありません。

その彼はたびたび名古屋から車を走らせ、私に会いにきてくれました。私が癇癪を起こして泣いた夜は、翌日の仕事も気に掛けず車でやってきて、朝方までドライブに連れて行ってくれました。

その彼がやさしく髪を撫でてくれたとき、初めて「恥ずかしい」と感じたんです。痛みきった髪の毛を愛おしそうに撫でる彼の眼差しが直視できず、そのとき心に決めた記憶があります。

彼に触られても恥ずかしくないような、サラサラの髪になりたい。

シャンプー・コンディショナー

一度傷んでしまった髪の毛を、芯から修復するには時間がかかります。

でもこのアジュバンなら、きっとあなたの強力な味方になります。

アジュバンのリ:シャンプーで頭皮をやさしくケア。抜け毛予防にも◎

辛い職場でも、得るものは必ずある

私はかつて、美容部員として勤めていたことがあります。デパートのコスメカウンターでメイクをしてくれるお姉さん、そうそれです。

メイクの楽しみを見出し、体が喜ぶケアに目覚めた私は、それ以来メイクに対する興味を抑えきれなくなりました。週末にキャリアスクールへ通ってメイクの専門知識を身に付け、美容部員へ転身しました。

煌びやかで憧れの美容業界、しかしてその実態は、抱く理想とは裏腹に「真っ黒」でした。

女社会であるからかイジメが著しく蔓延していました。ロッカーを荒らされることなんて日常茶飯事。いつしか貴重品は肌身離さず持ち歩くクセが身に着きました。

そんなある日、エスカレートしたイジメに我慢ができなくなった私は、エリア担当者(男性)を呼び出して相談をしました。するとあろうことか、その担当者は周囲の肩を持ってこう言ったんです。

「その程度で投げ出すようでは、この先の人生やっていけないよ。乗り越えるべき障害だと思う」

イジメが、乗り越えるべき障害?

その場で自分のお会計をテーブルに叩きつけ、無言で立ち去ろうとすると追いかけてきて、延々と人生を諭された記憶があります。その後紆余曲折ありながら、退職に至ってから学んだことがあります。

趣味と仕事は別物」。私のオン・オフ切替主義の発端となった出来事です。

…とまあ、色々ありましたが、カウンターに1人でいるときは気楽なものでした。

自社製品の良さは理解していたので、勤務中はコスメの勉強に終始。このとき得た知識は、今にも活かされていると思っています。

スキンケアグッズ

「手のひらで化粧水を塗ろうとすると、手のひらに栄養が吸収されてしまい、肝心の顔に浸透しきらないんですよ」これが当時の謳い文句でした。大げさな表現ではありますが、あながち的外れな話ではありません。

化粧水や乳液は、コットンを用いることでムダなく浸透し、パッティングを併用することで肌の奥まで行き渡ります。

敏感肌を優しく整える。スキンケアの効果を高めてくれるコットン4選

おわりに

辛いことや悲しいことがあっても、唇に赤を乗せるだけで、いつも前を向くことができました。

私にとってコスメとは、人生を二人三脚で歩んできた相棒のような存在でもありました。そしてそれは、これからもきっと変わることはないでしょう。

クリックで応援

人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください