Check ! アラサー女子流お小遣い稼ぎの方法

ニセ卵にニセ高温期…不妊用語の「ニセ」って何?なぜ起こるの?

こんにちは。うい(@uiuiuipot108081)です!

それは私が不妊外来へ通い始めた初期のことです。謎の長い高温期に不安を覚えた私は、不妊専門のクリニックで相談をしました。血液検査やエコー検査のすえ、先生による診断結果は以下のものでした。

ニセ卵があるね。前回の周期で排卵してないから、ホルモンバランスの乱れで起きるニセ高温期かな。まずはリセットから始めよう

先生

ニセ卵?ニセ高温期……?

先生があまりにサラッと言うもので、「ああ、不妊にはよくある症状なのかな」とその場では納得をしましたが、あとになってふつふつと疑問が湧き出てきました。

不妊用語でいう「ニセ」って、そもそも何のこと?

妊娠を望むのであれば大敵になり得るらしいこの「ニセ卵」「ニセ高温期」。その実態と原因を突き止められれば、日常生活の中でも気をつけられるポイントが見つかるかもしれません。そこで、私なりに徹底的に調べてみることにしました。

だって先生忙しそうで、聞けないんだもん…

「ニセ卵」は、正しくは「遺残卵胞」である

実はニセ卵というのはいわゆる通称で、正しくは「遺残卵胞」といいます。

遺残卵胞(いざんらんほう)とは

遺残卵胞とは、後述の要因により月経周期が乱れ、卵胞がそのまま子宮内に残留してしまう現象をいいます。

本来の周期であれば、一定の大きさまで成長した卵胞(成熟卵胞)から排卵がおこなわれます。通常、排卵は1つの卵子に限られるため、その他の卵胞はしぼんでいき「黄体」へ変化します。

黄体は「黄体ホルモン」を分泌し、子宮内膜を受精卵が着床しやすい状態へ整えます。

しかしながら、排卵がおこなわれなかった成熟卵胞が残り続けてしまったり、排卵がおこなわれたにも関わらずその他の卵胞が消失しないことがあります。これが「遺残卵胞」です。

十分な大きさに成長した遺残卵胞は、次周期の卵胞の発育に悪影響を及ぼし「変性卵」や「空胞」といった良質とはいえない卵子の原因になります。

また遺残卵胞が増え続ける悪循環にも発展しやすいため、遺残卵胞の所見があった場合は、乱れた月経周期を改善して正常な状態に戻す治療を施すのが一般的です。

遺残卵胞はなぜ起こってしまうの?

遺残卵胞が起こる要因は、大きく分けて2つが考えられます。

  • 排卵誘発剤(クロミッド)内服の影響
  • 生活習慣などによるホルモンバランスの乱れ

排卵誘発剤(クロミッド)内服の影響

不妊治療にあたってよく処方される「排卵誘発剤(クロミッド)」。不妊では、なかなか卵胞が成長しないといった症状が多いことから、卵胞の成長を促す目的で処方される薬剤ですが、これが裏目に出るケースもあります。

通常では、1周期のうちひときわ大きく成長していった卵胞が成熟卵胞に値しますが、薬剤により成長を促進されると、いくつかの卵胞が自然とはいえない大きさまで成長しやすいです。

排卵に至った後でも薬剤が他の卵胞へ作用し、次の周期まで残り続けてしまうことがあります。

生活習慣などによるホルモンバランスの乱れ

女性の体は非常に繊細です。環境や生活習慣の変化、精神状態によってホルモンバランスが乱れやすく、それが体の状態へ直結します。

これにより「中枢性の排卵障害」や「卵巣機能の低下」「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」といった不妊症が引き起こされ、その結果として排卵に至らず、成長した卵胞が卵巣内に残り続けてしまうことがあるようです。

私はこの後者が原因で、今にも排卵しそうなほど大きな卵胞が残り続けていました。

遺残卵胞をなくすためにできること

ニセ卵、もとい遺残卵胞をなくすためにできる対処法として、私が実施したものは以下のとおりです。

  • ホルモン療法
  • 漢方薬による卵巣機能改善

ホルモン療法

ホルモン療法とは、女性の体内で起こる自然なホルモンの変化を、薬剤を用いて疑似的につくる方法をいいます。具体的には経口避妊薬(ピル)を投与することで遺残卵胞を一掃し、卵巣状態の改善と、本来の月経周期の回復を目指します。

なお、不妊用語で頻繁に用いられる「リセット」がこれに当たります。何らかの要因により周期に問題がみられた場合、一度リセットしてから、改めて0から再スタートを切るための手段です。

私もピル投与でニセ卵のお掃除ができたよ。でも困ったこともあったから、初めてホルモン療法に踏み切る人は注意するといいかも

ピルの危険性を知っておこう
片道4時間の高速バスでエコノミークラス症候群になった体験談と今後の対策

漢方薬による卵巣機能改善

ホルモン療法によって一時的にリセットができたとしても、根本的な問題が解決していなければ再発しかねません。

そこで、私は卵巣機能の改善に対し、医学的に効能が認められている漢方薬「柴苓湯(サイレイトウ)」を継続して服用しています。柴苓湯は遺残卵胞を引き起こす多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の治療のほか、不妊に関する色んな症例に効果があります。

詳しくチェック!
不妊治療に適した漢方「柴苓湯(サイレイトウ)」の効果・効能とは

検査薬で陰性なのに生理がこないのは、「ニセ高温期」?

私の場合、高温期が3週間以上も続いたんですね。しかも、高温期に入る前に婦人科でエコー検査してもらったら「排卵の所見がある」と診断されていた経緯もあり、「これは、ひょっとして…?」と一時浮かれもしました。

でも時間を置いて2度試した妊娠検査薬はいずれも「陰性」。

このように高温期が2週間以上続いているにも関わらず、検査薬で陰性判定が出る場合は「ニセ高温期」の疑いがあります。

ニセ高温期とは

排卵後から始まる高温期の場合、通常は2週間以上続けば妊娠の可能性が高まります。その時点で妊娠反応が陰性の場合は、「本来の高温期ではない」可能性が疑われます。後述の要因により、体に何らかの異常をきたしているかもしれません。

注意
高温期が14日以上続いた時点で検査薬が陰性でも、検査薬の精度が100%正確とは言い切れません。
吐き気や腹痛、胸の張り等の症状がみられる場合は、医師へ相談をしましょう。

ニセ高温期が起こってしまう原因って?

まずそもそもの前提を見直す必要があります。通常では、高温期というのは排卵後の卵胞が黄体へ変化し、分泌される黄体ホルモンによる影響で体温が上がる現象です。

黄体ホルモンは別名「プロゲステロン」といい、厚くなった子宮内膜を維持したり、妊娠を継続させたりする作用をします。この過程で体温が上昇することで、必然的に黄体期は高温期へと移行するわけです。

このように、受精卵を無事に着床させるために不可欠なはたらきを担う大事なホルモン「プロゲステロン」ですが、これは排卵しない限り基本的には分泌されません。

つまり、「ニセ高温期」ではこのプロゲステロンの作用以外の部分が原因で、体温が上昇している可能性があります。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 外的要因(室温など)
  • 体調不良による発熱(風邪など)

このうち実際のケースで多くを占めるのが「ホルモンバランスの乱れ」です。先のニセ卵においても要因のひとつに挙げられますが、それだけホルモンバランスの乱れというのは、不妊に直結しているということがわかる結果です。

ニセ高温期を予防するためにできること

ニセ卵においてはピル投与という直接的な治療法がありましたが、ニセ高温期に関しては、ダイレクトに改善する手段というのはありません。

ただ今回の私のように、ニセ卵が悪さをしてニセ高温期を引き起こしているケースにおいては、ニセ卵の治療が間接的にニセ高温期の改善へと繋がるとみていいでしょう。

それ以外にできることといえば、ホルモンバランスを整える目的で生活習慣を見直すことが大切。基礎体温の安定には、下記の項目を意識して習慣づけることで改善に繋がるという統計結果が出ています。

  • 良質な睡眠
  • ストレス解消

自律神経の乱れはホルモンバランスの乱れに直結しますので、普段から意識して取り組むとよさそうです。

おわりに

なるほど…。「ニセ卵」「ニセ高温期」というのはあくまで通称で、れっきとした不妊症のひとつなのね

とにもかくにも、「ニセ卵」「ニセ高温期」を引き起こす悪因は「ホルモンバランスの乱れ」。不妊治療の一環として処方される薬剤の影響もありますが、私のように治療をしていない段階で症状がみられた場合は、生活習慣の見直しが課題

クリニックによる治療と並行して、普段から改善しようとする意識が大切ですね。

クリックで応援

人気ブログランキング

不妊症に効く栄養素「ビタミンD」は葉酸サプリだけでは足りない? 痛い?怖い?不妊治療で避けては通れない「子宮卵管造影検査」の真実

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください