Check ! アラサー女子流お小遣い稼ぎの方法

子宮内の毒素が妊娠を妨げる?「エンドトキシン検査」でわかること

こんにちは。うい(@uiuiuipot108081)です!

不妊因子を特定する狙いで、これまでいくつかの不妊検査を受けてきました。

痛い?怖い?不妊治療で避けては通れない「子宮卵管造影検査」の真実 その不妊、相性が原因かも…?治療初期に受けたい「フーナーテスト」とは

幸いにも検査結果は良好で、データ上では不妊因子がないことが判明した私。いよいよ「試行回数こそ正義」の段階にいたったと覚悟した矢先、医師からとある提案を受けました。

実は最近取り入れた検査で、「子宮内エンドトキシン検査」というものがあるんだけど…

先生

エ、エンドトキシン……?

「子宮内エンドトキシン検査」とは

突如耳にした「子宮内エンドトキシン検査」。

ざっくりいうと着床の妨げとなる毒素が子宮内に残存しているか測る検査です。最近になって急速に注目され始め、検査を実施する院も増えてきているといいます。

検査にあたり医師へ確認した内容や、調べた情報をもとに以下で詳しく解説しますね。

そもそも「エンドトキシン」とは

エンドトキシンというのは「グラム陰性桿菌」という細菌が死滅する際、細胞膜成分として残存するものをいいます。

通常、子宮では頸管粘液が防護壁の役割を果たし、外部から細菌を防ぐはたらきをします。ですから一般的にいって、グラム陰性桿菌が子宮内へ侵入することはほとんどありません。

しかし不妊治療における器具の挿入や自己抵抗力の低下が原因で、稀に侵入してしまうケースがあります。

通常の細菌なら白血球などの作用で死滅しますが、グラム陰性桿菌に限り、死滅した際に細胞膜成分=「エンドトキシン(毒素)」として子宮内に残留してしまうのです。

欧米の研究で不妊との関連性が発表される

エンドトキシン検査では、先の子宮内エンドトキシンの濃度を測る狙いがあります。

欧米の不妊研究で「子宮内エンドトキシン濃度と体外受精の治療成績に密接な関連性が認められた」と発表がありました。それ以来、先の子宮卵管造影検査やフーナーテストに並ぶ形で、不妊治療の初期におけるスタンダードな検査として周知されてきています。

その研究においては、エンドトキシン検査で一定の濃度以上が認められた場合、以下の弊害が挙げられるとしています。

  • 受精卵(胚)が死滅する
  • 射精精子が死滅する
  • 子宮内膜炎・卵管炎・子宮付属器炎・卵巣炎を引き起こす
  • 卵管閉塞・子宮内膜着床不全の原因となる

つまり着床の妨げになり得る不妊因子というわけですね。

このことからタイミング療法だけでなく、人工授精から体外受精のステップにある患者に対しても同様に、必要性が高い検査といえるでしょう。

陽性の場合は7~8割の人が妊娠しない!?

先の論文に基づいた研究では、子宮内エンドトキシン濃度が陽性(1.1pg/ml以上)判定だった場合におよそ7~8割の人が妊娠しないといわれています。

ただしそのうち2~3割は陽性でも妊娠するわけですから、エンドトキシンと不妊との関係性に疑問視する医師が多いことも事実です。無関係として頑なにエンドトキシン検査を導入しない院も少なくありません。

ただし不妊治療は「不妊因子を排除して消去法的に妊娠の確率を高めること」が大前提。その視点からいえば、わずかでも不妊に繋がるリスクがあるのなら対処すべきではないでしょうか。

まずはかかりつけのクリニックが導入しているか、確認してみよう!

子宮内エンドトキシン検査にあたる心がけ

総体的に妊娠の確率を高めるため、ぜひチャレンジしたい「子宮内エンドトキシン検査」。ただしこの検査には、他とは異なる決して無視できない注意点が存在します。

妊活中の女性なら思わずためらってしまう難点。先々まで視野に入れたうえで、検討する必要がありそうです。

月経血がもっとも多いタイミングで予約を

まず子宮内エンドトキシン検査の方法から解説しましょう。

エンドトキシン濃度は「月経血」から測ります。子宮卵管造影検査と同様に子宮口からカテーテルを挿入し、子宮内もしくは膣内から月経血を採取する流れです。

採取する血量はシリンダー延べ3~4本相当。かなりの量を必要とすることから「月経血がもっとも多いタイミング」に来院します。一般的には月経開始後2~3日目が目安です。

事前に医師へ検査を所望しておき、月経開始が確認でき次第クリニックの予約を入れましょう。

MEMO
もともと月経血量が少なめの人などでは、検査不可能となるケースも多くあるようです。その場合の治療の流れについては次項で解説します。

検査前はタンポンの使用を避けること

月経中の生理用品は大きくナプキンとタンポンに分かれますが、子宮内エンドトキシン検査前は必ず「ナプキン」を使用し、タンポンの使用は避けてください

先に解説したように、検査では子宮内または膣内の月経血を採取する必要があります。タンポンはその特性上、子宮から膣にあたる部分の月経血を吸収してしまうため、検体が採取できなくなる恐れがあるからです。

また検査後に当てる用として、予備のナプキンも持参しておくと安心でしょう。

検査前はできる限りの月経血を蓄えておく必要があるので、当日だけでなく、月経開始時からナプキンで統一した方がよさそう…

治療周期は「妊活をお休み」すること

子宮内エンドトキシン検査の最大の特徴にして最大のネックが「治療周期は妊活不可」になる点です。もちろん検査結果が陰性であれば妊活が継続できます。しかしひとたび陽性判定が出れば、治療は免れません。

治療は内服によりおこないますが、薬剤の特性上、投与中にもし妊娠した場合は胎児に悪影響が及ぶため避妊を徹底する必要があります。妊活中にも関わらず避妊しなければならないなんて、何だか皮肉ですね。

一般的には1周期の治療を経て次周期から妊活が再開できます。ただし血中濃度が著しく高かった場合は、2~3周期にわたって治療を必要とするケースも。

検査をする以上、1周期以上のお休みを覚悟したうえで臨むといいでしょう。

不妊治療中の女性は子宮内操作が多いから、多かれ少なかれ陽性が出る可能性が高いみたい…

子宮内エンドトキシン検査を経た治療の流れ

覚悟を決め子宮内エンドトキシン検査に臨んだ私ですが、なんと月経血量不足により検査不可になってしまいました…。

おそらくあなたの月経血量だと、今後の周期においても検査は難しそうね。そういうケースでは、検査をスキップして治療することをおすすめしています

先生

長年ピルを服用しているうちに体質が変わったのか、かつての重い月経は鳴りを潜めて今や非常に軽いスタイルに落ち着いた私。日常的には助かっていましたが、よもやこんなところに悪影響が及ぶとは。

医師曰く血量が足りずに検査ができない人は珍しくないようで、その場合は陽性判定が出たと仮定して治療のステップへ移行を推奨しているようです。

抗生物質を服用する

ビブラマイシン錠100mg

エンドトキシン陽性の治療には抗生物質の服用が効果的です。抗生物質は体に害がないため、結果がわからない状態で服用しても問題はないそう。

エンドトキシン陽性の治療に使われる抗生物質の一覧は、以下のとおりです。

私は写真のビブラマイシン錠100mgを処方されました。いずれも抗菌薬となります。

MEMO
いずれも悪心や発疹、嘔吐や食欲不振等の副作用があります。症状がみられた場合は服用を中止し、速やかに医師へ相談をしましょう。

飲み合わせに注意!

先に挙げた抗生物質の詳細に目を通すと、薬剤の「相互作用」一覧が非常に多いことがわかると思います。抗菌薬は飲み合わせに注意が必要で、ものによっては抗生物質の効果を衰えさせることも…。

ここでは、妊活中の女性が特に注意したい飲み合わせについて挙げてみました。

  • カルシウム経口剤
  • マグネシウム製剤経口剤
  • アルミニウム
  • 鉄剤

あれ?ひょっとして…。
プレミン成分表

プレミン成分表

ウソー。プレミン(葉酸サプリ)に全種配合されてる…!ショック!
参考 時期別葉酸サプリ プレミンシリーズゲンナイ製薬公式販売サイト

葉酸サプリの中には葉酸以外の成分が配合されている製品も多いです。私が服用中のプレミンは見事に該当の栄養素を網羅していたため、一時服用をお休みすることにしました。

医師からも葉酸サプリの成分によっては、抗生物質を優先させるよう指示があってのことです。

定期購入コースに申し込んでいる人は、マイページから次回のお届け時期を編集できるよ。余分な在庫を抱えないためにも、設定を見直すのがおすすめ!

再検査で陰転化を確認することも

私のように月経血量不足により検査不可能のケースを除き、一般的には再検査により「陰性」判定が確認でき次第治療をやめ、妊活を再開する流れが主流です。

一度の治療では陰転化がみられなかった場合は、次周期以降も抗生物質の投与により経過を診ます。

おわりに

うすうす予感していましたが、まさか本当に検査不可能になるとは驚きました。

ただ私のケースでは、おそらく次回のタイミング療法による来院が年末年始に重なる予想でした。時期的にも丁度いいということで、年末年始を挟む今周期は妊活を一時お休みすることを決意。

処方された抗生物質で、あるかわからない毒素の排除を祈りながら新年を迎えることとします。

1周期丸ごと妊活ができないのはネックですが、たまには肩の力を抜いて過ごしてみるのもアリかなと感じました。安心も買えますし、一度は受検してみることをおすすめします。

クリックで応援

人気ブログランキング

痛い?怖い?不妊治療で避けては通れない「子宮卵管造影検査」の真実 その不妊、相性が原因かも…?治療初期に受けたい「フーナーテスト」とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください