Check ! アラサー女子流お小遣い稼ぎの方法

不妊症に効く栄養素「ビタミンD」は葉酸サプリだけでは足りない?

こんにちは。うい(@uiuiuipot108081)です!

不妊症の改善や、妊娠しやすいカラダづくりに役立つ栄養素はたくさんあります。

そのひとつとしてポピュラーなのが、「葉酸」。厚生労働省から妊活中の女性への摂取を推奨されたことで、広く知られるようになりましたね。

わたしも普段から葉酸サプリを服用しています。葉酸サプリには葉酸の他、さまざまな栄養素が含まれているため「これひとつで妊活に必要な栄養素を網羅」していると錯覚させます。実際、そう謳うメーカーがあるのも事実です。

でも実は、葉酸サプリだけでは妊活中の女性の必要摂取量に足りていない栄養素があります。

私の服用する葉酸サプリ「プレミン」の栄養成分表示を見てみましょう。葉酸を始めとし、ビタミン類からカルシウム、ミネラル類など幅広く配合されていることがわかりますね。

では、この中で必要摂取量に満たない栄養素はどれだと思いますか?そう、それこそが今回の主題である「ビタミンD」なのです。

ビタミンDが不妊症の改善に繋がるという事実は葉酸の影に隠れ、あまり知られていません。但しビタミンDはその方面に対し驚くべき効果・効能があると、研究結果により実証されています。

ビタミンDの持つ不妊症への効果・効能

ビタミンDは、「生殖活動において重要な役割を担う」と研究論文で発表されています。

参考 ビタミンDと生殖機能神戸薬科大学衛生化学研究室

以下では、この研究結果も踏まえながら詳しく解説していきますね。

卵巣機能の改善

ビタミンDは、卵巣機能を多角的に改善するはたらきをすることがわかっています。

  • AMH値の上昇
  • テストステロン値の低下

AMH値の上昇

卵巣の中の原始卵胞(AMH)が少なくなると、卵巣機能の低下が疑われることがあります。これを改善するのに効果的な栄養素が、ビタミンDです。

ヒトAMH遺伝子のプロモーターにはダイレクトリピート3型のビタミンD応答配列と推定される領域が見いだされており、1α,25(OH)2D3依存的なAMH転写活性の上昇が確認されている 13)。従って、AMHはビタミンDの応答遺伝子であると考えられる。

引用:論文「ビタミンDと生殖機能

少し難しい記述ですが、要は「ビタミンDとAMH値には相関関係がある」ということです。

また、限定的であるにしろビタミンDの内服にてAMH値が上昇したとの研究結果の記述も確認できます。AMH改善のためにも、柴苓湯(サイレイトウ)と併用して摂取したい栄養素です。

併用してAMHを改善しよう
不妊治療に適した漢方「柴苓湯(サイレイトウ)」の効果・効能とは

MEMO
AMHとは、アンチミューラリアンホルモン(または抗ミュラー管ホルモン)の略称です。
発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンをいい、卵巣内にどれだけの卵が残っているか、つまり卵巣予備能がどれほどかを反映するといわれています。

テストステロン値の低下

テストステロンとは、男性ホルモンの一種です。男性だけでなく、女性にも存在します。

但し、一定以上のテストステロン値が見受けられる場合、排卵障害のファクターのひとつになり得ます。また多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の引き金にもなるため、高い値の場合は治療が必要です。

ビタミンDは、このテストステロン値を正常に戻す作用をすることが明らかとなっています。

PCOSへのビタミンD補充やビタミンD誘導体の投与により、インスリン抵抗性の改善 18)19)、血清テストステロン濃度の低下 20)などが報告されていることから、これらの作用がPCOSの改善に有益な効果をもたらすと考えられる。

引用:論文「ビタミンDと生殖機能

着床率の向上

ビタミンDは着床率の向上、ひいては妊娠する確率の向上が期待できるといわれています。

ビタミンDは妊娠にも重要である。ビタミンDが子宮内膜に発現する受精卵の着床に必要な遺伝子HOXA10の発現を誘導することが明らかにされており 21)22)、妊娠の成立にもビタミンDが重要な働きを担うことがわかる。

引用:論文「ビタミンDと生殖機能

体外受精患者を対象に検証した研究結果もあります。血中のビタミンD濃度を基準にしたところ、欠乏群の妊娠率が低かったと発表されています。

月経困難の改善

先とは別の単一論文によるものですが、「ビタミンDを摂取することにより月経困難が改善した」という報告もあるようです。

月経困難症を認める患者をビタミンD摂取群と非摂取群に分けて比較検証したところ、前者は鎮痛剤なくして生活できたものの、後者は頻繁に鎮痛剤を服用していたと発表されています。

これはビタミンDが、生理痛を引き起こす炎症性サイトカインという物質の産生を抑制するはたらきがあるからとみられています。但し現状では、月経困難症に対しビタミンD内服を推奨するという治療法は確立されていません。

MEMO
月経困難症とは、月経の開始に伴い下腹部・腰痛などの疼痛とともに、頭痛や悪心、嘔吐などを伴う症状をいいます。

このようにビタミンDは、広い範囲で生殖活動に高い効果を発揮すると明らかになっています。

しかしながら日本人の多くは、ビタミンDの必要摂取量に対し大きく不足しているというのが実情です。具体的にどの程度の量を満たしていないのか、次で詳しく検証していきます。

不妊症患者におけるビタミンD必要摂取量

厚生労働省が定めたビタミンDの食事摂取基準量は30~49歳の女性で「5.5マイクログラム/日」とされています。なお、妊婦に限り「7.0マイクログラム/日」となっています。

こう見ると、冒頭のプレミンにおけるビタミンD含有量はぴったり満たしていると思われるかもしれませんが、「不妊症の改善」にフォーカスしたうえではまったく足りていません。

先の論文では、ビタミンD濃度充足の基準を25~30マイクログラム/日として展開しています。

また、ビタミンDを25マイクログラム/日内服したことでAMH値に上昇がみられた等、正確な数値による実証もあります。このことから、妊娠を目指すうえでは「25マイクログラム/日」の摂取はあるべきとみていいでしょう。

日常生活で意識して摂りたい量の目安

実はビタミンDというのは、人体で生成することができる栄養素です。

皮膚が直射日光に当たることによって体内にビタミンDが生成されるため、ほとんどの人がこの方法で一日の摂取基準量の一部を得ている計算になります。

また日本人の食生活ではビタミンDを摂取する機会が多く、平成27年国民健康・栄養調査によると平均7.5マイクログラム/日摂取しているという報告もあります。

そこで妊活にあたって葉酸サプリを服用している女性を基準にすると、

25マイクログラム/日(理想摂取量)-7.5マイクログラム/日(平均摂取量)-7.0マイクログラム/日(葉酸サプリ)
=【10.5マイクログラム】(不足量)

意識して摂りたいビタミンDの摂取量は「10.5マイクログラム/日」がひとつの目安です。

ビタミンDを含む代表的な食品一覧

こう見るとなかなかハードルの高い数値ですが、やはり食事で必要量を満たすのが第一の理想です。そこでまずは、ビタミンDを多く含有する食品からおさらいしてみましょう。

おもに魚類・魚介類によく含まれ、キノコ類や卵といった食品でも摂取できます。

魚類

  • うなぎ
  • サンマ
  • しらす
  • イワシ
  • あんこう

魚介類

  • すじこ
  • いくら
  • 数の子
  • たらこ

キノコ類

  • きくらげ
  • 干し椎茸

卵類

  • 鶏卵(卵黄)
  • うずら卵

おすすめビタミンDサプリメント

前述の食品のうち、卵類以外はどれも100g単位で不足分(10.5マイクログラム/日)を補充できる含有量です。しかしながら、毎日の食卓に並べるというのはいささか抵抗がありますね。

そこで頼りにしたいのは、サプリメント。手軽に摂取でき、かつ食品では摂取しきれない多量の栄養素を一度に得られることから、妊活中の女性の頼もしい味方になります。

葉酸サプリや、その他のサプリメントを摂取している人でも、組み合わせることによって更なる効果の向上が見込めます。

注意
併用するサプリメントによっては、特定の栄養素が過剰摂取になるリスクもあります。必ず服用中のサプリメントの栄養成分表示を確認してください。
自身で判断しかねる場合は、医師へ相談しましょう。

MSS「D5000 ミセル」

私の通う不妊専門クリニックの医師から処方されたのが、現在進行形で服用中の「D5000 ミセル」。MSSから販売されている医療機関専売品です。

一般人が通販で購入することはできず、基本的には医療機関を通して処方されるサプリメントになります。その分、含有量は絶大。

ビタミンD含有量(1日分)=145マイクログラム

もう何かチートですよね。これ(笑)

但しこれさえ服用すれば、ビタミンDに限っては日頃の食生活に気を遣わなくてもいい計算になります。不妊症に精通する医師から直々に処方されますから、安心感も違いますよね。

処方のあったクリニックから専用の識別キーを発行してもらえば、オンラインショップにて継続購入することも可能です。まずはかかりつけのクリニックに取扱いがあるか尋ねてみてください。

販売元:株式会社MSS
商品名:D5000 ミセル

販売価格:3,500円(税抜)
内容量:30粒(1粒/日)
ビタミンD含有量(1粒あたり):145マイクログラム

継続購入なら

MSSダイレクト

ネイチャーメイド「スーパービタミンD」

かかりつけのクリニックにMSSサプリメントの取扱いがなかったり、医師へ尋ねるのが億劫なら、通販で手に入るサプリメントも選択肢のひとつになります。

ネイチャーメイドの「スーパービタミンD」は、含有量と価格のバランスがよく取れたいいサプリメントです。

ビタミンD含有量(1日分)=25マイクログラム

先に挙げたD5000 ミセルと比較すると見劣りしますが、不足分(10.5マイクログラム)を大きく上回るばかりか、不妊症の改善に必要な摂取量をぴったり満たしていることがわかります。

3カ月分で価格が1,000円以下と割安なのも魅力。続けやすいからうれしいですよね。

販売元:大塚製薬株式会社
商品名:スーパービタミンD
内容量:90粒(1粒/日)
ビタミンD含有量(1粒あたり):25マイクログラム

created by Rinker
NATUREMADE(ネイチャーメイド)
¥686 (2018/12/13 22:59:48時点 Amazon調べ-詳細)

おわりに

医師から「ビタミンD、摂ってる?」と聞かれ、D5000 ミセルを処方されてから改めて調べたところ、今回のような事実が次々と明らかになり驚きました。

葉酸サプリだけ服用していれば安心、とはいえません。食事やサプリメントを上手に組み合わせつつ、今後も不妊症の改善に努めていきましょう!

クリックで応援

人気ブログランキング

不妊治療は、知識を身につけるところから一緒に始めてみませんか? 不妊治療に適した漢方「柴苓湯(サイレイトウ)」の効果・効能とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください