Check ! アラサー女子流お小遣い稼ぎの方法

片道4時間の高速バスでエコノミークラス症候群になった体験談と今後の対策

こんにちは。うい(@uiuiuipot108081)です!

先日、草津へ1泊2日の小旅行に行ってきました。

【草津温泉旅行記】都心からほど近く、週末旅行に最適な観光地だった!

旅行自体はとても充実していて、束の間の非日常を味わえたことで満足しているのですが、実は旅行後にとある症状に苦しんでいました。

具体的には、旅行から帰宅した当日の夜から以下のような状態です。

  • 脚が全体的にパンパンに腫れ上がる
  • 足首の太さが1.5倍になる
  • 膝裏に痛みを感じる
  • 歩き方に違和感を覚え、歩きづらい

この状態が帰宅当日から起算して3日間続きました。4日目となる昨日に快復傾向を確認し、5日目となる本日になってようやくほぼ完治した流れです。

ホットヨガを始める前は根っからの冷え性でむくみやすい体質でしたが、ここまで危機感を覚えるほどのむくみは初めてだったので、焦りました。医師へ相談できるポータルサイトを通じ、前後の状況や細かな症状を伝えていくにつれ、最終的にとある可能性に行き着きました。

その原因は、思いも寄らぬものでした。

高速バスに潜むエコノミークラス症候群のリスク

私の下肢に見られる強いむくみの原因は、片道4時間(往復8時間)にわたる高速バスによる長距離移動でした。

長時間にわたり同じ姿勢で座っていることで起こる「エコノミークラス症候群」です。

エコノミークラス症候群のリスクは飛行機に限らない

エコノミークラス症候群というと、思い浮かぶのが飛行機ですよね。この名称にもあるとおり、多くは飛行機のエコノミークラスに長時間乗っている人が発症しやすい病気だと浸透しています。

ただしエコノミークラス症候群の根本的な原因は「長時間座ったままの姿勢でいること」にあります。この条件に照らし合わせれば、何も飛行機に限らず、その他の状況にも該当するケースがあることがわかりますね。

フライト以外では、具体的に以下のようなケースで発症例があるようです。

  • 長距離バス(夜行バス・高速バス)
  • 長距離フェリー
  • 長時間の車の運転
  • 観劇・映画鑑賞
  • 長時間の会議
  • 長時間のデスクワーク
  • 災害等による避難生活

血液の巡りの悪化による深部静脈血栓症の危険性

エコノミークラス症候群では、長時間同じ姿勢でいることにより脚の血管が圧迫され、血液の巡りが悪くなることで血栓(血のかたまり)ができます。この状態を「深部静脈血栓症」といいます。

深部静脈血栓症と一口にいっても、その程度には段階があります。初期に自覚できる症状としては、脚のむくみ痺れひざ裏やふくらはぎの腫れ脚の変色鈍い痛みがあります。

少し重い症状になると、下肢全体に強い痛みやむくみが見られるようになります。ここまでくると血栓が成長してきて、大腿部や骨盤内部、深部静脈まで塞いでしまっている可能性があります。私の場合、この中程度の症状まで発展していたかもしれません。

発症するタイミングは個人差あり

エコノミークラス症候群は、多くが乗車中・降車後に発症しますが、旅行から1週間程度経過してから発症するケースもあるようです。

時間が経過してから発症する場合は症状が重くなることがあります。脚の腫れや痛みを感じた場合は、早期に血管外科循環器科内科を受診することをおすすめします。

最悪の場合、死に至るリスクも…!

私の抱く一般的なエコノミークラス症候群のイメージとしては、危険であることに変わりはないにしても、命にかかわる問題とは別物と感じていました。

ところが、その先入観は大きな誤りだったことがわかります。

前述の「深部静脈血栓症」がさらに進行すると、血管壁からはがれた血栓が大静脈を上行して、肺の血管を詰まらせてしまいます。これを「肺動脈血栓塞栓症」といい、胸が痛くなる・心拍数が上がるといった自覚症状があらわれます。

さらに悪化すると失神呼吸困難に陥る危険性もあり、最悪の場合は死に至ります。

エコノミークラス症候群になりやすい人の特徴

エコノミークラス症候群を発症する人には、傾向があります。厚生労働省の発表によると、以下に当てはまる人には特に注意が必要とのこと。おもに血栓ができやすい人が該当するようです。

中には薬を服用中であったり、体調によって発症する確率が上昇するケースもあるため、「今まで発症していないから」といった理由で過信するのは大変危険です。

  • 高齢者
  • 下肢静脈瘤のある人
  • 下肢の手術を受けた人
  • 骨折等のけがをしている人
  • 悪性腫瘍(がん)を患っている人
  • 過去に深部静脈血栓症、心筋梗塞、脳梗塞等を起こした事がある人
  • 肥満気味の人
  • 経口避妊薬(ピル)を使用中の人
  • 妊娠中または出産直後の人
  • 生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症等)を患っている人

今回の私のケースでは…?

なお、私はこれまで数回にわたり高速バスで長距離移動の経験があるほか、長距離フライトにおいても一度もこのような症状を発症した例はありません。

では、今回に限り前述の注意点に当てはまるケースがあったのか、という観点から確認してみると、ひとつ思い当たる要素があることに気が付きました。

経口避妊薬(ピル)を使用中の人

実をいうと私は、7、8年間にわたり月経不順改善のためピルを服用し続けていました。昨年末から妊活を開始したことにより服用をやめ、1年弱経過していたところ、今回の周期で治療の一環として再度、ピルを処方されていました。

そしてそのピルは、私がこれまで服用していたものより強い薬でした。

  • 昨年末まで服用していた経口避妊薬(ピル)=トリキュラー28低用量
  • 旅行の数日前から初めて服用した経口避妊薬(ピル)=ソフィアA中用量

ソフィアAは血栓症を引き起こす可能性がある

念のため、中用量ピルのソフィアAの副作用を確認したところ、以下を確認できました。

なお、ソフィアAの副作用は他にもありますが、エコノミークラス症候群に通じると思われるもののみ抽出しています。

  • 血栓症
  • 四肢血栓症
  • 肺血栓症
  • 心血栓症
  • 脳血栓症
  • 網膜血栓症
  • 下肢の急激な疼痛
  • 下肢の急激な腫脹
  • 四肢脱力
  • 四肢麻痺
  • 血管浮腫

Wikipediaにおいても、経口避妊薬(ピル)による副作用について以下の記述が確認できました。

主要な副作用として血栓症が挙げられる。ピルは血栓が起こるリスクを3 – 5倍引き上げるとされ、イギリスで10年間に104人が血栓症で死亡したと公表されてされており、スウェーデンやニュージーランドでも集団訴訟が起こされている。

引用:Wikipedia「経口避妊薬

長年にわたって服用していた低用量ピルでは弊害がなかったものの、含有ホルモン量がその10倍にもなる中用量ピルとあっては、影響が出てしまったというのもわからない話ではありません。

高速バスでエコノミークラス症候群を防ぐための対策

高速バスでエコノミークラス症候群を発症するとは思っていない人が大半でしょう。

しかしながら、今回で高速バスも例外ではないとわかった以上、今後は再発の対策を講じる必要があります。

常温の水でこまめな水分補給をする

バスの中は、空調などにより乾燥した環境になっています。この乾燥がエコノミークラス症候群には大敵で、血液の粘度が増すことにより血栓が起こりやすくなるのだとか。

そのため乾燥を防ぎ、血液の流れをよくするためのこまめな水分補給は非常に大切。このときアルコールやカフェイン入りの飲みものは利尿作用がはたらき、脱水症状に繋がるため、常温のミネラルウォーターやノンカフェインのお茶などがベターです。

1時間に1度はトイレへ行く

長時間同じ姿勢でいることが問題なので、定期的に席を離れる状況を作るのがベストです。

とはいってもバスの中をウロウロするのはマナー違反なので、できれば1時間に1度はトイレに席を立つといいでしょう。

座席が満席で頻繁に席を立つのが憚られる場合は、後述の方法が候補に挙がります。

脚の運動をおこなう

席を立たなくてもできる予防策として、脚の運動があります。

  • 脚や足の指をこまめに動かす
  • かかとの上下運動をおこなう
  • 足首を回す
  • ふくらはぎをマッサージする

思えば私は、帰りのバスの車内では大半の時間を眠っていたんです。同じ姿勢のまま、ピクリとも動かない状況が3時間以上続いていた可能性があるんですよね…。

あのとき、こまめに動くよう気をつけていたら防げたことだったのかもしれません。

体を締め付けない服装にする

ジーンズや、ウェストが締まった服を着たまま着席すると血行が悪くなるものです。

できれば高速バスの乗車中だけでも、下半身を締め付けないワンピースやウェストの締め付けを調整できるスカートなどを着用するといいです。下着も締め付けがきついものは避け、ベルトは緩めるようにしましょう。

むくみ対策グッズを持ち込む

むくみ対策として、以下のアイテムを持ち込むと移動時間を快適に過ごすことができます。

  • 携帯スリッパやサンダル
  • 着圧ソックス
  • マッサージローラー

着圧ソックスは、「キツいな」と思ったらすぐに脱ぎやすいひざ下までのものがベター。色はブラックなら、外で履いても目立たないのでおすすめです。

休憩時間に体操をする

高速バスの場合、2~3時間置きにサービスエリアでの休憩時間が設けられていますよね。

休憩時間はエコノミークラス症候群を予防するための最大のチャンス。必ずバスから出て外の空気を吸い、大きく体を動かしてリラックスしましょう。血流が巡り、血栓症の防止に効果大です。

おわりに

危機感を感じるほどのむくみって、味わったことがありますか?「何かの病気なんじゃないか」と疑うくらい、不安になりましたね…。

たまたま休日で病院が開いていないタイミングだったのもあり、夫はネットで一生懸命検索してくれたり、実家の家族は医師へ相談してくれたり、私は私であらゆる可能性を模索したりと大変でした。

原因がハッキリして、症状が快復した今となっては冷静に振り返ることができますが、一歩間違えば危ない状況になっていたかもしれない…と思うと震えます。

エコノミークラス症候群は、誰しも起こり得るリスクだと感じます。

決して過信せず、旅行時には特に注意して対策を取るようにしてください。またデスクワークが続く会社員や、長距離移動を生業としている運転手など、日頃から意識して体を動かすようにしたほうがいいですね…。

最後に、本件で心配してくださった方、相談に乗ってくださった方に感謝の気持ちを込め、この記事にてお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

クリックで応援

人気ブログランキング

ウインナーを食べて死にそうになった私の語る食品添加物の危険性と対策 彼女の寝相が悪いのはなぜなのか?睡眠中に体を動かすメカニズムへ迫る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください