Check ! アラサー女子流お小遣い稼ぎの方法

都内在住夫婦2人世帯の生活費の実態は?家計を徹底的に見直してみた

こんにちは。うい(@uiuiuipot108081)です!

家計の管理の仕方って、世帯によりさまざまですよね。お財布を完全にひとまとめにしている世帯もあれば、個々で管理しつつ生活費のみ一元管理している世帯もあるでしょう。

うちの世帯は後者に近いです。毎月定額を共通口座に入金し、その中でやりくりするタイプ。共通クレジットカードもあるので、家計へ計上したい買い物は共通カード決済に統一しています。

とはいっても、夫婦それぞれの個人資産もオープンにはなっています。ですので世帯資産は常にリアルタイムで把握していますが、お互いに個々の資産へは干渉しないことが暗黙のルール。税理士の夫とFPの私として、これが性に合っている感じです。

家計のムダを見える化するため、Let’s家計診断!

これまでは私もフルタイムで働いていたのでダブルインカムでしたが、今年度から私がフリーになり、夫の扶養内で働くようになりました。これにより1人分の収入がごっそり減った以上、どうしても貯蓄に回せる額は目減りします。

ありがたいことに夫の事業が好調なので、夫のお給料で私の分のマイナスを補填できている部分もありますが、それでも共働き時代に比べると物足りないのは事実。

これから子どもを持てば養育費や、近い将来にマイホーム購入も予定していることから、大きな出費に備えるためにも貯蓄はあるに越したことはありません。ムダをできるだけ省いて、現状でムリのない予算を組み直すためにも、一度すべてを洗い出してみようと思います。

都内在住2人世帯の毎月の平均生活費と内訳

住居費や食費など毎月あまり変動のない支出もあれば、2~3カ月ごとにある旅行や大きな買い物などで月ごとに大きく変動する支出もあります。

そこで、今回は2018年2月~9月の8カ月間にわたった費用を平均化してみました。

住宅関連費

  • 賃貸マンション家賃 17万5,000円(管理費含)

遠くない将来、夫の実家である横浜に戻って家を建てる計画がある以上、今の住まいは賃貸にしています。ただうちの居住区は都内でもかなり人気の高い城南エリアなので、家賃が高い…!

この額を毎月掛け捨てで支払っていると思うと白目剥きそうですが、夫の通勤の利便性を重要視しているので、目をつむるしかありませんね。環境自体はすごく住みやすく、治安もかなりいいので気に入ってます。

住宅関連費の予算

家賃は毎月定額なので、引き続き予算は「17万5,000円」に設定です。

水道・光熱費

  • 上下水道代 4,000円
  • 電気・ガス代 8,300円

水道代は2カ月ごとに、上下水道まとめて請求されます。1回の請求額がおおむね7,000円~9,000円でしたので、ならして4,000円/月でした。

電気・ガス代については東京電力耳よりセットでまとめて契約。別々で契約していた頃に比べて、年間1万円弱は得しています
参考 電気+ガス 耳よりセット東京電力エナジーパートナー

冬場は1万円超え、夏場は6~7,000円台と開きがありますが、ならして8,000円強/月ならまあ、許容範囲なのかな…?

水道・光熱費の予算

現状で1万2,300円ですので、予算額を「1万3,000円」へ再設定して様子を見てみます!

通信費

  • プロバイダ(固定回線)費 4,800円

うちは携帯電話代がちょっと特殊で、夫は会社の経費、私は自分の事業経費で計上しているため、家計費に組み入れていません。そのため家計という枠組みでいうと、通信費は自宅用インターネット代のみになります。

自宅用インターネットは、私がスマホのソフトバンクユーザーなので、それに合わせて独身時代から愛用しているソフトバンク光に契約しています。スマホ代が安くなる「おうち割」が地味に大きいし、回線スピードも速くてお気に入りです。

IPv6高速ハイブリッド通信でさらに速く

今なら33,000円キャッシュバック中!

通信費の予算

プロバイダ費は毎月定額なので、予算は変わらず「4,800円」でいきます。

食費

  • 食費 3万700円
  • 外食費 1万600円

うちは宅配システム「コープデリ」愛用です。ペットボトルのお茶を箱買いしたり、かさばるティッシュ類などに便利。食材はスーパーに比べると相場が割高ですが、そのぶん安心感が違いますし、物によってはお買い得だったりもします。

コープの食費と、近所のスーパーの買い物もあわせると食費は3万円強といったところでした。

外食費も1,000円ちょっと~2万3,000円と変動が大きいですが、ならすと1万円強/月でした。たまに夫がポケットマネーでご馳走してくれるんですが、その額は含めていません。

便利な生協の宅配サービス

毎週約1,800品目掲載のカタログから選び放題!

食費の予算

現状の支出額にならって、「4万2,000円」で設定してみます。

日用品費

  • 日用品費 8,400円

日用品は前述のコープデリと、近所のドラッグストアで調達しています。

月により5,000円~1万2,000円と変動がありますが、おおむね1万円以内で収まりそうです。

日用品費の予算

日用品の予算は「1万円」で継続します。

趣味・娯楽費

  • 趣味・娯楽費 2万8,600円

趣味・娯楽費はかなり変動が大きい項目です。旅費はここに含めるので、旅行に行くと跳ね上がる傾向があります。

例えば今年の2月に、夏の北海道旅行のフライトや宿泊費を支払ったため13万円以上の出費がありましたが、3~4月は支出0円となっています。

北海道ほどの遠出は滅多にしない(夫がフライト恐怖症)ので、2月の出費を除外して再計算してみると平均1万4,000円でした。この辺りが現実的な数字かなー、と思います。

趣味・娯楽費の予算

ワンシーズンごとの国内旅行や、遠出のデート代を考えて予算「1万5,000円」にしてみます。

教養・教育費

  • 新聞購読料 4,200円

うちは日本経済新聞の電子版(日経オンライン)に登録しています。夫は仕事上、経済の動きを把握しておきたいのと、私は株式投資の情報収集のためです。

参考 ご購読の申し込み日本経済新聞

本来は1つのアカウントで2箇所からアクセス不可なんですが、媒体が異なれば同時閲覧が可能なので、夫名義で契約して夫はスマホから、私はPCからアクセスするよう統一して利用してます。

教養・教育費の予算

家計として計上するのは日経オンライン代のみなので、「4,200円」据え置きです。

交通費

  • 電車・バス代 5,800円

2人で近場に出かけるときは個々の交通系電子マネーで決済しちゃってますが、例えば私の地元へ2人で帰省する時などは、共通クレジットカードで2人分まとめて購入しています。

2~3カ月に1回は帰省するので、ならして6,000円弱/月でした。

交通費の予算

現状を鑑みて、「6,000円」で設定して様子を見てみようと思います。

交際費

  • 交際費 2万2,000円

交際費も変動が激しい項目です。旅行のたび親戚に配るお土産、帰省や義実家往訪時の手土産といった支出に加え、この8カ月間には以下の出来事がありましたので、それに伴う出費もここに計上しています。

  • 親戚の訃報
  • 親戚の結婚式
  • 親戚の出産

交際費の予算

こればかりは予想がつかないので、予算を組めないんですよね…。特にイベントがなければ5,000円内で十分におさまりますので、日常的な予算として「5,000円」にしておきます。

医療費

  • 医療費 2万1,900円

もともと医療費は家計費に組み入れていない項目でした。ただ今年の夏以降からクリニックによる妊活指導を受け始めたことで、その治療にあたる支出を計上するようにしました。

そのため8月以降の支出の平均になりますが、現状では2万円超といったところ。これからさらなる支出が予想されますが、あまり費用がかさまないうちに卒業できるとありがたいですね~。

ちなみに東京都による一般不妊治療助成金制度を利用予定なので、5万円までは助成されます。

参考 不妊検査等助成事業の概要東京都福祉保健局

医療費の予算

今後どれくらいかかるか未知数なんですが、当面は「2万円」くらいにしておこうかな…。

特別な支出

  • 家具・家電代 1万2,200円
  • その他 5,300円

あまり多くない頻度で発生する特別な支出です。今年の6月に引越したタイミングで新しい家具が多少増えたくらいで、他は使っている家具・家電が壊れたりしない限り、あまり支出する機会はないかなー、と。

その他は、引越費用を8カ月でならした結果です。

特別な支出の予算

特別な支出に予算を組むというのもおかしな話ですので、この項目は「0円」でいきます。

投資

  • つみたてNISA 30,000円

支出に計上するのはおかしいですが、毎月の家計費の中からつみたてているのでここに載せました。

私は個人口座でもつみたてNISAへ投資していますが、ムリなく継続できて着実に資産形成できる投資方法のひとつだと思いましたので、夫へ提案して夫婦共通の証券口座を開設しました。

参考 つみたてNISA楽天証券

個人口座の方はリターン重視でアクティブファンドを多く組み入れていますが、共通口座は元本割れのリスクを減らすため、インデックスファンド重視でPFを組んでいます。運用成績はまた別の機会に…。

投資の予算

共通口座のつみたてNISAの毎月拠出額は「30,000円」に設定しています。

都内在住2人世帯の毎月の生活費の予算設定

現状を見直したうえで改めて設定した予算を並べると、以下のとおりになりました。

  • 住宅関連費 17万5,000円
  • 水道・光熱費 1万3,000円
  • 通信費 4,800円
  • 食費 4万2,000円
  • 日用品費 1万円
  • 趣味・娯楽費 1万5,000円
  • 教養・教育費 4,200円
  • 交通費 6,000円
  • 交際費 5,000円
  • 医療費 2万円
  • 投資 3万円

計32万5,000円/月】です。家賃は夫の給与天引きなので、家賃以外を【15万円/月におさめられると理想ですね!

現状の節約ポイントは、食費医療費…かなあ。食費は献立を工夫してみるのと、医療費はとにかく早く妊活脱出するのが一番の節約方法だと思ってます…ハハ…。

まあ、そうなったらそうなったで養育費にシフトするわけですけどね。

おわりに

私が普段の家計管理に取り入れているアプリは「マネーフォワード」です。

私のように「家庭」「個人」「事業」とグループ分けしているケースでも、1アカウントで一元化して管理できるのがお気に入り。グループ分け機能を導入するには月額500円のプレミアムサービス加入が必須ですが、グループ分けが不要なら無料で利用ができます。

今回の私の仕分けと同じ項目ごとに管理ができ、銀行やクレジットカード、ポイントカードや電子マネーとの連携機能で入力の手間がないのがとてもラク!もう他の家計簿には戻れません。

まずは無料でお試ししてみてはいかがでしょうか?

App Storeではじめる Google Playではじめる

クリックで応援

人気ブログランキング

【税理士監修】フリーランスの確定申告。会計freeeの項目別経費仕訳例 「レミパン」ひとつで、シチューも野菜炒めも焼き魚もぜ~んぶお任せ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください