Check ! アラサー女子流お小遣い稼ぎの方法

【南青山ル・アンジェ教会】リアル花嫁による挙式費用・内訳全公開

こんにちは。うい(@uiuiuipot108081)です!

表参道という都会の中心地に位置しながら、その喧騒から離れたおごそかな雰囲気をたたえる南青山ル・アンジェ教会。その洗練された外観と、どこか懐かしさを思わせるたたずまいが印象的なチャペルです。

私自身、会場探しの際にブライダルサイトで真っ先に目に飛び込んだチャペルに心奪われ、すぐに夫とブライダルフェアへ足を運びました。他にいくつか候補もありましたが、最終的に決定したのは、やはり一番手のこの教会でした。

といっても、すんなり決定したわけではありません。結婚式は不況知らずという言葉にある通り、一生に一度の機会とはいえ、挙式・披露宴費用は高額になります。気に入った会場があったからといって、すぐに即決できるものではありません。

挙式費用はフェアの見積金額から3割増しも珍しくないと聞きますし、公式による料金例はオプションなしの最低金額ですので、まったく参考にできない。

そこで私は、インターネットからいろんな会場の挙式費用を検索し、自分の状況に置き換え、比較・検討していました。その作業の中、いつも不満に感じていたことがあります。

挙式費用をリアルに公開している花嫁は、ほとんどいない」ということです。

南青山ル・アンジェ教会で挙式を検討するすべてのプレ花嫁へ

大きなホテルウェディングではいざ知らず、私は式場・ゲストハウスを希望していましたから、そもそもホテルとは過去の挙式の母数が違います。わずかに公開されているリアルな挙式費用も、私とは規模や演出が大きく異なっていたりで、ほとんど参考になりませんでした。

そんな中、心に決めていたことがあります。私が結婚式を済ませたら、私自身で、あのときまさに欲していた情報を発信しようと。あのすばらしい挙式会場で、結婚式を検討しているプレ花嫁の背中を後押しするために

招待人数も、南青山ル・アンジェ教会でもっともポピュラーな規模ですので、きっと参考になるはずです。

私の挙式・披露宴の規模とステータス

私たちは、比較的少人数でアットホームな式となりました。挙式・披露宴会場ともにホテルと比較するとどうしてもスペースがないので、招待人数は多くても70人弱が限界な気がしました。

披露宴会場名:リヴァ デリ エトゥルスキ
結婚式日時:2017年夏
挙式スタイル:教会式
列席者:親族26名/友人・知人26名

南青山ル・アンジェ教会の挙式・披露宴費用

各項目ごとに内訳も記載済みです。また、自分で用意したアイテムがある場合は紹介しています。節約ワンポイントアドバイスもありますので、ぜひ参考にしてください。

なお特定を防ぐため、金額の端数等を全体に影響のない程度に調整してあります。

基本パッケージプラン 80万円

南青山ル・アンジェ教会で挙式するうえの基本プランです。シーズンにより金額が異なります。

私の適用プランには以下の項目がパックされ、キャンペーン値引きされています。

  • 挙式料 210,000円
  • ウェディングドレス支度料 65,000円
  • 挙式用ヘアメイクリハーサル 10,000円
  • キャンドル装飾 21,000円
  • 挙式用ブーケ・ブートニア 43,000円
  • アルバム 150,000円(上限)
  • VTR 70,000円(上限)
  • 新郎コスチューム 130,000円(上限)
  • 新婦コスチューム 270,000円(上限)

ここがポイント
上限が設けられている4つの項目に関しては、ほぼはみ出ると思ったほうがいいです。

会場・進行 12万円

  • 会場使用料 54,000円(値引き270,000円適用)
  • 司会 66,000円

ここがポイント
会場使用料は通常324,000円かかりますが、キャンペーン適用で値引きがありました。

音響・演出 10万円

  • 披露宴音響・照明 65,000円
  • プロジェクター 35,000円

ここがポイント
音響・演出費用は定価です。オプション等はありません。

自分で用意したもの
  • ウェルカムボード
  • 贈呈用ギフト(2個)
  • 披露宴ゲーム景品(2個)

ヘアメイク 3万2,000円

  • カラードレスチェンジ支度代 0円(コスチュームプランに含む)
  • 二次会用ドレスチェンジ支度代 5,000円
  • ボディメイク 3,000円
  • 新郎メイク 3,000円
  • 新郎ヘアセット 4,000円
  • 列席者留袖着付け 8,000円
  • 列席者ヘアセット(ブロー) 4,000円
  • 列席者フルメイク 5,000円

ここがポイント
ドレスから出るデコルテや腕にラメを塗るのがボディメイクです。写真映りもよくなるので追加がおすすめ。
新郎メイクはファンデを塗るだけですが、プロに任せたほうが安心。顔色がよくなるので入れたほうがいいです。

自分で用意したもの
  • ブライダルエステ
  • ブライダルネイル

フラワー 30万8,000円

  • 披露宴会場装花 200,000円
  • カラードレス用ブーケ 0円(コスチュームプランに含む)
  • トスブーケ 5,000円
  • フラワーシャワー(6セット) 30,000円
  • ウェディングドレス用ヘアオーナメント 5,000円
  • カラードレス用ヘアオーナメント 8,000円
  • 贈呈用花束(2個) 20,000円
  • アフターブーケ 40,000円

ここがポイント
ヘアオーナメントは花材の物量によって金額が変わります。私はカラードレスのほうが全体に花を散りばめたので、少々割高に。
アフターブーケは、挙式用かカラードレス用かいずれかのブーケを選んで預ければ、数カ月後に押し花にした額で届くサービス
お花はそのままだと枯れてしまうから、押し花にすれば半永久的に楽しめるのでおすすめ。複数プラン有り。

コスチューム 62万円

  • ウェディングドレス超過分 40,000円
  • ベール(販売) 30,000円
  • 新婦靴 3,000円
  • カラードレスチェンジプラン 200,000円
  • カラードレス超過分 150,000円
  • 新婦アクセサリーセット 5,000円
  • 新婦手袋 3,000円
  • 新郎チェンジベスト 10,000円
  • フロックコート超過分 30,000円
  • 新郎ネクタイ/チーフ 5,000円
  • 新郎靴 3,000円
  • 列席者モーニング 50,000円
  • 列席者靴 3,000円
  • 列席者チーフ/手袋(販売) 1,000円
  • 列席者ハンカチ(販売) 1,000円
  • 列席者靴下(販売) 1,000円
  • ドレス二次会使用料 60,000円
  • フロックコート二次会使用料 30,000円

ここがポイント
新婦のドレス代が高くついたので、新郎のお色直しはベストのみという結果に(笑)
ただベストの色味をガラッと変えるだけで印象も様変わりするので、節約ポイントにおすすめ。
なお、二次会にドレスを着て行く場合は別途で貸出料が発生します。

自分で用意したもの
  • ブライダルインナー
  • ブライダルハンカチ
  • 前撮り用肌襦袢
  • 前撮り用白足袋

フォト・ムービー 16万円

  • アルバム超過分 50,000円
  • 生い立ちVTR 0円(基本パッケージプラン充当)
  • エンディングムービー超過分 100,000円
  • テロップ追加 10,000円

ここがポイント
フォトアルバム、エンディングムービーともにプラン内ではいいものがないため、超過は必至。
エンディングムービーは挙式部分のみを選択したため、費用も抑えられ、披露宴のお開きにムービーを流せたのでいい演出になります。

自分で用意したもの
  • 前撮り

ペーパーアイテム 3万円

  • 招待状(38通) 30,000円

ここがポイント
招待状は自分でインターネットで探すほうが安く済みます
私は挙式会場との提携システムが気に入り選択しましたが、特にこだわる必要はなかったかなと。

自分で用意したもの
  • メニュー・席次表
  • 席札
  • 切手

ギフト 20万5,000円

  • 引き出物 180,000円
  • 引き菓子 35,000円

ここがポイント
引き出物も自分でインターネットで探すほうが安上がりです。
ただ列席者によって細かく指定するとなるとなかなか手間がかかるため、こちらが指定した後はすべてお任せできる挙式会場提携のカタログから選択したほうが、時間が取られず助かりました。

自分で用意したもの
  • プチギフト

飲食 82万5,000円

  • 料理プラン13,000円コース 450,000円(1人当5,000円値引き適用)
  • お子様プラン4,000円コース 13,000円
  • 飲み物5,500円コース 300,000円
  • 未成年ドリンク 3,000円
  • ウェディングケーキ 45,000円
  • ケーキアップグレード 14,000円

ここがポイント
ウェディングケーキは通常四角一段です。私は丸二段にしたので、追加料金が発生しました。
肉料理は牛でなくて仔羊がおすすめ。したがってAコースがもっとも安価でおいしく、コスパ高いです。

南青山ル・アンジェ教会の挙式費用合計は【320万円】

私が南青山ル・アンジェ教会で挙式した際にかかった費用は、全部で320万円となりました。

  1. 基本パッケージプラン 80万円
  2. 会場・進行 12万円
  3. 音響・演出 10万円
  4. ヘアメイク 3万2,000円
  5. フラワー 30万8,000円
  6. コスチューム 62万円
  7. フォト・ムービー 16万円
  8. ペーパーアイテム 3万円
  9. ギフト 20万5,000円
  10. 飲食 82万5,000円

ブライダルフェアへ行った際に提示された一番初期の見積金額が320万円でしたので、見事、見積のとおりおさまったことになります。その金額をひとつの目安としていましたので、安心しました。

でも、初期の見積に比べて内訳はだいぶ様変わりしましたから、自分でたびたび金額をチェックしながら、帳尻合わせしていくのがおすすめです。プランナーに言われるがままオプションを追加していたら、お金がいくらあっても足りませんからね。

支払額に見合う満足度を得られた南青山ル・アンジェ教会。まずはぜひ、ブライダルフェアで体験してみましょう!

試食、ドレス試着、挙式体験…

ゼクシィなら、デート感覚で楽しめる!

クリックで応援

人気ブログランキング

どう違う?南青山のサンタキアラ教会とル・アンジェ教会を徹底比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください