カテゴリ一覧から記事を探してみよう

【KFC ザ・ダブル】女子たちよ、今こそ欲望のまま肉汁に溺れろ

こんにちは。うい(@uiuiuipot108081)です!

ケンタッキーがとうとう血迷ったらしい

ある日、こんなことを口にしながら夫が持ってきたチラシを見やると、まさに迷走しているとしか思えない商品が目に飛び込んできました。

何これ(笑)お肉で具材を挟んだバーガー…その名も、「ザ・ダブル」?

その強烈な見た目に、一瞬にして心奪われた罪深き私たち。このたび満を持して、ザ・ダブルと邂逅を果たしてきましたので、その戦いの記録を後世に残すべく、筆をとることとします。

注意
ケンタッキー・フライド・チキンの展開するメニュー「ザ・ダブル」は数量限定の商品です。好評により、2018年中に販売を終了したことがわかっています。
再販を期待しましょう!

待て!「ザ・ダブル」に予備知識なしで挑むのは危険だ

さて、ザ・ダブルを食す前に、まずは軽く事前情報をおさらいしておきましょう。

2012年の「チキンフィレダブル」を踏襲している

ケンタッキーフライドチキンから2018年11月1日から発売された新商品、「ザ・ダブル」。

実はこのザ・ダブル、初の試みではないのだとか。2012年に「チキンフィレダブル」という名称で発売され、世の肉好きを虜にした過去があるようです。

どのようにして販売中止になったのかは定かでありませんが、その後6年の時を経て「ザ・ダブル」と名を変え、再び販売される運びとなりました。

変わったのは名前だけではなく、中身もだいぶ改良を重ねた様子。かつてチキンフィレダブルに魅せられた人も、初めて味わう人にとっても新鮮な気持ちで楽しめそう。

2018年も終りを迎えようとしている中、KFCはチャレンジ精神を絶やしません。肉で攻めます!

バンズが肉!肉!!そして肉!!!

ザ・ダブルの最大の特徴は、バンズ代わりに肉で具材を挟むという点。肝心の肉は、KFCの代名詞であるオリジナルチキンです。骨はなく、すべて食べられる仕様になっています。

チキンを2枚惜しみなく使い、具材としてベーコンが挟まっています。つまり肉(上)、肉(中)、肉(下)。肉の三重奏!

つまり全体としては、以下のとおり構成されています。

  • チキン(上)
  • マスタードソース
  • ベーコン
  • チェダーチーズ
  • バーベキューソース
  • チキン(下)

お得なセット商品も発売中だ

ザ・ダブルの単品価格は520円。通常メニューのチキンフィレサンドが390円ですから、少しだけ高めです。

もちろん、お得なセットメニューの用意もあります。ランチやディナーなど、どんなシーンにも対応できそうなラインナップですね。

  • ザ・ダブルセットA(+ドリンクM、サラダS) 770円
  • ザ・ダブルセットB(+ドリンクM、ポテトS) 800円
MEMO
女性が気になるカロリーはチキンフィレサンドが411kcalに対し、ザ・ダブルが529kcalでした。

詳しくチェック

双璧の肉王 ザ・ダブル

ついてこい。「ザ・ダブル」との戦い方を見せてやる

ザ・ダブル」がどういったバーガーなのか、ざっくり把握できたところでいざ!実食とまいりましょう。

夫とふたり並んでKFCへ向かいましたが、店前に大々的な広告のようなものは確認できませんでした。あまり大っぴらには、宣伝していないのでしょうか?

戦いの前は精神を集中させるんだ

ザ・ダブルセットB×2

今回、私たちはザ・ダブルセットB(+ドリンクM、ポテトS)を注文しました。2人合わせて1,600円です。ランチにしてはまあ、割安に済みますね。

あまりKFCに来る機会がなく、初めて食べましたがこの「カーネリングポテト」すごくおいしいんですね!

ポテトが丸ごと揚げてあり、サクサクとした食感が楽しめます。カロリーは…と、73kcal?ザ・ダブルが529kcalだから、えーと…すみません。算数が苦手なので次いきますね!

まずは敵をよく観察しろ

ザ・ダブルの包み紙

程よくポテトでお茶を濁したところでいざ、ザ・ダブルと対峙します。

ふむふむ…一見、ハンバーガーと比較してひと回り小さいサイズと見て取れますね。このペーパーの下に、果たしてどれ程のわがままボディーを隠しているのでしょうか?

隠されてるにも関わらず、滲み出るこの肉感(色気)…やはり、タダモノではない模様。

敵の寿命は即ち己の敗北を意味する

ザ・ダブルの包装紙の注意書き

ザ・ダブルを裏返すと、ペーパーの口に「4時間以内にお召し上がりください」とあります。

他のハンバーガーにも記載はあるのでしょうか?わかりませんが、この4時間という数字には少し首を傾げてしまいますね。品質保持のため2時間程度を推奨される食品はよくありますが、それにしては長い気が。

何にしろ、バーガーはアツアツの状態のまま食べるのが一番オイシイ。というわけで、レッツ・オープン!

見えた!今が好機!

ザ・ダブルの中身

バーガーを巻くペーパーは、肉の脂を吸い取るためでしょうか?けっこう厚めに感じます。

ガサガサと開けると、目の醒めるような鮮やかな揚げ色が目に飛び込んできます。チラシで見て知っていたにしても、いざ目の前に拡がると圧倒的な存在感です。

この小さいボディーに529kcalが詰まっていると思うと、身震いがしますね…。

くっ、これは…想像以上だ。マズいな…

ザ・ダブルを手に持った姿

手に持つと、これがずっっっしりと、重い。

具材は割と多めで、ベーコンやチェダーチーズ、小さく刻まれたピクルスが肉の合間から顔を出しています。ソースも溢れんばかりです。

イートインでしたのでまだほんのりとあたたかく、芳しい香りが食欲を誘います。

刺し違えてでも…やる!

ザ・ダブルを一口かじった図

パクッ。…!?こ、これは…!

濃いめの味つけが肉の脂と絶妙にマッチしています。甘辛のバーベキューソースがアクセントに。意外と野菜も入っているし、ベーコンも厚めで食べ応えも抜群です!

これだけジューシーなバーガーの割に、厚手のペーパーのお陰か、手もまったく汚れません。

サイズ自体は小さめなので、女子でも口を開けて頬張れるところも助かりますね!

う~ん、しかし…。このコッテリ感、中毒性があることはよくわかりますが、リピーターになろうとは正直思えませんね。すごく濃くてインパクトがあるので、日常的に食べるにはハードルが高すぎます。

ワンシーズンに1回くらいなら、あれば食べたくなると思いますが、顧客層がその頻度で食べていては存続は難しいかなと。かつて6年前に販売中止になった原因が垣間見えた気もします。

とはいえ、一度は必食の味であることに間違いありません!

さあ、次は君の番だ

史上最強の強敵でしたが、夫の協力もありながら無事に撃破することができました。

肉で肉を挟むという禁断のバーガー。こんな突拍子もないアイディアを鼻で笑うことなく、企画・開発し、立派な商品へ仕上げて世に送り出す姿勢には、甚だ感服しました。

なお、ザ・ダブルは公式に「数量限定」と記載があります。現状はレギュラーメニューとしてではなく、期間限定商品の立ち位置のようです。

いつ販売が終了するか定かではありませんので、ぜひ早めに足を運んでみてくださいね♪

注意
ケンタッキー・フライド・チキンの展開するメニュー「ザ・ダブル」は数量限定の商品です。好評により、2018年中に販売を終了したことがわかっています。
再販を期待しましょう!

クリックで応援

人気ブログランキング

【鉄板屋くびれ】カジュアルなのに本格派!恵比寿の鉄板焼レストラン 【ブラッカウズ】常識を打ち破る恵比寿の黒毛和牛ハンバーガーに挑む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です