Check ! アラサー女子流お小遣い稼ぎの方法

【ラフェクレール】ケーキや焼き菓子、パンも揃う品川のお菓子屋さん

こんにちは。うい(@uiuiuipot108081)です!

私事ですが先日、婚約2周年を迎える運びとなりました。

世の男性に告ぐ。婚約・入籍・結婚式は同日にしろ…。でないと俺のように、年に3回も祝う羽目になるぞ…

何か言った?

さて。せっかくの婚約記念日ですから、夫婦でお祝いをしたいものです。話し合いの結果、昨年の外食から趣向を変えて、今年はホームディナーで祝うことにしました。

調理の手間も省けるということで、出前のピザを取ることに。テーブルを彩るサラダやスパークリングワインに加え、忘れてはならないのが食後の「ケーキ」ですね。

しかし、うちの夫は甘いものが苦手な体質です。諦め半分で聞いてみたところ…。

記念日だし、1つなら食べるよ。ケーキも一緒に買いに行こう

と、夫の許可を得たことで、私のケーキ屋さん探しの旅が始まることになります。

品川に個人経営の有名ケーキ屋があるらしい

品川でスイーツを調達するとなると、まず浮かぶのが品川駅構内にある駅ナカショップ「エキュート品川」。ハイセンスで味も確かなスイーツが豊富にラインナップされているので、まず間違いない選択肢です。

ただ、そのときの私はひとあじ違いました。

デパ地下スイーツだと代わり映えしないなぁ…。品川に「街のケーキ屋さん」はないのかな?

街中にひっそりと構える個人経営のケーキ屋。デパートに比べてスタイリッシュさは劣るものの、素朴で、懐かしい味わいのするスイーツたち。

素材の良さを最大限に引き出す魅惑のスイーツたちこそ、まさに婚約記念日という「1年の区切り」に相応しいに違いありません。

1年に3回も区切りがあることになるんですが…

そこで調べたところ、真っ先に目へ飛び込んできたのが今回の主題「パティスリーフフ ラフェクレール」でした。

あのー。聞いてる?

ラフェクレールへ実際に行ってみた!

パティスリーフフ ラフェクレールは、京急本線「新馬場駅」から徒歩3分の立地です。品川駅から徒歩で向かうには少々遠いため、電車を利用するのがベター。

さて、私たちが店舗へ向かった時刻は、既に日も落ちた夕方です。19時閉店なので、品揃えに不安を覚えながら足を運びます。

MEMO
店内の写真はすべて、店員さんの許可を得たうえで撮影しています。

メルヘンチックな世界観がすてき♡

ラフェクレールの店頭

既にあたりは暗くなっていたので、外観を撮影するのは難しいかなと思っていたんですが…。

かわいい♡ライトアップされているのね!

店内からこぼれ出る明かりが外を照らし、その一角だけぼうっと明るく浮かび上がっていたのが印象的でした。メルヘンチックで、つい足を踏み入れたくなる外観です。

ラフェクレールの看板

外壁にある店名の象られた看板もすてき。「妖精のお菓子屋さん」とありますね。これは期待が膨らみます。

菓子パンは大人気で売り切れ続出!

木の装飾

入店してすぐ目に飛び込んでくるのが、この大きな木。幹から伸びる枝には、妖精やお菓子が飾られています。

お菓子の家

お菓子の家も飾られていました。なお、こちらは売り物ではないので注意です。

木の横には、小さなパンの売り場が確認できました。閉店1時間前のため既に大多数が売り切れていましたが、それこそ人気の証でしょう。次の機会にはぜひ購入したいものです。

菓子パンのみのラインナップですが、メロンパンやクリームパンなど豊富に取り揃えております

店員さん

品川ならではの焼き菓子は汎用性◎

焼き菓子の陳列棚

店内は意外にも奥行きがあり、広々としています。一番奥に生菓子の入ったショーケースがありますが、その手前にズラリと陳列されているのがこの焼き菓子たち。

実に種類が豊富で、ギフトに便利な箱入りから、おやつで食べたいバラ売りまで充実のラインナップ。

品川クッキーのディスプレイ

品川クッキー
価格:95円(1枚)、1,080円(10個入り)、1,590円(15個入り)
味:7種(アーモンド、マカダミア、バニラ、ごま、紅茶、抹茶、苺、ショコラ)

この品川クッキーは、しながわ観光協会により「しながわみやげ」へ認定されている商品だそう。

参考 しながわみやげしながわ観光協会

ラフェクレールには品川クッキーだけでなく、他に幾種もの「しながわみやげ」認定スイーツが軒を連ねています。品川ならではの手土産をお探しなら、まさに打ってつけのお菓子屋さんといえますね!

しあわせの輪っか

しあわせの輪っか
価格:185円(1個)、2,620円(12個入り)

いい焼き色が印象的なマドレーヌ、しあわせの輪っか。こちらもラフェクレールで不動の人気を博している商品のひとつです。

イベントの贈り物もラフェクレールで揃えよう

クリスマスの装飾

店内入って右手側には大きなツリーが飾られていました。来店時期は11月中旬。クリスマスまであと1カ月ですから、クリスマス商戦に向けて気合十分というところでしょう。

お子さまのプレゼントにおすすめなトミカだったり、ケーキに飾るロウソクなどの販売もあるようです。

クリスマスの焼き菓子

こちらのスペースには、クリスマス色でラッピングされた焼き菓子が並んでいました。

クマやキティなどのキャラクターをモチーフとしたクッキー(300円~)や焼き菓子の詰合せ(880円~)らが確認できます。友達へのちょっとしたプレゼントに喜ばれそうですね。

生菓子・ケーキはどれも美味しそう

生菓子のショーケース左
ショーケース下段

品川ポテト
価格:200円(1個)、1,100円(5個入りBOX)、2,200円(10個入りBOX)

魅惑的な商品ばかりで、店内奥のショーケースへ辿り着くのも一苦労だわ…!

やっとの思いで辿り着いた生菓子のショーケース。閉店1時間前ということもあり売り切れている商品も多数ありましたが、それでも目に鮮やかなケーキを見るだけで、自然と顔がほころんでしまいます。

ショーケース左側にはデコレーションケーキやマカロン、スイートポテトなどが並んでいました。このスイートポテトこそ、かの有名な品川ポテトです。もちろん、先の「しながわみやげ」認定済み。

生菓子のショーケース右

ショーケース上段

品川ロール
価格:1,240円(1本)、620円(ハーフ)

ものすごく「品川」推してくる…!

ショーケース右側の上段に鎮座していたのは、またも品川を冠名とする品川ロールケーキ

フルーツが練り込まれているわけではなく、シンプルな生クリームのロールケーキです。1本は大きめですが、ハーフロールは3人程度で分けるのに丁度よさそうなサイズ感でした。
ショーケース中段

ケーキ各種
ラインナップ(左から):洋梨と紅茶のタルト(390円)、ヘーゼルナッツとミルクチョコのお菓子(450円)、カフェ・オレ(460円)、クラシックショコラ(370円)

ショーケース中段にはショートケーキサイズのケーキが並んでいます。

閉店間際のためこのときは4種のみでしたが、公式ホームページには14種ものラインナップが確認できました。早い時間に訪れれば、いろんな種類から好みのケーキを選べると思います。
ショーケース下段左

ゴツゴツシュー
価格:220円

下段左のひときわ異彩を放つスイーツこそ、ゴツゴツシュー。名前に負けず劣らずインパクトのある風体をしています。大きさは男性のこぶし大くらいを想像してください。

ラフェクレールの看板商品のひとつで、このとき既に残り2つのみとなっていました。カスタードクリームの鮮度を重視していて、夏場は劣化が早いことから販売を休止するのが通例だとか。

秋に入り涼しくなった頃から、販売が再開されるのだそうです。
ショーケース下段右

品川うふ・あら・ぷりん
価格:285円

出た。注文するのが恥ずかしいやつ(笑)

品川うふ・あら・ぷりんはふるふるとやわらかい質感が特徴のプリンです。口に入れるととろんと崩れ、卵と牛乳の豊かな風味が口いっぱいに拡がります。

店員さんの心配りが超一流だった♪

ラフェクレールの印象の良さは、入店する前に実感することとなりました。

いらっしゃいませ。どうぞお入りください

店員さん

お店の前で外観を撮影していた私たちに対し、わざわざお店の扉を開けて招き入れてくれたのです。こんな待遇のあるお菓子屋さんは珍しかったので、夫とふたりで驚きました。

物珍しがって店内を散策する私たちへ嫌な顔ひとつせず、撮影にも快く応じてくださいます。

最後になってお菓子をいくつか購入し、袋を受け取ろうと手を伸ばすと…。

ご迷惑でなければ、入口までお見送りしてもよろしいでしょうか

店員さん

わざわざショーケースの奥から出てきて、お店の入り口まで案内してくださいました。決して気取った印象はなく、心づくしのあたたかいもてなしに感動しました。

味もさることながら、接客も行き届いているすばらしいパティスリーでしたね。

ラフェクレールのお菓子を食べてみた!

この日は生菓子にゴツゴツシューを、おやつに焼き菓子をいくつか購入しました。

ゴツゴツシュー

ゴツゴツシュー

冒頭に紹介したとおり、婚約記念日ホームディナーのデザートとして登場した「ゴツゴツシュー」。

目の前にすると改めて実感しますが、予想以上に大きい。食事でお腹も膨れていた私には、なかなか重いと覚悟したのですが…。

ん?意外とあっさりしてて、食べやすい…!

決して甘ったるくなく、濃厚なのに舌触りがなめらかなカスタードクリームが後を引きます。シュー生地は「ゴツゴツ」した見た目に反して、意外にもやわらかい。フォークで切り分けながら食べるにも問題ありません。

ふー。うまかった!

えっ、もう食べ終わったの?

甘いものが苦手な夫があっという間にたいらげたことが、何よりの証明です。

焼き菓子

焼き菓子

購入した焼き菓子の内訳は以下のとおりです。

  • ゴツゴツシューラスク
  • しあわせの輪っか
  • 品くまくんマドレーヌ
  • 品川クッキー(バニラ・マカダミア)

ゴツゴツシューラスクは、先のゴツゴツシューの生地の余った部分を再利用してつくられた焼き菓子。サクサクとした程よい甘みのおやつです。

しあわせの輪っかはふんわりとした食感の、やさしい味わいのマドレーヌ。一方の品くまくんマドレーヌは、頭と足どちらから食べても良心の痛むかわいいおやつでした。

品川クッキーはサクホロで本当においしい。甘みが強く、香り豊かなクッキーです。贈答品としても遜色ありません。

「ラフェクレール」の場所・アクセス・営業時間

ラフェクレールの詳しい店舗情報はこちらです。

パティスリーフフ ラフェクレール
住所:東京都品川区南品川1-8-11 北浜ビル1F
営業時間:10:00~19:00 ※水曜定休
アクセス:京急本線 新馬場駅から徒歩3分
公式ホームページ:http://www.la-fee-claire.com/

おわりに

「妖精のお菓子屋さん」という名に恥じないメルヘンな世界観と、それにマッチした豊富なお菓子のラインナップが特徴のラフェクレール

記念日のスイーツにも、日常のおやつにも。いろんなシーンで使いたい、幸せいっぱいのお菓子屋さんでした。

改めまして、3周年目もよろしくね♡
もうソファでお腹出して寝てるよ…

アリー

クリックで応援

人気ブログランキング

【ティー・ワイ・ハーバー】NY気分を味わえる品川のランドマークレストラン 定番はもう卒業。わかる女が選ぶ至極の手土産をシーン別に紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください