女性総合メディア「UIPOT. tokyo」リニューアル!

ホットヨガスタジオLAVAのインストラクターがまた異動?その理由は?

こんにちは。うい(@uiuiuipot108081)です!

ホットヨガスタジオLAVAに通っていると、頻繁に遭遇するインストラクターの異動

会員サイトでのレッスン予約をインストラクターによる絞り込みができることなどから、お目当てのインストラクターを求めてレッスンに通う会員も少なくないはずですよね。

それに反して店舗へ定着する間もなく、次々と姿を消していくインストラクターたち…。

インストラクターごとにレッスンの進め方強度に違いがあるため、誰しも必ず好みのインストラクターが存在します。そんな貴重な存在が頻繁に入れ替わっていては、信用問題に発展しかねません。

一体、LAVAのインストラクターの顔ぶれが頻繁に入れ替わる理由は何にあるのでしょうか?

LAVAのインストラクターの入れ替わりに関するウワサ

そもそも「LAVAのインストラクターの入れ替わりが激しい」というのは、全国的にみられる現象なのでしょうか?

たまたま私の通っている店舗でのみ頻繁に入れ替わっているのなら、LAVAというより店舗自体の問題が疑われます。そこで、LAVAのインストラクターの入れ替わりについて、全国のLAVA会員の声を集めてみました。

「優れたインストラクターが頻繁に異動してしまう…」

優れたインストラクターが異動になっては、代わりに入ってきた方が新米ばかりでレッスン内容が物足りない。
LAVAは店舗数を拡大してるし、優秀な人材は優先的に新店舗へ回されてしまうのかもしれないけど、既存顧客への思いやりに欠けると思う。

「仲の良かったインストラクターがいなくなって寂しい」

仲が良くて、会うことを目的にしていたインストラクターさんの顔を急に見かけなくなった。おかしいと思い店舗へ聞くと「突然の異動」と…。
もっと前に決まっていたことのなのかもしれないけど、それなら一言あって然るべき。LAVAへの信用もなくなって、最近はつい足が遠のいてしまいます。

頻繁な入れ替わりはLAVAの体制によるもの?

このように、私以外にも「LAVAのインストラクターの入れ替わりが激しい」と不満に感じている人は多いことがわかります。

一会員としてはLAVAの運営会社の内情まで推し量ることは難しいぶん、良からぬイメージさえ抱きかねません。今後も気持ちよくホットヨガを続けるためにも、この疑問を明らかにすべく手を打つことにしました。

とはいえ、店舗のスタッフに面と向かって聞くのははばかられます。そこで、LAVA公式のお問合せフォームから連絡をしてみました。

以下がそのときの問いと、公式からの回答文の一部抜粋です。

Q「顔を見かけなくなったスタッフの行方は?異動が多い社風?」

いつも楽しく受講しております。
早速ですが、昨年末あたりから体感として、通っている店舗のインストラクターさんが入れ替わっていく頻度が高いように感じます。
気に入ってたびたび受講していたインストラクターさんが気づくといなくなっていることが続き、寂しい思いです。
中には異動する旨を公表してからいなくなる方もいますが、私のタイミングが悪いのか突然見かけなくなるケースも多いです。

 

そこで質問です。御社の方針として、頻繁に異動する社風なのでしょうか?彼女たちが店舗を離れる理由は何にあるのでしょうか。突っ込んだ話で恐縮ですが、差支えない範囲でご教示いただけますと幸いです。

A「インストラクター教育の一環により、定期的に異動があります」

このたびは貴重なご意見をいただき、誠にありがとうございます。
スタッフの異動により、うい様を不快なお気持ちにさせてしまったこと、心よりお詫び申し上げます。

 

LAVAでは、ひとりでも多くのお客様にご愛顧いただくため、全体のレッスンクオリティーの底上げや、そのための教育展開を目的にインストラクターの異動を定期的におこなっております

とはいえ、お客様目線に立ちますと、うい様のご意見は仰るとおりでございます。

店舗では、スタジオのコルクボードにて異動の案内を掲示するよう努めております。
レッスン時にもその旨お伝えするよう周知しておりますが、タイミングによっては聞けないまま異動というケースもございます。

 

これからもお客様へよりよいレッスンを提供できるよう、インストラクター教育に邁進していく所存です。
どうかご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

LAVAのインストラクターに聞いてみた!店舗を離れる本当の理由

公式からは「異動が多い体制である」旨の回答がありました。後にこの体制については、インストラクターの募集要項からも判明することになります。

詳しく知りたい
「好きを仕事に」は結構厳しい?LAVAインストラクターの待遇の実態

それからというもの、回答文に記載のコルクボードによる「異動の案内」にもたびたび目をやる習慣をつけました。加えて、異動の判明しているインストラクターへ雑談のついでに声をかけてもみました。

これにより、公式回答外の「インストラクターが店舗を離れる本当の理由」が垣間見えましたので、以下へまとめます。

新しくできたスタジオに異動する

新しくできる東北の店舗のオープニングスタッフとして異動するんです!寂しいですけど、頑張ります!今までありがとう~!!

IR

この方は私が今の店舗へ通うようになった当初から、スタジオを切り盛りしていたベテランインストラクターでした。とても明るい性格で、店舗のムードメーカーといった役割です。

この方は1カ月以上前から「異動する」と公言していたため、十分に周知できていたでしょう。

偶然最後のレッスンへ私も同席しましたが、最後は全員の拍手で締めくくるという何とも微笑ましい光景がありました。泣きながら会員と抱き合う姿もみられ、笑顔で送り出すという珍しいケースであったと思います。

破竹の勢いで発展するLAVAだからこそ、今後も既存店舗から人員補充をしていくスタイルが続くと思われます。

独立してスタジオを開く

実は、もう少し勉強したあとで、独立するつもりなんです

IR

LAVAから離れるにしろ、前向きな理由ということでコルクボードにも記載のあった「独立」の文字。

実際にレッスンのセンスはすばらしく、ポーズの観察力も高かったため、インストラクターとしての技術はホンモノだと感じていた方でした。この選択にも強く納得ができます。

LAVAの経験を活かして第二の人生を歩む選択をした彼女には、堂々とした覚悟がみなぎっていました。前向きな理由で離れる方には、激励したくなる気持ちが湧きますね。

故郷に帰る

故郷の沖縄にあるLAVAの店舗でインストラクターを続けるんです

IR

沖縄出身という彼女は、とある事情により故郷へ帰る選択をしたようでした。

全国展開しているLAVAはもちろん、沖縄にも店舗を構えています。そこで故郷に帰ってもなお、LAVAに身を置くことを決めていたようです。

おそらく帰郷が第一にあって、LAVAがその事情に合わせて職場の融通を利かせたケースと想定されます。全国展開しているLAVAならではの機転で、印象がいいですね。

一身上の都合による

一番闇の深いケースが「一身上の都合」です。サラリーマンが退職する際にも使われるこの文言の裏には、実にさまざまな思惑が隠されています。

プライベートに立ち入って問い質すようなことはしないため、詳しいことは不明です。退職に値する何かしらの理由があったのでしょう。

LAVAを運営する企業母体「ベンチャーバンクグループ」は、2018年8月現在で7,000人弱もの従業員を抱えるマンモスグループ。これだけの規模であれば、当然社員の入れ替わりは相応に発生するはず。

そうしてデトックスしながら、企業は成長していくものですからね。

定期的なインストラクターの入れ替わりで「ブラックなのでは」と訝るのは早計といえます。

おわりに

自分が通う店舗のインストラクターの入れ替わりについて、今回改めて調べたことでいろんな発見がありました。

LAVA会員へよりよい環境を提供し続けるため、インストラクターの教育に力を入れているという方針は真実でしょう。会員である以上、前向きに協力する姿勢を持ちたいものですね。

日々進化をし続けるホットヨガスタジオLAVA。確かな技術を持つインストラクターのもとで、あなたもヨガを学びませんか?

変わりたい。ならばLAVA

今なら1,000円(税込)で手ぶら体験!

クリックで応援

人気ブログランキング

「好きを仕事に」は結構厳しい?LAVAインストラクターの待遇の実態 ホットヨガスタジオLAVAの勧誘の実態って?押し売りはあるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です