Check ! アラサー女子流お小遣い稼ぎの方法

どう違う?南青山のサンタキアラ教会とル・アンジェ教会を徹底比較

こんにちは。うい(@uiuiuipot108081)です!

南青山。オシャレで洗練された雰囲気を醸し出すこの土地に、際立つ風格を備えた教会が2つあります。

サンタキアラ教会」と「ル・アンジェ教会」。

最近のトレンドとして名高い「ガーデンウェディング」に見合った教会として、いずれも人気な挙式会場です。そのよく似た外観から、並べて比較されやすい両者ですが、具体的にどういった違いがあるのでしょうか?

ここでは、いずれにも足を運んだ私による厳しい目線で、両者を項目別にジャッジしていきます。式場として検討している人に、ぜひ参考にして欲しい内容です。

MEMO
私は後者「ル・アンジェ教会」で挙式しました。ここでは事実を裏付けに、できるだけ公平な目線で比較に取り組んでいます。

教会の格・設備

まずは結婚式の(かなめ)、挙式会場として使われる「教会」から見ていきます。

サンタキアラ教会とル・アンジェ教会が「似ている」といわれる所以の大きなところが、この教会の外観です。どちらも自然あふれるカントリー風の佇まいで、気取らない印象が特徴となっています。

サンタキアラ ★★☆☆☆

引用:南青山サンタキアラ教会

サンタキアラ教会は、入口から奥まったところに教会が位置しています。道路に面したセレクトショップには木々がうっそうと生い茂り、そのトンネルを抜けた先に、開けた庭が拡がります(画像参照)。

とにかく緑が多いので、ガーデンウェディングに憧れを持つ花嫁にはぴったり!

肝心の教会の内装はというと、外観とは打って変わって意外と近未来的。照明の演出はすばらしく、中2階に聖歌隊を配置し、ダイナミックに響く音楽にも圧倒はされます。が…。

外観から「ナチュラルで古風」を連想させるぶん、どうにもちぐはぐな印象が否めません。

ル・アンジェ ★★★★☆

ル・アンジェ教会は、実際に「本物の教会」として使われているというところがポイント。

定期的にミサが開かれ、一般人へ開放されています。歴史ある建物をもとに、挙式会場として機能するよう改装されていることから、他の挙式用教会と比べると重みが段違い。

ゲスト用の椅子は長い年月をかけてキズが重なり、それがまたいい味を出しています。

余計な装飾は一切せず、「本物志向」を貫く姿勢に高く評価。ただそれゆえに、ゲストは挙式中に写真撮影が禁止など、少々厳しめの制限が入る点には注意が必要です。

披露宴会場の内装・雰囲気

次は挙式後、ゲストたちに料理をふるまいながら結婚を披露する場「披露宴会場」に移ります。

サンタキアラ ★★★☆☆

サンタキアラ教会では、先ほどの教会前の庭の向かいに披露宴会場への入り口があります。

ゲストはまず1階で受付し、その後螺旋階段を昇って披露宴会場へ向かう形です。螺旋階段は見た目重視で、昇降しづらく不親切な感じ。一応、エレベーターもあります。

この挙式会場、階段を昇ってすぐに配置されているんですが、階段から扉を挟まず食事会場というのはどうも…。少し落ち着かない印象がありますね。決して広くはありません。

なお、会場の暖炉はハリボテ。一見して洗練された印象はあるものの、所々安っぽい感は否めません。

ル・アンジェ ★★★★☆

ル・アンジェ教会の披露宴会場は、2つから選べます。

ラ・ロシェルはフレンチの巨匠・坂井宏行氏がオーナーシェフを務める超一流の名店。味は確かなのと、教会の真横に位置する好立地がメリットです。ただ会場内は狭めで、窮屈さを感じないためには50人以内が限度かなという印象。

一方のエトゥルスキは、一軒家を丸ごと借りられるのが最大のメリット。挙式~披露宴の待ち時間では、会場2階の広々とした空間で、自由にウェルカムドリンクを味わってもらえます。

開放感がありながら、アットホームなプライベート感を同居させた佇まいは教会と相性もぴったり。

料理の味・見映え

次はゲストの印象に残りやすい「料理」です。お祝いをしてもらった感謝を込め、心づくしの食事をふるまいたいものですよね。

サンタキアラ ★☆☆☆☆

引用:南青山サンタキアラ教会

サンタキアラ教会の料理は、ブライダルフェアで提供のあった料理をもとに評価します。

ブライダルフェアでは、打ち合わせをおこなうミーティングルームで食事がふるまわれました。パソコンや書類を拡げるデスクの上で、そのまま食事のプレートが運ばれてきたときは、どうしたものかと思いましたが…。

しかも冷蔵庫で冷やされた状態でしたので、すべての料理が冷たい。飾りなのか、食べられるのかわからない食材も載っていたり、トレイの上にスプーンが直置きされていたりで、正直いって

レストランというより、カフェに近いグレード

だと感じました。この点は、夫と意見が一致したのであながち的外れな指摘ではないかと。

ル・アンジェ ★★★★★

ル・アンジェ教会の料理は、一流の味でした。

私たちは先に挙げた披露宴会場のうち、イタリアンのエトゥルスキに決定したんですが、イタリアンといえどフレンチの格式と同等といっていいでしょう。どれも本当においしく、夫と目を丸くして驚いた覚えがあります。

ゲストに確実に喜んでもらえる料理だと、自信をもって断言できますね。

希望があれば、契約前にも格安で食事をすることも可能。自分の舌で本物のコースを味わってから判断できるのは、大きいポイントですね。

ドレスのデザイン・質

結婚式まわりで、花嫁の最大の関心はこの「ドレス」に注がれるでしょう。

いずれの教会も独自のドレスショップと提携をしており、基本的には提携ショップ内で完結する必要があります。ラインナップはオリジナルブランドの他、有名ブランドの取扱いもアリ。

サンタキアラ ★★★★☆

引用:PRIMACARA

サンタキアラ教会の提携しているドレスショップは、「PRIMACARA(プリマカーラ)」です。

このあたりは完全に好みの問題になるんですが、この提携ショップのセンスはサンタキアラ教会の「ナチュラル感」と上手に融合していると感じました。どれも凝りすぎず、絶妙な抜け感がとてもかわいい。

プリマカーラのドレスなら、サンタキアラ教会の前できっとよく映えるに違いありません。

新郎のタキシードはやり過ぎ感が否めませんが…。カタログをチェックしてみてくださいね。

今すぐCheck

カタログを見てみる

ル・アンジェ ★★★☆☆

引用:AMESSA by TAKAMI BRIDAL

ル・アンジェ教会タカミブライダルから展開されているブランド「AMESSA(アメッサ)」が提携先です。

あの超有名ドレスブランドが大元というだけあり、安定感はバツグン。幅広いサイズ展開と、豊富なラインナップはさすがの一言に尽きます。

ただ本当に好みなんですけどね、ちょっとあの落ち着いた風貌の教会と印象が異なるというか…。どちらかというと、カッチリしたホテルウェディング寄りのデザインが多いように思えるんです。

選びようによってはナチュラルなデザインもありますが、選択肢は狭まるかなーと。

私はウェディング、カラーともに運よく最高のドレスと出会えましたが、気になる人は、契約前にドレスのカタログをチェックさせてもらうといいかも。

今すぐCheck

参考ラインナップを見てみる

スタッフの質・接客

挙式の準備にあたっては、ブライダルプランナーやドレスコーディネーター、フローリスト、司会者、介添人等々…本当にさまざまなスタッフと連携を重ね、進めていくことになります。

いろんな段取りを並行しなければならない以上、スタッフの能力はおろか、受ける印象や相性といった部分も無視はできない問題です。

ここでは、スムーズに準備を進めていくために不可欠な「スタッフ」について検証を進めます。

サンタキアラ ★☆☆☆☆

サンタキアラ教会のスタッフについては、ブライダルフェアで受けた印象から評価します。

教会の設備について紹介をしてくれたスーツ姿の男性は、手慣れている印象を受けたんですが、本当に理解しきれていないのか説明が一辺倒で要領を得ないんですよね。終いには言うことを忘れたようで、

で、この教会は~…あ。…と、まあこんな感じなんですが、いかがですか?

男性スタッフ

いやどんな感じだよ。

また別の場面では、エレベーターでミーティングルームへ案内してくれた女性スタッフ。なんとスーツジャケットの背中の継ぎ目が派手に破けていたんです。夫が気づいたんですけどね…。

接客業たる者、清潔感って大事だと思うんですが…。周囲で誰も指摘してあげないのかな?スーツを買い替える余裕もないほど月給が安いのだろうか…って、悲しくなりました。

ル・アンジェ ★★★★★

ル・アンジェ教会はスタッフの質がもうすばらしい。すばらしい!(大事なことなので2回)

プロ意識の行き届いたスタッフで構成されていて、ストレスなくスムーズに準備を進行することができます。

特に私の担当として付いてくれたプランナーさんの能力がすばらしく、細かくて段取り女王でタスク管理の鬼といえる私先をゆく心配りはまさにプロそのもの。

当時は会社員をしていたので、仕事の傍らメールで連絡を取り合っていたのですが、レスポンスが素早く的確で、非常に助かった覚えがあります。

プランナー以外のスタッフも教育が行き届いており、いつ訪ねても気持ちのよい対応を受けられました。

コスト・割引率

挙式会場の選択で何にも増して重要なポイントが、「費用」になるでしょう。

会場選びの段階で、ある程度ざっくりとした予算を見積もっていくと思いますが、始めはぜひ「2割減」で伝えてみてください。余裕を持って伝えると、足元を見られます。

それぞれブライダルフェア時の初期見積と、後者は実費をもとに検証をしますね。

サンタキアラ ★★★☆☆

サンタキアラ教会の初期見積では、65名規模で320万円(390万円-70万円割引)でした。

この見積、かなり不明点が多いです。時期的な特典はわかるものの、謎の「お車代負担キャンペーン」という割引や、あとはフェア担当プランナーのこの言葉。

ここだけの話ですが、私と知り合いという設定にして、紹介割引を適用させます

フェア担当者

おいおい…。そんなのアリ?何だか一気に不信感が膨らみましたね…。

まあ挙式費用はある程度言い値な部分もあると思うので、巧みな言葉で割引を適用させるのも容易いとは思うんですが…。ちょっと会場の品位を疑ってしまいます。

ル・アンジェ ★★★☆☆

ル・アンジェ教会の初期見積では、65名規模で325万円(430万円-105万円割引)でした。

時期的な割引(サマー・ウェディング特典)の率が大きかったですね。

最終的には初期見積の内容とほぼ変わらない金額に落ち着くことができましたが、内訳はガラリと変わっていました。準備を進めるなかで追加費用がどんどん増えたので、取捨選択をする姿勢は必須です。

実際の挙式費用は以下をご覧ください。

挙式の実費をチェック!
【南青山ル・アンジェ教会】リアル花嫁による挙式費用・内訳全公開

総合評価

最後に、改めてサンタキアラ教会、ル・アンジェ教会各々のスコアを振り返ってみましょう。

サンタキアラ ★★★☆☆

サンタキアラ教会
教会
(2.0)
披露宴会場
(3.0)
料理
(1.0)
ドレス
(4.0)
スタッフ
(1.0)
コスト
(3.0)
総合評価
(3.0)

外観の洗練された雰囲気は好みですが、外堀だけ固めて内側の追求が甘いという評価です。

内側というのは、ここではブランディング、会場のつくり、料理・接客の質を指しています。

ナチュラルでアットホームなガーデンウェディング」を理想とするなら、ぜひ後者をおすすめしたい。総合的に見て後者に劣るにも関わらず、費用が同等なのであれば、こちらを選ぶ理由はありませんね。

ル・アンジェ ★★★★☆

ル・アンジェ教会
教会
(4.0)
披露宴会場
(4.0)
料理
(5.0)
ドレス
(3.0)
スタッフ
(5.0)
コスト
(3.0)
総合評価
(4.0)

本物志向の教会、広々とした会場、一流の料理、最高のサービス…どれをとっても前者に勝ります

同じジャンルの会場という点の比較では、ル・アンジェ教会に軍配が上がるのは明白です。

一生に一度の機会、後々思い返して納得のいく一日にしたいなら、ル・アンジェ教会が最適ということで今回の比較検証を締め括りたいと思います。

ブライダルフェアなら、これらの検証項目をデート感覚で体験できます。ぜひ週末に、覗いてみてはいかがでしょうか。

試食、ドレス試着、挙式体験…

ゼクシィなら、デート感覚で楽しめる!

クリックで応援

人気ブログランキング

【南青山ル・アンジェ教会】リアル花嫁による挙式費用・内訳全公開 結婚式のブーケはアフターブーケにして永遠の思い出に残そう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください