カテゴリ一覧から記事を探してみよう

ウインナーを食べて死にそうになった私の語る食品添加物の危険性と対策

こんにちは。うい(@uiuiuipot108081)です!

先日、自宅でひとり意識を失いかけるという危ういハプニングがありました。

実をいうと、原因を完全に特定できたわけではありません。しかし前後の状況や専門家の意見から、おぼろげに全容が把握できてきました。

ポイントは「ウインナー」と、それに含まれる「食品添加物」です。

日々の献立に重宝するウインナー。どんな家庭の冷蔵庫にも常備されているあのウインナーが、一歩間違うだけで「危険な食品」になり得るだなんて、いったい誰が想像するでしょうか?

…まずは、私が体験したあの日の悪夢からお話しましょう。

誰しも起こり得るリスクだからこそ、必ず目を通してほしい…!

ウインナーを食べて意識を失った日の記録

その日は夫が取引先に接待をするということで、夕食は要らないと報告を受けていました。

自分のためだけに手の込んだ食事をつくるのも、手間というもの。ですからその日の夕食は、あるもので適当に済ますことにしました。

えっと…。キャベツとニンジンと玉ねぎと…あ、ウインナー があるな

冷蔵庫を覗いて目に入ったのは、残りものの少量の野菜とウインナー。今夜の献立はもう決まりです。

食事の1時間後から体調に違和感

コンソメ野菜スープ

ざく切りの野菜とウインナー1袋(6個入り)を鍋に入れ、コンソメを溶かした水で煮込みます。野菜がくったりしたタイミングで火を止め、即席の野菜スープの完成です。

おいしー♡たまには手抜きもいいかも!

接待と称しておいしい食事にありつく夫を半ば恨めしく思いながらも、私は私でまんざらでもない様子。食後は読書をたしなみつつ、ひとりの時間をのんびりと満喫していました。

おっと。もうこんな時間か。そろそろお風呂に入ろうかな

食後1時間ほど経ったあたりで、お風呂に入ろうと思いソファから身を起こします。そのとき、ふと胃のあたりに違和感をおぼえた気がしました。

とはいえ、私はもともと胃が強いほうではありません。少し食べすぎたり、脂っこいものを食べると胃もたれしやすい体質です。

このときも(スープの量が多かったかな)と思う程度で、特に気にすることなくバスタブに湯を張り始めました。

入浴中に目まいと吐き気を催す

お風呂が沸いた頃には、胃の調子のことなどすっかり忘れていたように思います。服を脱いで浴室へ入った頃には、食後およそ1時間半ほど経過していたはずです。

いつもどおりうつむきながらシャンプーをしていると、頭が少しぐらぐらする感覚がありました。

「地震?」と思ったほどです。よくよく周囲を観察すると、自分の視界が揺れていることに気がつきました。そのまま顔を上げると、突如として全身を気だるい感覚が襲います。

このときになり、初めて「何かがおかしい」と悟った私。

動揺を抑え、気持ちを落ち着けるために湯舟へと浸かりましたが、これが逆効果でした。身体があたたまるほどにめまいは増していくばかり。

バスタブの縁に額を当てつつ、混沌とする意識の中で思考をフル回転させます。

(そういえば元上司がメニエール病再発により救急車で運ばれたのも、お風呂上がりだったな…)

遠退く意識の中で、こんな呑気なことを考えていた気がしました。

MEMO
メニエール病はめまいや吐き気を発作的に繰り返す病気です。ストレスが根本的な原因にあるとされています。
お風呂上がりは血圧変化により立ちくらみを起こしやすいため、目まいとの因果関係も深刻です。

からだを横にしても止まぬめまい

このあとしばらくは、ほとんど記憶がありません。

意識を失いかけながら、決死の思いでお風呂から出たように思います。無意識にスキンケアだけは済ませ、ドライヤーで髪の毛を乾かすまではできたようです。

床を這うようにしてベッドまで到達したことはうすうす覚えています。視界が、嫌に暗かった気がしました。

仰向けに寝転んでも、私を中心に世界はぐるぐると回り続けています。まぶたを閉じてもめまいの感覚は薄れませんが、横になっている間は幸いにも胃の不快感がやわらいでいました。

(まぶしい…電気、消さなきゃ…)

照明を消そうとベッドから半身を起こすだけで、胃から全身へ不快感が襲い、胃液がこみ上げそうになります。辛うじて保てていた平衡感覚も消え失せ、リモコンを取ることさえできないまま、意識を失いました

翌朝には体調が回復する

スマホをさわることさえままならなかったため、夫へ緊急の連絡をすることはありませんでした。帰宅した夫は、ベッドで眠る私を見て「いつもより少し早寝だな」としか思わなかったそうです。

意識を失ったまま翌朝まで眠り続けた私。普段どおり朝に目覚めたときは、胃の不快感はウソのように霧散していました。まるで昨夜の出来事は、ただの悪夢だったのではと思ったほどです。

それ以来、同じ症状には見舞われていません。

ウインナーに含まれる食品添加物が原因か

翌朝に回復したとはいえ、相当危険な状態であったことに変わりはありません。ただでは起きない私です。再発を防ぐべく、原因究明に向けて立ち上がりました。

あれだけの発作的な体調不良は、何かしらの外的要因がはたらいているとしか思えません。とすると、まず考えられるのは「食べもの」になります。

次に脳裏に浮かんだ可能性は、「ウインナー」。

夕食の野菜スープの材料の中で、野菜の新鮮度は問題なかったはず。何より、以前にも一度ウインナーを食べて気持ちが悪くなった経験を思い出したからです。

早速「ウインナーを食べて体調不良になる」ケースがあるか調べたところ、私と似た症状を訴える人が少なからず存在することを突き止めました。

中には、私と同様にめまいまで訴えるケースもあったのです。

決して珍しい症状じゃなかったんだ…!

ウインナーを食べて体調不良を起こす要因について、専門家は「ウインナーに含まれる食品添加物」にあると回答しています。

ウインナーに含まれる「亜硝酸ナトリウム」とは

市販のウインナーは、食品添加物の宝庫といわれています。中でもどんなウインナーにも共通して配合され、かつ中毒性のある危険な添加物は「亜硝酸ナトリウム」といわれるものです。

亜硝酸ナトリウム…?

亜硝酸ナトリウムは、発色剤です。スーパーで販売される加工肉に用いられ、亜硝酸ナトリウムのおかげでハムやソーセージは時間が経っても鮮やかな赤色をしていられます

亜硝酸ナトリウムが入っていなければ、時間が経過するごとに加工肉は色がくすみ、黒ずんでいきます。鮮度に問題がないとはいえ、食事は目で楽しむものである以上、市場にとって欠かせない重要な役割を担っているのです。

「亜硝酸ナトリウム」の危険性

しかしてこの亜硝酸ナトリウム、人体にとっては危険性の高い添加物であるといいます。

亜硝酸ナトリウム(あしょうさんナトリウム)はナトリウムの亜硝酸塩である。食品添加物であり、毒物及び劇物取締法で劇物に指定。消防法で危険物第1類の亜硝酸塩類でもある。水質汚濁防止法で施行令第2条有害物質

引用:Wikipedia「亜硝酸ナトリウム

毒性が強く、食肉に含まれる物質と結びつくことで発がん性物質に変化するともいわれています。摂取し続けることで、がんになる可能性が高まる側面も備えているのです。

「亜硝酸ナトリウム」の1日の摂取許容量

亜硝酸ナトリウムは、多量に摂取しては人体にとって有害です。ですから厚生労働省は、亜硝酸ナトリウムの1日の摂取許容量を以下のとおり定めています。

0.06mg以下×体重(kg)/日

仮に体重が50kgとすると、3mgが1日の摂取許容量といえます。

しかし問題は、加工食品の含有量上限の取り決めと整合性がない点です。ハムやソーセージなどの加工食品には「最大70mg/1kgあたり」もの亜硝酸ナトリウムを使用してもいいとされています。

1袋あたり130gのウインナーを例に、最大量の亜硝酸ナトリウムが含まれていると仮定してみましょう。

0.07mg(1gあたりの亜硝酸ナトリウム配合量)×130g=「9.1mg

驚いたことに、厚生労働省の定める1日の摂取許容量の3倍量を1度に食べている計算になります。1袋の半量でさえ、上限を超えている可能性がある事実に驚きが隠せません。

食品添加物アレルギーによる発作の可能性

亜硝酸ナトリウムのリスクは理解できましたが、いくら1日の摂取許容量を大幅に上回った量を食べたとはいえ、急にあれほどのショック症状を起こしたことには納得がいきません。

もしそうであれば、毎日のようにウインナーのせいで救急搬送される人がいてもおかしくないはず。ですが、現実にはそんな話はまず耳にしませんよね。

そこで食品の内部事情に詳しい知人へ尋ねたところ、食品添加物アレルギーの可能性を指摘されました。食物アレルギーと同様、食品に含まれる食品添加物でアレルギー反応が出るケースも珍しくないというのです。

アレルギーのリスクが高い食品添加物一覧

調べたところ、アレルギーを引き起こしやすい食品添加物のリストの中にもれなく、亜硝酸ナトリウムも含まれていました。

その他にアレルギーリスクの高い食品添加物と、代表的な食品については以下のとおりです。いずれも少量であれば問題のないケースが主流ですが、一度の多量摂取はリスクと隣り合わせ。

バランスに気をつけながら、上手に献立を組み立てたいものですね。

うちの冷蔵庫にも入っているものばかり…!

保存剤

  • 安息香酸ナトリウム(醤油、マーガリン、シロップ等)
  • パラベン(醤油、酢、清涼飲料水等)
  • サリチル酸誘導体(トマト、キュウリ、イチゴ等)

抗酸化剤

  • 亜硝酸ナトリウム(ハムやソーセージなどの食肉製品、たらこ、ワイン等)
  • ハイドロキシアニソールブチル(魚介冷凍食品、バター等)

着色剤

  • タートラジン(ジャム、バター、チーズ等)

甘味料・香料

  • サッカリン(菓子類)
  • アスパルテーム(菓子類)
  • グルタミン酸ソーダ(中華料理、ソース等)

安全性の高い「無塩せき」という選択

抗酸化剤または発色剤といわれる亜硝酸ナトリウムは、今や加工肉には欠かせない原料です。

では、亜硝酸ナトリウム摂取を避けたいならウインナーは諦めるしかないのか?というと、そうでもありません。昨今の食品添加物見直しの向きから、「無塩せき」の食品が増えていることもまた事実です。

MEMO
無塩せきとは、製造過程で亜硝酸ナトリウムなどの発色剤を用いないことをいいます。その他の製造過程は塩せきのものと同一ですので、風味や日持ちに変わりはありません。

ここでは、ご家庭の食卓に安心して出せる「無塩せきウインナー」をセレクトしてみました。

少し割高だったりもするけど、健康には代えられないよね!

日本ハム「森の薫り」

メーカー:日本ハム
商品名:森の薫り
内容量:85グラム×2袋
原材料:豚肉、豚脂肪、糖類、食塩、香辛料/調味料)、リン酸塩(Na)

亜硝酸ナトリウムに代表される発色剤だけでなく、保存料も不使用。素材本来の旨味を楽しめるウインナーです。

スモークが利いていて、プリッと歯ごたえのある食感がお気に入り♡

おわりに

冒頭でも触れましたが、私がウインナーを食べて体調不良になったのはこれが2回目です。前回の体調不良は、この数カ月ほど前のことだったと記憶しています。

もちろん、これまでの人生でウインナーを食べる機会は幾度となくありました。ですから、ここ最近になって体質が変化したとしか説明がつかないのです。

今は大丈夫だと思っていても、いつか突然私のようにショック症状にいたるケースもないとはいえません。一度で多量に摂取することは避けるよう、徹底していきたいですね。

クリックで応援

人気ブログランキング

喉の違和感に注意!声枯れを起こす「ヒステリー球」はストレスが原因? 「デトッ穀」で知る雑穀米の優れた美容効果と、食卓のアイディア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です