カテゴリ一覧から記事を探してみよう

夫婦あるある?生活習慣の違いと、仲良く暮らすためのヒント

こんにちは。うい(@uiuiuipot108081)です!

結婚前の同棲も含めると、夫と暮らすようになって2年が経過しました。

始めは夫の行動に驚かされることもありましたが、人生の歩みや家庭環境が異なれば生活習慣は違って当たり前

夫婦たる者その違いを受け入れ、許容し合う器の大きさを見せなくてはなりません。

夫婦間で見えた生活習慣の違いとその対策

一口に「生活習慣の違い」といっても、その内容は家庭によってさまざまです。

私たち夫婦は性格が大きく異なります。それに合わせ、生活習慣の違いも色濃く出るようです。

そこで、私たちが普段の生活で実感した生活習慣の違いの一部をここに紹介します。併せて、その違いを解消するため実践している対策も添えてみました。

  • ウォシュレットの水勢
  • 食べるスピード
  • 照明の消灯頻度
  • 収納の価値観
  • 時間前行動
  • 冷蔵庫の開閉時間
  • 生活スタイル

小さなストレスも、積もり積もれば関係に溝を深める事態へなりかねません。見て見ぬフリをせず、お互いに気持ちよく生活するための工夫が先決です!

前向きに対策を講じるのが、円満の秘訣だよ!

ウォシュレットの水勢

ピッ(水勢設定:★★★★★)。やっぱりこの勢いに限るな

ふー、よいしょっと…。…あ痛ッ!?イタタタタタタ!!?!!

誰でも、ウォシュレットに好みの水勢ってありますよね。

私は水勢が最弱、もしくは2段階目くらいが好みでやさしく洗いたいタイプです。ところが夫は常に最強設定なので、夫婦間で大きな違いがあります。

同棲を始めた頃、慣れない私はうっかりそのまま「ON」を押して危うくになりかけました。

対策「使う前に必ず設定をチェック!」

この問題を解決するには、使う前に個々で水勢設定を確認するクセを身に付けるのが近道。

折衷案だからといって、水勢を真ん中で共通にするのはナンセンス。夫は水の勢いに物足りなさを感じ、私はお尻にダメージを負うことになります。お互いにメリットは何もありません。

使う前に目盛りを確認し、夫の設定になっていれば「弱」で調整。これだけでお尻の安全を守ることができ、家庭も円満です。

食事のスピード

ねー聞いて聞いて!今日面白いことがあったんだけど~…
パクパクモグモグパクパクモグモグパクパクモグモグパクパクモグモグ…


私は昔から食べる速度が遅く、給食ではクラスメイトが食べ終えたあとものんびり食事を続けているタイプでした。それは今も変わらず、加えてお喋りなのでいつまで経っても箸が進みません。

一方の夫は生粋の早食いのため、夫婦間の食事のスピードには倍以上の開きがあります。

私も同棲して間もない頃は、大皿料理を食卓の中央に置く配膳もありました。しかし私が大皿へ手を伸ばす暇なく、みるみるうちにお皿の上の料理が減っていくのです。

気づくと私のぶんまでキレイさっぱりなくなっていることも、ままありました。

対策「おかずはすべて個々に分ける!」

「共通のお皿はマズい」と学んだ私は、自分の食事を死守するためお皿を分ける方針へシフト。おかずはすべて私の目分量で取り分けたうえ、配膳するようになりました。

もし大皿にならざるを得ない献立(手作りピザやグラタンなど)を出す場合は、食事を始めた瞬間にスプーンや箸で自分の領地を確保するよう気をつけています。

なお我が家では夫が後片付けの役割を担っているため、早々に食事を終えた夫が調理器具や食器を洗っている間、私はのんびり食べるという流れが確立しています。

これがいいバランスでお気に入り。やはりお互いにストレスフリーが一番ですからね。

照明の消灯頻度

(その空間に5分以上不在にするなら消灯する)

(入浴中でもリビングの照明はつけたままにする)

同棲して間もない頃、2人の中で取り決めた事項がありました。

電気代をムダにしないためにも、照明はこまめに消灯すること

しかしてこの「こまめ」の価値観に、こうも差が出るとは思いもしませんでした。

私の場合、たとえ入浴中といえど在宅していることに変わりはないため、リビングの照明はつけたままでいいと思っています。お風呂上がりに、暗闇の部屋へ戻るのは避けたいです。

一方夫は、たとえわずかでもその空間に人がいなくなるなら消灯すべき、というスタンス。

この方針は私の考えを汲まずに実行されるため、例えば「数分後に戻るため、あえて照明をつけたままにしておいた」部屋でも、気づくと消灯されていることが多々あります。

そのたび照明をつけ直すのが、地味に面倒くさい…!

対策「電気代の節約になるし好きにやらせる!」

この問題に関しては、私が折れることにしました。なぜなら家計上ではムダにならないから

これが逆に、夫が照明をつけたままにするタイプの人間であったなら、徹底的に改善させる余地があると思います。しかし「消しすぎる」夫のスタンスは、私が多少の不便に目をつむれば他に何の弊害もありません。

とはいえ自分の方針に変更はありません。夫が私のスタンスに踏み込んできた時は、諦めるだけ。

こういう解決法も手段のひとつということで、参考になれば。

収納の価値観

この本面白いな。また明日読むかもしれないからテーブルに置いておこう

この本面白い!続きが気になるけど、またいつ読めるかわからないから本棚に片付けておこう

収納に関しては、価値観の違いが如実に出る部分です。

夫が物を定位置へ片づけない」問題は、夫婦間で議題に挙がりやすいテーマといえるでしょう。テレビのリモコンがその代表です。

私たち夫婦も例に漏れず、ふたりの間で収納の価値観に大きな違いがあります。

  • 夫「とりあえず見た目的に片づいていればいい」
  • 妻「すべての物には定まった置き場所が存在する」

これにより本棚の中にペットボトルの水(備蓄)を発見する、郵便物がテーブルの端に積み重なる、夫のクローゼット内が放っておくとカオスになる、といった事態に発展します。

私はその「とりあえず置いとく」的考えが我慢なりません。なぜなら「とりあえず」置いたものは永遠に片づけられることがないと経験則で学んでいるからです。

対策「いないときに定位置へしまう!」

こればかりは育った環境から染みついたクセだと思うので、一朝一夕で改善できるものではありません。

注意したところで「とりあえず妻から見えないところにしまう」のが関の山。それは、視界に入らない収納スペースのカオス度を助長させる結果にしかなりません。

そのためこれに関しては「私自らが片づける」ようにしています。

ただし、片づけた場所は妻が把握しておくように注意しましょう。必要以上に片づけることにより、物が行方不明になってしまっては本末転倒ですから。

アレ、どこにしまったの?

書斎の本棚の下から2段目の扉の中の右奥にあるケースの上から3段目。

時間前行動

9時に家を出発する約束をした日の朝。

7時起床→コーヒーとシリアルで軽い朝食を取りつつニュースチェック(30分)→ゲーム(30分)→読書(30分)→ゆっくり支度を始める(15分)→ボーッとする(15分)→9時出発

8時15分起床→洗顔・スキンケア(15分)→メイク(15分)→支度(15分)→9時出発

先日、所要時間45分かかる洗濯を出発の1時間前にスタートさせた私を見て、夫がしみじみとこう言いました。

ういはすごいよなぁ…。俺なら、そこまでギリギリになってから行動は起こせない

これには文字通り感嘆の意味と同時に非難の意味が込められていたはずですが、とにもかくにもこうしてスケジュールの時間配分に大きな違いがあることは事実。

私は常にやるべきタスクと所要時間を計算し、そこから逆算して行動を起こす性格です。

一方、夫は「慌てるのが大の苦手」なタイプ。普段から余裕をもって物事に臨み、不測の事態に対応できるよう時間的なバッファーを設けているようです。

対策「時間内に支度を完了させれば文句なし!」

本件から想定される問題は、時間ギリギリに行動する私の遅刻リスクが該当します。

確かに私が原因で出発が5分遅れるようなケースも、珍しくありません。

かといって早く起きたら起きたで心理的余裕が生まれ、のんびり準備をするため結果的に何も変わらないというジレンマ。

この差を埋めるには「何が何でも時間内にタスクを完了させること」これに尽きます。どんなにギリギリに行動しようとも、最終的に9時に出発できさえすれば夫は何も文句がないからです。

冷蔵庫の開閉時間

夫がサンドイッチをつくると張り切っていた日の朝。

冷蔵庫を開ける→小分けのハムを1パック切り取る・スライスチーズを2枚取り出す・トマト、レタス、卵2個、マヨネーズ、バターを…

冷蔵庫「ピピピピピッ

時間かかるならこまめに締めて!

我が家では基本的に私が食事をつくります。ただまれに、休日のランチを夫が作ってくれたりもします。

メニューは決して難しいものではありません。冷凍チャーハンと餃子を炒めるだけだったり、焼きそばや焼きうどんだったり。それでも助かることに変わりはないため、言い出したときはお任せするのが常。

しかし調理の機会が少ない夫は、どうしても手際が悪くなります。

なるべく口出しは控えていますが、冷蔵庫を長い間開けたまま食材を探し、頻繁に通知音が聴こえていたときはさすがの私も困りました。

対策「電気代が勿体ないから矯正する」

何もこれは夫の調理時だけに限りません。

例えば冷蔵庫へチューハイ缶を入れる作業ひとつ取っても、この問題が如実にあらわれます。冷蔵庫から冷えた缶を取った夫は、冷蔵庫を開けたまま常温の缶を探しに行くのです。

MEMO
我が家では、冷えた缶をひとつ取るごとに在庫の常温缶を補充するスタイル。

こまめに照明を消灯するような節約意識の高さに相反する習慣です。冷蔵庫を開けたままでは庫内の温度が急激に上昇し、再度冷やすために電気を消耗するというのに…。

ですから私は、そのたび「電気代が勿体ないから閉めて」と注意しています。

生活スタイル

(朝型人間・ショートスリーパー)23時就寝、6時起床

(夜型人間・ロングスリーパー)1時就寝、9時起床

私たち夫婦は一日の時間軸がズレています朝型人間である夫は、翌朝早起きして仕事をしたい。夜型人間である私は、今夜のうちに済ませておきたい。

これは独身時代のお互いの習慣が根強いです。私は夜が更けてから生産性が向上するタイプなので、23時になると規則的に床へつく夫とことごとく合わないんですね。

妊活中に就寝時間のミスマッチは死活問題です。

対策「雰囲気を感じ取ったら早々にベッドへ!」

夫婦生活のすれ違いを避けるべく編み出したワザは「さり気ないサイン」。

  • 「今日、何時頃寝る予定なの?」
  • 「まだ時間かかる?」
  • 「今日の体調は?」

夫からこれらのサインがあったら早々に切り上げ、寝室へ引き上げるようにしました。とはいえ他に優先したいことがあれば、笑顔で「おやすみ」と見送っています。

今のところこのやり方で、お互いにいいバランスが取れています。

おわりに

結婚生活を続けていくには、お互いの思いやりが必要不可欠です。

「なぜ?」と頭ごなしに非難するのではなく、相手の価値観を受け入れ、それに寄り添う姿勢を見せることが家庭円満の最大の秘訣。

ただの習慣の違いといえど、我慢しすぎると溝を深めます。時にはお互いにキチンと話し合って、解決策を導き出すのもひとつの手です。

愛だけがあればよかった交際期間とは違い、ともに生活するようになって初めて浮き彫りになる問題は多々あります。ひとつずつ乗り越えていけば、愛はさらに深まるはずです。

最後に、ニーチェが残した夫婦をあらわす格言で締めくくりたいと思います。

A conjugal life is long conversation. - 夫婦生活は、長い会話である。 -

引用:ニーチェの言葉

クリックで応援

人気ブログランキング

彼女の寝相が悪いのはなぜなのか?睡眠中に体を動かすメカニズムへ迫る 「絶対に逃れられない」管理体制を敷けば、ダイエットは必ず成功する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です