Check ! アラサー女子流お小遣い稼ぎの方法

ブーケトスを確実に成功させたいなら、コツを学んでリハーサルあるのみ

こんにちは。うい(@uiuiuipot108081)です!

結婚式の代表的な演出のひとつ「ブーケトス」。

ブーケトスには、挙式を終えた花嫁から未婚女性へ幸せのバトンタッチをする思いが込められています。厳かな挙式後にゲストがリラックスして楽しめる側面もあり、花嫁から根強い人気のある演出です。

そんなブーケトスですが、いざ投げる立場に立たされると、不安な要素がたくさんあります。

おかしな方向に飛ばしちゃって、場がしらけたりしないか心配…

プレ花嫁A

ゲストが遠慮し合って、地面に落っこちたら泣いちゃう…

プレ花嫁B

かくいう私も挙式まで不安でいっぱいでした。でもリボンを引っ張るブーケプルズは味気ないし、やっぱりブーケを投げる姿は憧れ。人生に一度の機会なのだし、ここで諦めたら女が廃る!

というわけでブーケトスの投げ方を研究し尽くし、挙式会場でリハーサルを重ねた私。

その結果、美しい弧を描いて狙い通り友達へ届けることのできた私の「ブーケトスの極意」について、ここに披露したいと思います。

絶対に失敗しないブーケトスの投げ方のコツ

ブーケトスには、絶対に心得ておくべき投げ方のコツが存在します。

幾度となく挙式のサポートを続けてきたプロの介添人さんが言うのですから、間違いありません。これらのポイントが頭に入っているかいないかで、トスブーケの飛距離に大きく差が出ます。

さらにいえば、これさえマスターしてしまえば失敗はまずありません。

思いっきり力の限り投げる!

日常生活で物を投げる機会は、ほとんどありませんね。普段から慣れていないぶん、力加減に悩む人が多いでしょう。その結果、プレ花嫁の大多数は力を控えめに投げる傾向が強いです。

しかしながら、女性は自分で思っている以上に非力です。いくら軽いトスブーケといえど、ボールではない以上空気抵抗もありますから、それなりに力を込めないと遠くへ飛んでいきません

投げる時には、ドレスの中で軽く膝を曲げ、力を込めて素早く投げましょう。大丈夫。ドレスの中で踏ん張っていても、傍目からは見えません。

この時ばかりは花嫁であることを忘れ、ボール…じゃなくてブーケに100%集中しましょう。

上へ投げずに「後ろへ投げる」!

ブーケトスはゲストへ背を向けて投げるスタイルです。投げる方向が見えないことから、つい高く飛ばそうという意識がはたらきがち。

でも、上へ投げるとそのぶん飛行距離が短くなり、ゲストまで届きません。

そこでこれを防ぐコツは、上ではなく後ろへ向かって投げるよう意識すること。後ろ向きに投げると自然と弧を描くスローになるため、ゲストへ剛速球が当たるといったアクシデントは起こりませんので、その点は安心して大丈夫です。

手は前方で離す!

これは介添人さんが強くアドバイスしてくれたことなんですが、ブーケを持った手は投げ始めた段階で離すよう意識するのがベターです。

よくある失敗が、振りかぶってからブーケが頭の上にくるあたりまで握り続けているパターン。これだと逆に高さが足りず、危うく地面に叩きつけてしまう恐れがあります。

そこでおすすめなのは、まっすぐ正面を向いた状態で、手が視界から消えるあたりを狙ってブーケから手を離すこと。するとブーケに余計な抵抗が伝わらず、ふわりと宙を舞ってゲストへ届けることができます。

ただこれは文字で見てもなかなか実践が難しいテクニックです。そこで私は、挙式前に「ブーケトスのリハーサル」を実施することを強く勧めています。

挙式前にブーケトスのリハーサルをしよう

習うより慣れろ」というように、ブーケトスのコツを身に付けるには実際に練習するのが近道です。

それにぶっつけ本番よりも、何度か実践していれば当日も緊張せずに臨むことができるというメリットもあります。

しかしリハーサルといえど、物を投げることになるためどこでも実践できるというわけではありません。そこでここでは、私のケースで選択肢に加わった2つの方法を提案します。

挙式会場で臨場感あふれるリハーサル

挙式会場によっては、挙式の1週間ほど前のタイミングで挙式の一連の流れをリハーサルできることがあります。入場の仕方から、バージンロードの歩き方、誓いのキスの仕方など、挙式を疑似体験できるイベントです。

あなたの挙式会場に事前リハーサルが組み込まれているなら、あわせて「ブーケトスの練習もしたい」と伝えてみてください。後述する自作ブーケを持参するなら、場所さえ提供してもらえれば練習ができるため、断られることはまずありません。

このメリットは、一連の流れを通してブーケトスを体験できること。当日は記憶を辿りながら行動できるので、緊張緩和にも役立ちます。

もし挙式リハーサルがない会場なら、プランナーさんへ一度相談してみては?

公園で手軽に挑戦できるリハーサル

挙式会場に事前リハーサルがなかったり、式場スタッフのいる前で練習するのは気が引けるという人は、公園で挑戦してみるといいでしょう。自宅に庭がある人は、それでも構いません。

新郎に手伝ってもらい、ゲストに見立ててキャッチボール間隔で受け取ってもらうといいです。

なお、挙式会場の打ち合わせの際、ブーケトスエリアの距離をざっくり計っておくと正確性が増します。メジャーで計るのは手間があるため、花嫁からゲストまでの距離は「大股で○歩」と目星を付けておくとラクです。

トスブーケの代用品の作り方

リハーサルの場所が決まったら、今度は肝心のトスブーケを作りましょう。

わざわざリハーサルのためだけに花束を用意するには、コストもかかるし、何度も試行するたびボロボロになってしまうためおすすめできません。

そこでおすすめしたいのは、自宅で手軽に作れる「タオルブーケ」です。

トスブーケ作りに用意するもの

トスブーケ作りで必要な材料は、誰の家にも必ずある2種類のアイテムです。

  • フェイスタオル2枚
  • ビニール袋

トスブーケの作り方の手順

  • STEP.1
    フェイスタオルを丸める

    フェイスタオルをくしゃくしゃに丸め、もう1枚のフェイスタオルで包みます。
  • STEP.2
    丸めたフェイスタオルをビニール袋の中へ入れる

    なるべくボール状にまとまるように、ビニール袋の中央へ入れます。
  • STEP.3
    ビニール袋の口を結ぶ

    トスブーケの持ち手の代わりになるよう、ビニール袋の口を固結びします。
  • STEP.4
    完成!

    トスブーケの重量はだいたい150~180gです。手順通り作ると、重さも再現ができます。

おわりに

せっかくブーケトスをするなら、無事にゲストのもとへ届けて、みんなに喜んでもらいたいものですよね。

「わざわざブーケトスのために練習するのも…」と思うかもしれませんが、一生に一度の機会なのですから、失敗したら悔やんでも悔やみきれません

心から祝福してくれたゲストへ幸せのお裾分けが叶うよう、あなたもぜひチャレンジしてみては?

クリックで応援

人気ブログランキング

結婚式のブーケはアフターブーケにして永遠の思い出に残そう どう違う?南青山のサンタキアラ教会とル・アンジェ教会を徹底比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください