インスタ始めました フォローしてみる?

「じゃあ、1,000円だけ」に隠された男性の意図 VS 女性の心理

こんにちは。うい(@uiuiuipot108081)です!

お会計のタイミングで、男性から「じゃあ、1,000円だけもらってもいい?」と言われたこと、女性なら一度は経験があるのではないでしょうか。

え、なんで1,000円だけ?ケチくさ~

女性A

気前よく全額支払ってくれればいいのに

女性B

これが「1,000円だけ」請求された女性の心理状態です。

私たち女性は「謎の1,000円」に対してまず疑問が浮かびます。その次の瞬間には男性を「ケチ」「器が小さい」と評価し、少なからず失望を抱いています。

毎回デートのたびに1,000円請求されるのかな…?

女性A

あーあ。いい人だと思ってたけど、もう候補から外そうっと

女性B

こう考えた女性は、男性に対して評価をくだすのは自分と思い込んでいます。しかしその一方で「男性から試されている」真実に気づいている女性は、そう多くありません。

「じゃあ、1,000円だけ」にいたるお会計の流れ

まずは「じゃあ、1,000円だけ…」発言にいたるまでの経緯からおさらいしましょう。


男性

今日は楽しかったよ。あ、そろそろいい時間だね。すみません、チェックお願いします(店員を呼ぶ)
こちらこそ楽しかったです。あ…(お財布をバッグから取り出す)【①】

女性

男性

(伝票を見てクレジットカードを店員へ預ける)いいよいいよ。気にしないで
え、でもそんな。悪いですし…【②】

女性

男性

…そう?じゃあ、1,000円だけもらってもいいかな?

このように食事のお会計の支払いを巡った一定のやり取りのすえ、「じゃあ、1,000円だけ」が飛び出すケースが主流です。お会計で真っ先に「1,000円もらえる?」となるわけではないのがポイント。

まずは邪推せず、この会話から汲み取れる「表面上の心理」を挙げてみましょうか。

  • 女性「全額ご馳走してもらうのは申し訳ないから、せめて少しは支払わせて欲しい
  • 男性「全額ご馳走することは当然だが、女性の気持ちを汲んで1,000円だけ受け取る

一見すると、互いに相手を思いやるうえでの発言に思えます。しかしながら、実は男女ともに完全な的外れの考察です。

恋愛は「駆け引き」の一面を持ちます。お会計の時点から、すでに戦いは始まっているのです。

デートのお会計をめぐる女性の心理考察

先の会話の中に、女性が本心とは異なる言動をしている箇所が2つあります。おわかりでしょうか。

  1. 「こちらこそ楽しかったです。あ…(お財布をバッグから取り出す)」
  2. 「え、でもそんな。悪いですし…」

これらの発言の裏に隠された女性の心理状態について、以下で紐解いていきましょう。

①「こちらこそ楽しかったです。あ…(お財布をバッグから取り出す)」

お会計時、女性が考えていることは以下の2つです。

  • 男性が理想に足る人物かジャッジする
  • お財布を取り出すのは女性の作法である

男性が理想に足る人物かジャッジする

一般的な婚活女性は、「男性にご馳走してもらえると嬉しい」と考えています。それは決してお金が惜しいわけではありません。

交際前のデートでは、女性はあらゆるシーンで男性を徹底的かつ冷静に分析します。交際して問題ないか、将来的な結婚相手に足る人物か。

彼女たちが自分の目で確かめたいのは、決して肩書きやステータスで取り繕えない「本質」。

自分のために惜しまず尽くしてくれる姿勢

女性は心の底にいつまでも、幼稚園の頃の「お姫さま」像を描き続けています。尽くしてもらうことで初めて相手へ信頼を寄せ、家族に無償の愛を注ぐ「」へと進化を遂げるのです。

お財布を取り出すのは女性の作法である

それでも女性が支払う意欲を見せてお財布を取り出すのは、いったいなぜか。それはおもに以下の理由が挙げられます。

  • 支払うそぶりを見せないと居心地が悪い
  • 食事デートにおける女性の作法のひとつ

内心(ご馳走して欲しい)と感じていても、男性がお会計を済ませるまで待っているだけでは、居心地が悪いものです。ですから、格好として「私も支払う意欲がありますよ」と見せるわけですね。

男性の中には「女性に気遣いをさせたくない」として、女性がお手洗いに席を立つ間にお会計を済ますタイプもいます。言葉にはない、男女の心理の駆け引きが表れているシーンといえるでしょう。

②「え、でもそんな。悪いですし…」

男性から「いいよいいよ」と言われて「アッそうですか」とすぐにお財布をしまうのでは、支払う気が毛頭なかったと男性へ伝わってしまうリスクがあります。

そのため先のとおり一、二度この不毛な押し問答をします。これはもはや儀式のようなものです。

自分が本当に支払う意欲があること

この姿勢を男性へしめすことができたと感じれば、女性は満足してお財布をしまい、ニッコリと「ご馳走さまです」と言うのです。

「じゃあ、1,000円だけ」に潜む男性の意図

一方、女性視点からみた「謎の1,000円」の真実はいったい何にあるのでしょうか。

「1,000円だけ」に対する反応を試している

女性が「1,000円だけ」に首をかしげていることは、男性も承知の上というのがポイント。男性も、別にたった1,000円を惜しく感じているわけではありません。

その発言から女性の反応をみるため、試している側面が強いです。男性はこの反応から、以下のポイントを見抜こうとしています。

  • 最低限の礼儀があるか
  • (たとえ表面上だけとしても)気持ちよく支払う姿勢を見せるか
  • 素直に「ありがとう」と感謝を伝えられるか

なおこの発言に対して女性が以下の態度をみせたら、その瞬間に男性の候補から外れることになるため注意です。

減点の対応

  • あからさまにヘソを曲げた態度をとる
  • ひきつった顔を見せる

彼女候補に入っているかが判断基準

ここまで考察してきた「じゃあ、1,000円だけ」、実は誰に対しても言うわけではありません。

男性はある基準をもって、この発言によりジャッジすべき対象を「選んで」いるといいます。

候補外、もしくは悩ましい女性に限る

男性も交際前のデートで女性をジャッジしている点においては、女性と変わりありません。お会計へいたるまでに、会話の内容や態度からすでに一定の評価をくだしています。

それまでの評価で以下の判定をくだした女性にのみ、「1,000円」のくだりが発生する傾向が強いことがわかりました。

  • 交際相手の候補から外れた女性
  • 次回以降に繋げるかどうか悩ましい女性

具体的には「男性の扱いに慣れていそう」「勘違い女」と感じる女性に対して高い確率で発言するといいます。一方、「好意は感じないものの、性格がいい女性」に対しては言わない、という意見もあります。

好きな女性なら断るか、次回へ繋げる

これまでの考察から、男性は自分が好意を寄せる女性に対しては「1,000円だけ」発言はしないことがわかります。

それでも女性が席を立つタイミングがなかったりなど、ふたりでお会計のタイミングを迎えるケースもあるでしょう。そのとき女性が支払うそぶりを見せたなら、男性は以下の対応を取ります。

  • かたくなに断る
  • 「また今度お茶でもご馳走して」

女性が曲がらなければ、「ここは自分が支払うから、次回お茶でも」と提案をするのです。お茶なら負担も少ないですし、次回へ繋げるための口実というわけですね。

さて。いろいろと述べてきましたが、ここまででわかったひとつの「事実」があります。

「じゃあ、1,000円だけ」発言があった時点で、その恋愛の雲行きは怪しい

なぜ「1,000円」なのか?

そもそもなぜ「1,000円」なのか?という疑問ですが、それは「試すのに絶妙な金額」だから。

  • 500円玉:持っているかわからない
  • 5,000円札:比率が高すぎる
  • 2,000円札:マイナーすぎる
  • 1,000円札:扱いやすく、持っている可能性が高い【採用!】

このような理由から、比較的請求しやすい「1,000円札」が多くの男性に選ばれる結果となっています。

支払いをめぐる男女の明暗を追ってみた

「じゃあ、1,000円だけ」をめぐる男女の心理状態が明らかとなったところで、冒頭の会話の分岐点からストーリーがどんなシナリオを描くのか、それぞれ追っていきたいと思います。

  • 女性が1,000円を支払い、男性が受け取った
  • 女性が差し出し、男性が受け取らなかった
  • 女性の表情を観察して、男性が発言を撤回した

果たしてハッピーエンドはあるのでしょうか?テイク2、スタート!

女性が1,000円を支払い、男性が受け取った

男性

…そう?じゃあ、1,000円だけもらってもいいかな?
あ、はい(男性へ1,000円札を差し出す)

女性

男性

(受け取ってお財布へしまう)それじゃ、今日はありがとう。気をつけて帰ってね
こちらこそご馳走さまでした(1,000円支払ったけどな!)

女性

このケースの、それぞれの思惑は以下のとおりです。

  • 男性:すでに候補外としている女性へ1,000円を要求している ≫ 【脈なし】
  • 女性:1,000円をきちんと受け取る男性に失望している ≫ 【脈なし】

男性は女性に何の未練もないため、すんなりと1,000円を受け取ります。お互いの心はすでに離れているため、女性が男性の他の面で惹かれていない限り恋愛が継続することはありません。

女性が差し出し、男性が受け取らなかった

男性

…そう?じゃあ、1,000円だけもらってもいいかな?
あ、はい(男性へ1,000円札を差し出す)

女性

男性

ああ、ごめんごめん。本気にしなくていいよ!
え、そうなんですか…?(面倒くさいなあ)

女性

このケースでは、男女それぞれ以下のような心理状態と想定できます。

  • 男性:率先して支払う意欲を見せてくれたからいい子だ ≫ 【わずかに脈あり】
  • 女性:いったいどっちなの?優柔不断だなー。面倒だしやめとこ ≫ 【脈なし】

男性は交際相手として決め手が足りなかったことで試したところ、その姿勢に心動かされています。一方女性は試されたことに気づき、あげく振り回されて憤慨しています。

男性が積極的にアプローチして挽回しない限り、交際発展は難しいケースです。

女性の表情を観察して、男性が発言を撤回した

男性

…そう?じゃあ、1,000円だけもらってもいいかな?
え?あ、はい…(1,000円かあ…)

女性

男性

あーウソウソ!俺が支払うから
いいんですか?(どっち?)

女性

このケースから想定される男女の思考は、以下になります。

  • 男性:発言した瞬間の女性の嫌そうな顔を見て、候補から即除外 ≫ 【脈なし】
  • 女性:謎の1,000円を請求されたうえ、即撤回に疑問視 ≫ 【脈?】

女性は無意識に出た自分の表情に気づいていない可能性があります。この押し問答の真意が読み取れていません。

一方男性は瞬間的に女性の表情を読み取り、すぐさま彼女候補から除外しています。男性が全額ご馳走してくれたとしても、この恋愛に先はないでしょう。

おわりに

結論は、こうです。

「じゃあ、1,000円だけ」が出た時点で両者は幸せになれない

「じゃあ、1,000円だけ」をめぐる駆け引きでは、発言前に男性がネガティブ、発言後に女性がネガティブな心理状態に陥ることがわかりました。

つまりこの発言があった時点で、その恋愛に障害ができているというわけです。

ではこの発言から女性は挽回できないのかというと、決してそうではありません。発言の意図を理解して積極的に支払えば、男性の好意を取り戻せる余地は十分にあります。

謎の1,000円をめぐる男女の水面下の攻防戦。この戦いを制した者のみ、明るい未来が約束されることはもはや明白です。

クリックで応援

人気ブログランキング

ネット婚活の成功者が説く、今ある恋愛のタネを成就させる心得 婚活アプリでデートをドタキャンしてくる男って、いったい何がしたいの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です