気になるカテゴリから記事を探す

「じゃあ、1,000円だけ」に隠された男性の意図 VS 女性の心理

こんにちは。うい(@uiuiuipot108081)です!

お会計時に、男性から 1,000円だけ 要求されたことはありませんか?

千円札

…女性なら、誰しも一度は経験があるのではないかと思います。

しかし私たち女性の大半は 謎の1,000円 の意図を汲み取れません。そのため「ケチ」「器が小さい」と感じ、相手の男性に少なからず失望します。

え、なんで1,000円だけ?ケチくさ~

もう候補から外そ~っと

こう考えた女性は、男性に対して評価をくだすのは自分と思い込むものです。

しかしその一方で、実は 男性から試されている としたら…あなたはどう思いますか?

これから私と一緒に男性の「深層心理」を学んでいこう!

こんな人におすすめ

  • 婚活中
  • 気になる人に1,000円を要求される
  • 「1,000円だけ」の真相を知りたい

「じゃあ、1,000円だけ」にいたるお会計の流れ

まずは、「じゃあ、1,000円だけ…」発言にいたる経緯からおさらいしていきます。


レストランデートの場面

今日は楽しかったよ。あ、そろそろいい時間だね。すみません、チェックお願いします(店員を呼ぶ)
あ、おいくらですか?(お財布をバッグから取り出す)【①】

(クレジットカードを店員へ預ける)いいよいいよ。気にしないで
え、でもそんな。悪いですし…【②】

…そう? じゃあ、1,000円だけ もらってもいいかな?

このように、お会計の支払いを巡る一定のやり取りのすえ「謎の1,000円」は飛び出します。

真っ先に「1,000円貰える?」とならないのがポイント!

この会話を 字面じづらだけで 見たとき、読み取れる両者の心理はこんなところでしょう。

女性の心理全額ご馳走してもらうのは申し訳ないし、少しは支払わせて欲しい

男性の心理全額ご馳走することは当然だが、女性の気持ちを汲んで1,000円だけ受け取ろう

一見、お互いを思いやったうえの言動に思えますが…?

実はこれ、まったく見当違いの考察なの!

恋愛は「駆け引き」の一面を持ちます。

お会計の時点から、戦いは既に始まっているのです。

お会計時の会話に潜む男女の深層心理

手を繋ぐ男女

では、先の会話に隠れた男女の「本当の気持ち」をあばいていきます。

まずは女性から見ていこう!

「女性」の言動の裏に隠れた意図

先ほどの会話で、女性が本心とは異なる言動をしていた部分にお気づきでしょうか?

  1. 「あ、おいくらですか?(お財布をバッグから取り出す)」
  2. 「え、でもそんな。悪いですし…」

この2つの発言の裏を読み解くことで、女性の深層心理が明らかとなります。

①「あ、おいくらですか?(お財布をバッグから取り出す)」

交際前の女性が、男性とデートを重ねる大きな目的のひとつ。

男性が理想に足る人物か?

これを見極めるべく、女性はさまざまなシーンで男性を冷静にジャッジしています。それは無論むろんお会計さえ例外ではありません

女性の抱く「男性の理想像」とは

女性が男性に求める理想像には、共通した要素があります。

  • 自分に好意を寄せてくれている
  • 自分に尽くしてくれる
  • 自分に気を遣ってくれる

女性が「ご馳走してもらうと嬉しい」と思う根拠は、ここにあります。

自分のために支払いをいとわない姿勢から、女性はこれらのサインを受け取ります。そうして初めて、相手に信頼を寄せられるのです。

お財布を取り出すのは女性の作法

お財布

女性の深層心理と、お財布を取り出す行動が矛盾むじゅんするように思えるのも無理はありません。

実は女性は、お会計時にお財布を取り出すのはマナーと考えています。たとえ内心は(ご馳走して欲しい)と思っていても、です。

格好として「私も支払う意欲がありますよ」と見せているんだね!

お寿司デートで気をつけたいマナーは?
お寿司を上品に食べてこそ大人の女性。最低限身につけるべき作法とは

MEMO
男性によっては、女性がお手洗いへ席を立つ間にお会計を済ますタイプもいます。言葉にはない、男女の心理の駆け引きが表れているシーンといえるでしょう。

②「え、でもそんな。悪いですし…」

男性から「いいよ」と言われてすぐに「アッそうですか」とお財布をしまうのでは、支払う気が毛頭もうとうなかったと思われるリスクがあります。

ですからこのように、一、二度不毛ふもうな押し問答をします。これは 儀式 です。

自分が本当に支払う意欲があること

この姿勢を男性へしめせたなら、女性はやっと満足し、うやうやしくお財布をしまうのです。

「男性」が1,000円を要求する理由

一方、女性視点でいう「謎の1,000円」の真実は、いったい何にあるのでしょうか?

「謎の1,000円」の狙い

女性の反応を試す男性

女性と同じように、男性もこの発言によって女性の本質を見極めようとしています。

  • 最低限の礼儀があるか
  • (表面上だけでも)気持ちよく支払う意欲を見せるか
  • 素直に「ありがとう」と感謝を伝えられるか

女性が「1,000円だけ」に首をかしげているのは、男性も承知の上

この反応を見て、長期的に交際できそうな女性か 試し打ち をしているともいえます。

まあ、お互いさまだね…
男性に嫌われる返答の例

男性から(ないな)と思われ、即、候補から外されるNGパターンを一部ご紹介します。

NGパターン

  • あからさまにヘソを曲げた態度をとる
  • ひきつった顔を見せる
  • いきなり機嫌が悪くなる

「謎の1,000円」の条件

ここまで考察してきた「じゃあ、1,000円だけ」、実は誰に対しても言うわけではありません

男性は明確な基準から、ジャッジすべき対象を 選んで いるといいます。

  • 交際相手の候補から外れた女性
  • 次回以降に繋げるか悩ましい女性

つまり、お会計前までのやり取りがカギってこと!

デート中に相手をジャッジしているのは、男性も女性も同じ。

お会計までの雰囲気や態度から、男性は女性に対し一定の評価を下しています。要は、「グレーゾーンの女性」が1,000円のターゲットになるのです。

MEMO
なお「好意は感じないものの、性格のいい女性」に対しては言わない、という声もあります。
好きな女性に対する男性の行動

これまでの考察から、男性は好意を寄せる女性に対して「1,000円だけ」と言わないことがわかります。

ではそんな女性に対し、男性はお会計時にどんな対応を取るのか。答えは、こうです。

また今度お茶でもご馳走してくれるかな?

基本的には、好意を寄せる女性には一銭も支払わせないよう訴えます。それでも女性がかたくなに曲がらない場合は、こうして「次回のデート」へ振り替えるわけです。

まあ、口実だよね…

なぜ「1,000円」なのか?

日本の紙幣

余談になりますが、そもそも彼らはなぜ揃いも揃って 1,000円 なのでしょうか?

それは、「試すのに絶妙な金額」だから!
500円玉 持っているかわからない
1,000円札 持っている可能性が高い!
2,000円札 マイナーすぎる
5,000円札 支払う割合が多くなる

こうした理由で、比較的請求しやすい「1,000円札」が多くの男性に選ばれる結果となっています。

「じゃあ、1,000円だけ」の攻略パターンを探れ!

じゃあ、1,000円だけ」をめぐる男女の思惑について、少しは共感いただけたでしょうか。

それでは改めて、冒頭の会話の分岐点からストーリーがどのようなシナリオを描くのか?以下のパターンに分け、それぞれ追っていくとしましょう。

  1. 女性が1,000円を支払い、男性が受け取った
  2. 女性が差し出し、男性が受け取らなかった
  3. 女性の表情を観察して、男性が発言を撤回した

果たしてハッピーエンドはあるのでしょうか?

テイク2、スタート!

①女性が1,000円を支払い、男性が受け取った

…そう? じゃあ、1,000円だけ もらってもいいかな?
あ、はい(男性へ1,000円札を差し出す)

(受け取ってお財布へしまう)それじゃ、今日はありがとう。気をつけて帰ってね
こちらこそご馳走さまでした(1,000円支払ったけどな!)

このケースの、それぞれの深層心理は以下のとおりです。

審判
男性 なし すでに候補外
女性 なし 男性に失望した

男性は候補外の女性に対して1,000円を要求し、未練もないためすんなりと受け取ります。

一方、女性は1,000円を受け取る男性に対し失望しています。お互いの心は既に離れているため、恋愛が継続することは少ないでしょう。

②女性が差し出し、男性が受け取らなかった

…そう? じゃあ、1,000円だけ もらってもいいかな?
あ、はい(男性へ1,000円札を差し出す)

ああ、ごめんごめん。本気にしなくていいよ!
え、そうなんですか…?(面倒くさいなあ)

このケースでは、男女それぞれ以下のような心理状態と推定されます。

審判
男性 わずかにあり 思い直している
女性 なし 男性に疑問視

男性は交際相手として決め手が足りなかったため女性を試し、その姿勢に心動かされました。

一方の女性は試されたことに気づき、あげく振り回されて憤慨ふんがいしています。男性が積極的にアプローチして挽回ばんかいしない限り、交際発展は難しいケースです。

③女性の表情を観察して、男性が発言を撤回した

…そう? じゃあ、1,000円だけ もらってもいいかな?
え?あ、はい…(1,000円かあ…)

あーウソウソ!俺が支払うから
いいんですか?(どっち?)

このケースから想定される男女の思考は、以下になります。

審判
男性 なし 候補から除外
女性 状況が理解できない

女性は無意識に出た自分の表情に気づいていません。

一方、男性は瞬時に女性の表情を読み取り、すぐさま彼女候補から除外しました。男性が全額ご馳走してくれたとしても、この恋愛に先はないでしょう。

おわりに

結論を申し上げます。

「じゃあ、1,000円だけ」が出た時点で両者は幸せになれない

謎の1,000円」をめぐる駆け引きでは、発言前に男性がネガティブ、発言後に女性がネガティブな心理状態におちいることがわかりました。

要は、この発言があった時点でその関係に障害が生まれているわけです。

ではこの発言後に女性は挽回ばんかいできないのかというと、そうでもありません。発言の意図を理解し、笑顔で支払えばよいのです

(やっぱりいい子かも)と思わせられたら、また勝負できる!

支払いをめぐる男女の水面下の攻防戦。

この戦いを制した者のみ、 明るい未来 が約束されることはもはや明白です。

婚活で遭遇する「ドタキャン」の心理はこちら
婚活アプリでデートをドタキャンしてくる男って、いったい何がしたいの?

あなたの彼は大丈夫?「既婚者」セルフチェック
既婚者許すまじ!婚活アプリの男性が独身か疑うべき怪しい言動10選

クリックで応援

人気ブログランキング

ネット婚活の成功者が説く、今ある恋愛のタネを成就させる心得 クセが恋を遠ざける!?女性が今すぐやめるべき「嫌われるクセ」まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です