カテゴリ一覧から記事を探してみよう

婚活アプリで出会ったのに、何をしたいのかわからない2人の婚活男たち

こんにちは。うい(@uiuiuipot108081)です!

婚活アプリで幸せを掴むために、注意したい男性ユーザーは2つに大別できます。

ひとつはヤリモク既婚者のような悪質会員。そしてもうひとつは、素でヤバい会員です。

私が婚活アプリで出会った、ヤバいけどどこか憎めない3人の婚活男たち

後者は、真っ当な婚活目的でその場に身を置いているはず。しかしてその実態は、紛れもなく婚活のトラップになり得る存在です。

そんな「ヤバ男」の中でも、とびきり見極めが難しいタイプがいます。彼らは返信はマメ、会話も誠実、一見カンペキに思える段取りで進行するのが特徴です。

しかしながら、なぜか途中で話が噛み合わなくなります。彼らが、今回の主題です。

婚活アプリで出会ったのに何をしたいのかわけがわからない男

彼らについて理解してもらうには、私がかつて出会ったわからない婚活男たちのエピソードを披露するのが早いでしょう。

  • カメラマン(28歳)
  • 東○海上(38歳)

恥ずかしながら私は、時を経た今もなお彼らへの対応の正解が見出せていません。それだけ私にとって不可解かつ、わけがわからない人種でした。

さあ。あなたは、彼らを攻略できますか?

カメラマン(28歳)

私が地方にいた頃、ある婚活アプリで出会った28歳のKさん(通称:カメラマン)です。

車高の低さがわからない

メッセージである程度親交を深めた頃、相手から初デートに「鎌倉」を提案されました。

地方だったため、鎌倉には車で往復しても丸1日かかります。初回から長時間を共有するのは一瞬悩みましたが、メッセージでとても仲良くなれていたことから、すぐに快諾しました。

待ち合わせは地方某駅のロータリー。朝早く彼が車で迎えに来てくれるというので、数ある輸入車の車種を妄想しながら待つこと数分。

 

ブォンッ…ブオンブオンブオンブオオォォーーー

 

ん?

あS2000で来る???

MEMO
S2000はホンダがかつて販売していたスポーツカー。とにかく車高が低いゾ!

古い型式の車のため何だか色がくすんでいるし、オープンカーなのに天気が悪いから屋根を閉じているしで、正直がっかりしました。私はアウディかレクサスが良かった。

更にはやたらと改造を施していて、ただでさえ低い車高は地面スレスレにまでなっています。完全に自己満で、女の子の乗せ心地など考慮しているはずもなし。

終いには座席がほぼ仰向けで寝るような角度。これは物理的に人体がおさまるのだろうか。

遅れてごめんね。乗り心地はよくないけど、さあ乗って

カメラマン

鎌倉に到着した頃には全身バキバキで、瀕死の状態だったのは言うまでもありません。

撮影頻度がわからない

身体のあちこちが痛くなりながら、やっとS2000から解放された喜びを噛みしめつつ向かった先はかの有名な鶴岡八幡宮

いつ見ても立派で風情溢れる佇まいに感動しながら、ふと横をみやると彼がいない。

 

パシャ!パシャ!…

 

ん?

写真撮影するカメラマン(28歳)

写真撮影するカメラマン(イメージ画像)

え何勝手に私撮ってんの???

あろうことか、何の許可もなく後方から私の姿を連写していたんです。いやお前。

S2000で痛めつけられたうえに無許可の盗撮。

今すぐにでも帰りたい気分でしたが、ここは遠い鎌倉の地。S2000とはいえ移動手段としては貴重ですから、ここでブチ切れて現地解散は避けるべきだ。耐えろ私。

そんな葛藤を抱きつつも、心は正直で無意識に彼と距離を置きながら歩く私。どうやらそれが撮影距離に最適らしく、ノリノリで腰を屈めながら私を被写体に撮影を続けるS2000。何この地獄。

しだいに呆れて彼を放置しながら進み、ようやくシャッター音が鳴りやんだと思って振り向くと遠くでこま犬撮影してるし。いや何でもいいのかよ。

節約ポイントがわからない

ざっくり鶴岡八幡宮の観光を終えた頃、お腹も減ったのでランチにすることに。

心身ともに憔悴しきっている私でしたが、ごはんにありつけると思うと元気が湧き出てきました。(シラスご飯にしようかな、海鮮もいいなあ♡)とワクワクしたのも束の間。

 

ココでいい?

カメラマン

 

ん?

 

鎌倉のそば屋(イメージ画像)

鎌倉のそば屋(注:イメージ画像)

カメラマンは「そろそろお昼にしようか」と言った地点からわずか数歩先の寂れたそば屋を指差していました。

一瞬湧き出でた元気はすぐに干上がり、文句を言う体力さえ残っていなかったためそのまま引きずられるように入店。

おそばは普通においしく食べ、そろそろというタイミングで私は席を立ちお手洗いへ。

手を洗いながら(おそばは単価700円だし、年上だからご馳走してもらえるかな…)と期待しつつ席へ戻ると、彼はそのままの姿勢で待っていてお会計は別々でした。

帰路はS2000の車内で激しく揺られながら白目剥いてました。

東○海上(38歳)

次は婚活アプリのユーブライドで出会った、大手損害保険会社に勤めるYさん(通称:東○海上)です。

食事のレパートリーがわからない

新卒から勤続する東○海上○動の超エリート出世コース。とにかくマジメで、女性経験があるのかわからないくらいに奥手な性格でした。

しかし婚活の熱意は相当のもので、メッセージの文章がひたすらに長い(しかし内容がない)。

仕事も恋愛もルーチンの感覚なのか、いつしか毎週金曜の夜に銀座で食事をするのが定例化しました。食事の翌日には、必ず次回のレストランがURLを添えて届くようになりました。

勤務先が銀座のため、銀座グルメに詳しいという彼。私も銀座・有楽町界隈にはそれなりに詳しいつもりでいましたが、それでも初めて足を運ぶお店がたくさんありました。

レストランのジャンルは実に豊富で、かつ変化球がヤバい。「今回はイタリアンだったので、次は珍しくロシア料理はいかがでしょうか」とか。

おいしい食事をたくさん食べることができ、一見問題のないように見えたのが落とし穴でした。

このウィークリールーチン、半年以上続きました。

この間は交際に発展していません。もちろん男女関係もなし。何なんだこれは。

何を考えているのかわからない

私はというと、始めは誠実な対応に惹かれ「告白されたら付き合ってもいいな」と思いつつ、食事をともにしていました。しかし2カ月以上経っても一向に進展する様子がないと、さすがに気持ちも冷めます。

クリスマスイブが金曜に重なったときは、さすがの私も期待しました。

銀座の会員制高級フレンチレストランを予約してくれた彼は、生のピアノ演奏が堪能できる特等席を用意していました。バッグのプレゼントと、帰り際にバラの花束まで。

しかし駅まで送り届けてくれた後は、

じゃ、また来週

東○海上

あこれ無限ループはまってるわ。

そもそも恋愛が発展する以前に、これだけの時間をかけても一向に親交が深まる気配がないっていうのが問題です。彼の奥手がすぎるのも原因ですが、何より寡黙すぎるのです。

食事中、言葉を発する割合は9.5:0.5。もちろん、私が9.5です。

私は沈黙を避けるため、気を遣いつつ次々と話題を繰り出します。このループにハマっていた期間で、トークスキルがかなり鍛錬されたのには疑う余地もありません。

何に楽しみを見出せばいいのかわからない

彼がその0.5の割合で発する言葉は、「日記」でした。

今日の朝ご飯は、納豆と味噌汁とご飯を食べました。おいしかったです

東○海上

先日、実家に行って犬と遊んで、とても楽しかったです

東○海上

冗談だと思いますか?いえ、そっくりそのままこれです。私は「あ、そうですか…」と返すので精一杯。

いったい私は、何と答えるのが正解だったのか。

「そうなんですね!味噌汁の具は何だったんですか!?」「わあ。いいですね!犬種は何ですか?

模範解答に頭を抱える日々。正直いって、彼とともに過ごす時間に限界を感じ始めていました。

東○海上とのルーチンディナーを始めて半年に突入する頃。その日のレストランは、銀座の地下にある中華でした。

中華レストラン

話題を振りまく芸にも疲れた私は、その日は黙って食事を続けました。

すると彼が、私の普段と異なる様子に動揺し始めました。無意味にスマホを触ったり、メニューを見たり挙動不審になる彼を見て、意地悪心が生まれた私はあえて知らんぷりを続けました。

それが5分にもなると、さすがに耐えかねた様子の彼。意を決した彼が0.5の口を開き、発した言葉とは!

 

(ソファをさわりながら)このソファ、いい生地ですよねぇ…。

東○海上

 

んあ5分待ってそれーーー!?!?

最後は白目剥きながら、小籠包をすすって帰ってきました。

東○海上に出会えるかも

31日間無料キャンペーン中

おわりに

彼らはいずれも婚活目的だったことに間違いはないでしょう。ただ私にはわけがわからなかった。

東○海上は、女性がリードすれば交際に発展したのかもしれません。しかし出会った時点で彼は私の一回り上の年齢でしたし、なかなかそうもいきませんでした。

この2人との出会いを通して私が学んだのは、何より恋愛はタイミングが命だということ。タイミングを一度でも見失えば熱は急速に冷め、二度と燃え上がることはありません

彼らからの学びを糧に最愛の夫と出会うことができたため、今となっては彼らにも感謝しています。どうかお幸せに。

あなたはカメラマンと東○海上を、攻略する自信があるかな?

クリックで応援

人気ブログランキング

私が婚活アプリで出会った、ヤバいけどどこか憎めない3人の婚活男たち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です