Check ! アラサー女子流お小遣い稼ぎの方法

婚活アプリでデートをドタキャンしてくる男って、いったい何がしたいの?

こんにちは。うい(@uiuiuipot108081)です!

アラサーというと、世間一般には結婚適齢期に当たりますね。もちろん私の友だちの中でも、独身の女の子たちは皆張り切って、婚活に勤しんでいます。

そんな彼女たちと女子会をするとあれば、当然ながら目下の話題は婚活になります。合コンや友だちの紹介といった手段を差し置き、今もっともホットなツールはやはり「婚活アプリ」。

そのアプリを通じて多くのユーザーとやり取りし、気に入った男性と食事をした感想や、デートの経過などを共有し合うのが婚活女子たちの醍醐味です。

そんな彼女たちの健闘ぶりを耳にしていた中、ふと、ひとつの気づきがありました。

折角予定を空けておいたのに、前日になって急にドタキャンされたの。信じらんない!

A子

当日になってもお店の連絡が来ないから、メッセージを送ったらブロックされてた…

B美

私から見て決して人間性に問題があるとは思えない彼女たちが、婚活アプリで出会った男性からドタキャンに遭う率が高いことに目がつきました。匿名性が高く、顔を合わせずして交流できるというメリットが、裏目に出ているのでしょうか?

何にしても彼女たちが心から傷つき、危うく自信を失くしかねない行為であることは明白です。

彼女たちの婚活を応援するためにも、婚活アプリの男性の「ドタキャンをする心理」について明らかにすべく、私は立ち上がりました。

「ドタキャン」の定義について明確にしておきたい

まず本題へ入る前に、「ドタキャン」の持つ定義についておさらいさせてください。

婚活アプリでは、直接顔を合わせる前からアプリ上、またはLINE等を通じてメッセージを交換し合い、親交を深めていく手順が一般的です。その中で双方、もしくはいずれかが「会いたい」と希望して初めて、実際のデートへステップアップします。

実際のデートへ辿り着くまでには、いくつかの段階を踏む必要があります。進行する中、突然連絡が途絶えるようなケースも往々にして存在するでしょう。

そこでここでは、以下のようなケースをドタキャンではなく「フェードアウト」と定義づけます。

  • 「近いうちにお会いしましょう」と具体的な日時の指定がないまま音信不通
  • 「いつにしますか?」と日程の相談をしている中で音信不通

今回私が解決したいのは、あくまで以下のケースについてです。

具体的なデートの約束まで漕ぎつけたにも関わらず、突然キャンセルされる

それでは、分析を進めましょう。

婚活アプリで活動する男性が、デートを断るときの心理とは

具体的な日時まで決めたのなら、女性に対して積極的な気持ちがあると見受けられますね。女性のために時間を空け、移動の手間もかけて、初対面で1、2時間の会話をするというのは想像よりハードルが高いものですから。

つまり、デートの約束に漕ぎつけた時点で少なくとも【脈アリ】と判断するのが女性です。ところが、女性の持つこの先入観が、そもそもの間違いである可能性が出てきました。

面倒くさくなった

男性がドタキャンをすることの理由で第一に挙げられるのは、ずばり「面倒くさい」です。

まず前提に、「婚活意欲の度合い」が女性の基準と異なるということを履き違えてはなりません。

生物学的にいえば男性はいつ結婚しても子どもを持てますが、女性はなかなかそうもいきませんね。結婚の延長線上に子どもを見据えるのであれば、男性と女性では婚活のタイムリミットは大きく異なります。

このことから、男女で婚活に臨むスタンスの違いは見るも明らかです。ひとつの可能性を前にしたとき、女性は優先度を最大まで上昇させますが、男性にとっての優先度は「仕事」「体調」「気分」等と同列です。

その中で優先度を上げる作用をするのは、相手への興味の度合いになります。

相手への興味が薄れた

デートの約束を取り付けるまでは、相手に対する興味があったことに間違いはありません。

ただ約束から当日までの間、その気持ちを維持できる保証はありませんね。デートの約束までの難易度と、実際にデートをすることの難易度に大きな差異がある可能性もあります。

人の気持ちは刻一刻と変化します。いずれにしても、冒頭で触れた「実際に会うまでのハードル」を超えるに値しない存在へ、転落してしまったのだろうと考えられます。

デート当日までのやり取りで気が変わった

デート当日までの間、メッセージでやり取りをしていく中で、男性のその気が変わる出来事があった可能性もあります。

女性にとっては、思い当たる節がないことも多いです。価値観に男女差はありますし、また人によっても千差万別。どれが彼の地雷を踏んでいたのかなんて、特定することは難しいでしょう。

思いがけず彼の地雷を踏むような事態を避けるためにも、初デートまではお互いの気分を高められる雑談に終始すると吉。会う前から面接のような質問責めは、気分のよいものではありません。

他にも返信の間隔言葉遣いなど、心地よいと感じてもらえるようなメッセージを心がけるといいでしょう。

優先度の高い女性が現れた

婚活アプリで活動している以上、いつ何時も他の女性ユーザーと比べられているという意識は必要です。あなたが男性を選り好みしているのと同様、男性側も数々の女性とあなたを天秤にかけています。

それはあなたとデートの約束を漕ぎつけた後でも、変わりありません。あなた以上に好みの女性が現れた瞬間、あなたに対する興味は霧散するでしょう。

一般的な男性は器用ではないため、女性のように「数人と同時進行でデートをするような婚活」はしません。

ひとたび興味が薄れたら、デートを断る連絡さえ「面倒くさい」と感じ、その手間を惜しむ男性がいるのも事実。幸いにも匿名で、この先の人生で会うこともないとあれば、嫌われても構わないとして連絡を絶つのです。

もともと行く気がなかった

なかなか理解しづらいですが、もともと行く気がないまま、デートの約束を取り付ける男性が一定数存在するようです。女性からデートの誘いがあり、男性が優柔不断で断れなかったケースなどが該当します。

当日までにもっともらしい言い訳で断るつもりでいたものの、優柔不断な性格が災いし、当日までダラダラと引き延ばしてしまった挙句にドタキャンへ至る最悪なパターンです。

これ以外にも、ハナから行くつもりがないまま誘ってくる男性もいるとの情報もあります。デートの日程さえ忘れるため、こちらから催促しない限り計画が進行しません。

ふと気づくとブロックされていた…なんて結末も。場合によっては、運営元へ相談するといいでしょう。

本当にあった!怖いドタキャンのパターン3つ

世の婚活女子たちへ注意喚起の意味からも、ここでドタキャンにまつわる本当にあった怖い話を紹介したいと思います。こんな兆候が見られたら、その恋は危険かもしれません。

MEMO
いずれも特定防止の観点から、実際のエピソードへわずかに手を加えています。

①当日になってブロックされていた

デート前日の夜…

明日の食事、どこにしますか?

B美

男性

あ、そういえば決めていなかったですね。考えて、また連絡しますね

デート当日のお昼頃

今夜、どこへお伺いしたらいいですか?

B美

【 音信不通 】


連絡が通じなくなったことを不審に感じたB美は、同じ婚活アプリユーザーの女子へ依頼し、男性のプロフィールを当たってもらったのだとか。するとそこには、「ログイン5分以内」の表示が…。

私から見ると「退会しました」表示になっていたから、ブロックされたって即わかった。行くつもりがないなら、さっさと断ってくれたらいいのに

B美

B美の言うことももっともですが、先の分析に照らし合わせると、おそらくこの男性は途中で気が変わったんでしょうね。即ブロックをする行動からも、アプリに手慣れている印象があります。

数いる女性候補の中から、常に優先順位を入れ替えながら活動しているんでしょう。

デートの日程を忘れていた反応からも、管理しきれていない様子が窺い知れます。私から見ればこの男性は常習犯。もし実際のデートに至っていたとしても、先はなかったでしょう。この時点で判明してよかったのでは?

犬にかまれたと思って忘れて、次いこ!次!

②「向かっている」のにいつまでも現れない

約束の時間5分前

待ち合わせ場所に着きました

C香

男性

お待たせしてすみません!今、車で向かっているんですが、道が混んでいて…もう少しお待ちいただけますか?
構いませんよ。お気をつけて

C香


約束の時間20分後

今どのあたりですか?

C香

男性

今やっと駐車場に着きました!これから降りて向かいますね!遅れてすみません!

約束の時間45分後

あとどのくらいかかりそうですか?

C香

【 音信不通 】


彼女はLINEでやり取りをしていたんですが、最後の段階になって突然既読にならなくなったとのこと。その後も何通かメッセージを送っても一向に反応がなく、事故などの心配もあったので、2時間近くその場で立ちすくんでいたのだとか。

2時間以上経ち、ようやく「騙されたのかもしれない」という思考に至ったというC香。それまでLINE上では悩み相談などにも応じてくれていたようなので、一定の信頼が築けていたぶん、なかなか事実を呑み込めなかったといいます。

段々と近づいてきている感じが恐怖しかない…メ○ーさんみたい…
騙すにしても、どうしてこんな手の込んだことをするんだろう?サイコパス?

C香

事故を不安に思う彼女の良心さえ弄ぶさまは、常人の心理とは到底思えません。この男性は、先の考察の中の「もともと行く気がなかった」に該当するとみて、間違いないでしょう。悩み相談に応じていた段階から、何か企んでいたのかは定かではありませんが…。

あまりに待たせすぎたことで、合わせる顔がなくなったっていう可能性もあるのかな…。

いずれにしても、まともな神経を持ち合わせているとは思えない。狐につままれたと思って、元気出して!

③ドタキャンしたうえ、別の女とバッティング!?

2回目のデートの前日

男性

ごめん。明日のゴハンだけど、急な仕事が入って出勤しなきゃならなくなったんだ。申し訳ないけど、来週に先延ばしお願いできるかな?
そうなんですね。大丈夫です。お仕事頑張ってくださいね

D乃


デート当日

約束してたカフェ、ヒマだから折角だし、ひとりで行ってみようかな?

D乃


待ち合わせのカフェ

男性

今日は突然ごめんね。迷惑じゃなかったかな?
とんでもないです。お誘い、うれしかったです

E里


誰、あの女…!?

D乃


もうこれは言い逃れようのないパターンですね。しかも予約していた席を使い回すというあり得ないオチ。男性自身、まさかD乃がそのカフェにやってくるとは思いもしなかったのでしょうが、それにしても浅はかすぎます。

ちなみにこの話には更なるオチがあって、D乃はたまらず男性の前に姿を現し「仕事じゃなかったんですか?」という指摘をしたんです。瞬時にその場の空気が凍り付いたとか。

男性も常習犯的な匂いを感じますが、その割に修羅場をくぐり抜けていないのか、女性2人から詰問されて歯をガタガタ震わせて怯えたといいます。

実はこの男性、遡ること1回目のデートの際、D乃に対し交際を申し入れていました。この一連の流れに疑問を抱いたD乃は、某掲示板のスレッドで検索。すると案の定「要注意人物」として挙げられており、更に既婚者であることまで発覚しました。

スレッドによると、数々の女性から苦情が入りながらも、名を変え職を変え、再登録を繰り返しながら運営を欺き続けていたのだとか。D乃も例に漏れず運営へ訴えましたが、その行為も虚しく、今度は「商社マン」から「歯科医」へ転職して元気に活動しているそうです。

猿知恵にも関わらず、へこたれない根性はプロの領域だわ…
婚活アプリで怪しいと感じる人がいたら、某掲示板で情報を辿るのはおすすめ。悪質ユーザーだと大抵晒されているから、事前に自分の身を守れるよ

D乃

おわりに

新たな恋の予感に胸を躍らせる中、突然のキャンセルはショックが大きいですよね。

とはいえ、ドタキャンにいたるまでの男性心理というのは、決して珍しいものではありません。彼らの思考に寄り添い、先手を打てれば、婚活を有利に進められるということもまた事実です。

ただそれだけではない、手に負えないほど悪質なケースが存在するというのも、またおわかりいただけたのではないでしょうか。私の周囲だけでもこれほどの被害が生じています。婚活市場全体でみれば、それは膨大な数へ及ぶに違いありません。

先人たちの忠告を参考に、あなたの婚活が有意義なものになるようお祈りしています。

クリックで応援

人気ブログランキング

ネット婚活の成功者が説く、今ある恋愛のタネを成就させる心得 「じゃあ、1,000円だけ」に隠された男性の意図 VS 女性の心理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください