Check ! アラサー女子流お小遣い稼ぎの方法

まだビニール傘使ってるの?上質なハンウェイの雨傘で女っぷりを上げよう

こんにちは。うい(@uiuiuipot108081)です!

最近、天気が不安定ですよね。晴れていたと思ったら急にどしゃ降りになったり…。湿度も高くて、なんだか出かけるのがおっくうに感じる日もあるのではないでしょうか。

でもそんな憂鬱な日も、もしステキな雨傘と一緒だったら、たのしくお出かけできる気がしてきませんか?

とじても開いてもかわいいハンウェイの雨傘

写真は、私の使っているHAN WAYの雨傘です。ハンウェイは、傘・日傘・レイングッズを専門に扱うブランド。類を見ないデザイン性と、そのお値段の高さ(笑)から注目を浴びているショップなんです。

今日、雨の中を外出から戻ってきて、玄関にサッと立てかけただけでこの美しさ。人目を引く鮮やかなカラーに、花開いたかのように見えるフリルが印象的ですよね。会う人に必ず褒められる自慢の傘です。

女性って、傘に対してまで意識を向けない人って、意外と多いです。洋服やバッグ、靴、ネイルにいたるまでビシッとキメていても、その姿でビニール傘を差していては、せっかくのおしゃれが台無し

おしゃれをさらに際立たせるためや、シンプルな服装にワンポイントを利かせるためとしても大活躍のハンウェイの雨傘。実際のユーザー視点から、ハンウェイの雨傘についてご紹介します。

ハンウェイの雨傘のおすすめポイント

1,750年頃、旅行家のジョナス・ハンウェイはアンブレラをイギリスへ導入し、当時に熱狂的な流行を創り上げました。今でもロンドンに「ハンウェイ・ストリート」として名を残す彼の功績にインスピレーションを受け、ブランド「HAN WAY」は創設されたそうです。

それから今日までハンウェイは「人を護り、人を絵にする」という理念のもと、都会の雨の街並みに花を咲かせ続けています。

かわいいデザインがいっぱい

まず第一にデザインが魅力的。絵画のようなデザインが印象的なシリーズから、わたしの持つGinetteというシリーズのように、鮮やかな一色で魅せるデザインなど幅広く取り揃えられています。

引用:ハンウェイオンラインショップ

Ginette(16.200円)を開いた状態で上から見た図。ネイビーもめちゃかわいいですね…♡

引用:ハンウェイオンラインショップ

こちらはイラストレーター・田中麻記子氏とのコラボデザイン「ルソー」の新作(12,960円)です。田中マハ著「楽園のカンヴァス」の大ファンの私としては、のどから手が出るほど欲しくなっちゃいます…。雨傘ばかりそんなにあっても困るから悩みどころ。

ちなみに、このようにハンウェイは著名デザイナーやキャラクターなどと頻繁にコラボするのが特徴です。そのたび新作が数種類も発売されるので、ちょくちょくチェックするとお気に入りのデザインが見つかるかも。

カラーバリエーションが豊富

引用:ハンウェイオンラインショップ

デザインの種類の豊富さにくわえ、カラーバリエーションも多く揃っているのがうれしいポイント。たとえば私の持つGinetteは、なんと全部で13色も展開されているんです。(画像はそのうちの一部)

絵画タイプのものは1色で構成されていることが多いですが、単色やシンプルな柄ものであれば、カラバリは10色以上がほとんど。自分にぴったりなカラーを選べるのがうれしいですよね。

つくりが丈夫なのに軽い

ハンウェイの傘はデザイン性だけでなく、日常的に長く使えるよう、こだわったパーツで組み立てられているから非常に丈夫です。持ってみるとわかるんですが、すごくガッチリしているのに、軽量なんですよね。ちょっとやそっとの台風では、壊れそうにありません(笑)

傘骨の頑丈さはもちろん、超撥水性を兼ね備えた生地も特徴。防水性に優れていて、雨を軽く振り払うだけで水をはじき、びしょびしょになりません。

傘袋もセットでついてくる

ハンウェイで雨傘を買うとセットになっているのがこの傘袋。「傘袋ってなんぞ?」と思われるかもしれませんが、これ、かなり重宝します。

内側に撥水加工が施されているため、雨の中レストランに辿り着いたとき、濡れた状態でこの傘袋へ傘をそのまま入れてしまえば、自然と乾きます。

また、スタッフさんは以下のようにも言っていました。

傘立てに入れて放置するのが心配な場合は、この傘袋に入れて席まで持って行けば、濡れる心配もなくて便利です。

スタッフ

確かに、傘立てに傘を入れておくと盗まれそうだし、乱暴に傘立てに差す人もいるから傷つかないか不安…。そんなとき、この傘袋が大活躍するわけですね!

アフターサービスも充実で安心

ハンウェイはアフターサービスが充実している点もポイント。ハンウェイの傘には業界初の6カ月保証がついています。保証期間中に通常利用の範囲内で故障した場合、無料で修理の依頼が可能。

ただし、故障の内容や使用状況によっては、無料の修理が受けられないケースもありますので、事前に店舗へ確認してくださいね。

ハンウェイの雨傘の購入方法

ハンウェイの雨傘を購入する方法は、大きく分けて2つあります。

実店舗で購入

ハンウェイは、六本木に実店舗を構えています。国内で唯一の実店舗ですが、店内には雨傘だけでなく日傘や、オンラインショップでは品薄なメンズ用の雨傘も取り揃えられているので、実際に見て触りながら商品を検討したい場合は、実店舗へ足を運ぶのがおすすめです。

私はこちらで自分用の雨傘と、夫へプレゼントとして長傘を購入しました。ポイントカードシステムも導入されていて、一定金額まで購入すると割引のサービスがあります。

私個人の意見としては、画面を通して見るのと実物を見るのとではかなり大きな違いがあると感じました。色味も肉眼で見るとかなり印象が変わるデザインもありましたし、実際にとじたり開いたりしてみて、「ちょっと扱いづらい」と感じて見送った商品もあります。

カラフルな傘のディスプレイを眺めるだけでも楽しいので、都心部にお住まいならぜひ一度足を運んでみてください。

HAN WAY
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズウエストウォーク4F
営業時間:11:00-21:00

通販で購入

ハンウェイは、通販でも幅広く取り扱いがあります。ただ購入先は、公式オンラインショップ2店舗に限られるようです。以下から気に入る商品を見つけてみてくださいね。

ハンウェイ公式オンラインショップはこちら MOONBAT公式ECショップはこちら

おわりに

ハンウェイの雨傘は人と被ることが少なく、知る人ぞ知る人気商品。人と違うものを使いたいなら特におすすめです。パッと目を引くので、周りから「その傘、かわいいね。どこの?」って聞かれること請け合いですよ!

大人女子ならぜひ1本は上質な傘を持って、女の格を底上げしちゃいましょう♡

クリックで応援

人気ブログランキング

恋を叶えるオメガのデ・ヴィル。腕時計で男子のハートを掴め♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください