Check ! アラサー女子流お小遣い稼ぎの方法

LAVA会員がホットヨガスタジオ美温を体験!どう違うの?比較検証

こんにちは。うい(@uiuiuipot108081)です!

私がホットヨガスタジオLAVAに通い始めて、2年半以上経過しました。

LAVAの環境や体制に対して不満がないわけではありません。それでも通う価値があると思うからこそこれまで続けてこれましたし、継続していきたいと思っています。

でもひとつ決定的な不満があるとすれば、それはスタジオの立地

実は私の通うLAVAの店舗は隣町のエリアにあり、最寄り駅周辺には店舗を構えていません。

とはいえ徒歩圏内には違いないので、ウォーキングも兼ねて通っている現状があります。ただ、正直なところでは「もう少し近い位置にあったら…」という気持ちもないわけではありません。

引用:ホットヨガスタジオ美温

そんな折、ふと目に入ったホットヨガスタジオ美温の広告。このとき初めて、最寄り駅付近に別のホットヨガスタジオが存在することに気づきました。

もし美温がLAVAに比較して劣らないスタジオであれば、立地条件からして乗り換えも視野に入ります。そこで一度、美温の体験レッスンを受講してみることにしました。

ホットヨガスタジオを選ぶ基準

ホットヨガスタジオを選ぶうえで大切なポイントは、以下の4点にあると私は思っています。

  • スタジオの環境
  • インストラクター、レッスンの質
  • プログラム数、予約の取りやすさ
  • 利用料金

そこでこの4つの項目ごとに、LAVAと美温がそれぞれどうなのか比較をおこないました。

①スタジオの環境

まずはスタジオの環境です。

レッスンスペースに限らず、足を踏み入れるエリアをすべて含めたうえ、検証しました。

【LAVA】女性限定だから安心

LAVAは女性限定のため、気兼ねなくヨガに集中できるのがメリット。

一方の美温はスポーツクラブ内に併設されているケースが多く、当然ながら男性の目があります。スタジオ自体は女性限定を謳っていますが、施設のそこかしこに男性がいるのですから「女性限定」の意味を成しません。

またスポーツクラブはとても広く、スタジオからロッカールームまでそれなりに距離があります。その間を汗で濡れた状態のまま、男性のいる環境下で移動しなければならないのはストレスに感じます。

MEMO
LAVAには数少ないですが、男女共用のスタジオもあります。

【美温】スタジオの室温が低め

LAVAと美温では、スタジオの温めかたに違いがあります。

  • 【LAVA】ヒーターや加湿器などの空調設備により、室内を加温・加湿する
  • 【美温】床下の天然鉱石で水蒸気を温める

美温は一見すると天然素材でじんわり温めてくれる印象がありますが、意外にも室温は低め。LAVAのスタジオをサウナとするなら、美温は岩盤浴というところですね。

岩盤浴は、岩盤の上で横にならないと温かくなりませんね。それと同じで、立って動いている状態では「ホット」ヨガとはいえないと思います。

常温ヨガの延長としてカラダを温めたい目的なら、美温が段階を踏んでいておすすめです。

即効性を求めるのであれば、LAVAを選びましょう。

②インストラクター・レッスンの質

環境も大事ですが、何より重要なのがホットヨガのレッスンですね。

また同時に、レッスンを進行してくれるインストラクターの質も大切なポイントです。

【LAVA】インストラクターのレベルが高い

LAVAはインストラクターがフレンドリーなところが気に入っていますが、その点は美温も同様で、話しやすい雰囲気は好印象です。

ただレッスンとなると話は別。美温のインストラクターの進行には、正直なところ不満が残ります。

レッスンの進行はたどたどしく、間違ったときは笑いながらごまかす。レッスン強度が易しめのものでこの有り様なので、先が思いやられますね。

LAVAはインストラクターの研修が充実しており、プロ意識も持ち合わせています。LAVAを知っているからこそ、美温のインストラクターの質には首を傾げざるを得ません。

【美温】レッスンの難易度は易しめ

LAVAも美温も、レッスン強度は複数の段階が用意されています。いずれもレッスンは1時間です。

レッスン強度はそれぞれ表記に違いがありますが、以下がひとつの目安になります。

【LAVA】レッスン運動量♡♡ ≒ 【美温】レッスン強度

レッスン強度の幅はLAVAが2~5、美温が1~3です。今回、美温の体験レッスンではもっとも易しい「★」を受講しましたが、LAVAの♡♡かそれ以下に感じました。

さらに美温では1時間のうち中盤で1回、10分間の休憩時間が設けられていました。

これで「レッスン1時間」といえるの…?

酷いのは、休憩時間は強制的にスタジオ外へ追い出される点。男性もいる廊下でふらふらとさまようしかないという過酷な状況でした。

③プログラム数・予約の取りやすさ

ホットヨガスタジオ選びで忘れがちなポイントが、予約の取りやすさです。

自分が行きたいと思ったタイミングでレッスンを受けられない事態が頻発すると、足を遠退かせる要因になり得ます。

【LAVA】レッスンの定員数が多い

LAVA、美温ともにプログラム数は同程度。それぞれ週に1回の定休日を設けており、週6日の営業であることも変わりありません。

1日に7、8回のプログラムが組まれ、難易度もばらけています。

ただし、レッスンの定員数に大きな違いがありました。LAVAはスタジオのスペースを大きめに構えていますが、美温はスポーツクラブ内の施設というのがネックなのか、スタジオが小さめです。

私の通っているLAVAは30人近く収容可能なのに対し、美温は半数が限度だったと思います。

【美温】は1週間前に予約が必須

私が美温の体験レッスンを予約する際はだいぶ先まで定員が埋まっている状態で、1週間後にやっと空きが確認できました。

一方、LAVAは当日のレッスン直前に予約しても問題ないことがほとんどです。収容人数が多すぎて窮屈に感じるときもありますが、それでも行きたいときに行けるというのは大きい。

美温では、ヨガありきでスケジュールを組まなければならない羽目にもなり兼ねないのがリスキーですね。

④利用料金

最後に、ホットヨガスタジオを選ぶ決め手になり得るポイントとして利用料金を挙げます。

他の条件がどんなによくても、利用料金が高ければ通うのは難しいですよね。

【LAVA】月額制で通い放題

LAVAはマンスリーコースが主体ですが、美温は単発のチケット制という大きな違いがあります。

LAVAは何度行っても料金が一律なのが大きなメリットですが、単発チケットでは日常的には通いづらい印象がありますね。

MEMO
LAVAでも1回券の用意はあります。料金は3,500円(税込)で、当日のみ有効です。

【美温】月に5回以上通うなら割高

いったいどちらが料金的にお得なのでしょうか?

LAVAでもっとも一般的なマンスリーメンバー・ライト(2店舗限定通い放題)プランを例にとり、美温のペーパーチケット料金と比較してみました。

【LAVA】15,300円(税込) 通い放題 < 【美温】16.524円(税込) 5回券

月に5回以上(週1回以上)通うのであれば、LAVAの通い放題プランのほうがお得といえます。

なお、LAVAには月4回まで通えるマンスリーメンバー・4プランも用意があり、月額10,300円(税込)です。もし週1回のペースであっても、このコースを適用させればLAVAが割安といえます。

注意
LAVAの料金はエリアにより変動します。記載の料金は都心部のもっとも高い水準です。

おわりに

LAVAと美温を項目ごとにスコアで評価してみました。

ホットヨガスタジオ美温
スタジオ環境
(3.0)
インストラクター・レッスンの質
(2.5)
プログラム数・予約の取りやすさ
(3.5)
利用料金
(3.5)
総合評価
(3.0)
ホットヨガスタジオLAVA
スタジオ環境
(3.5)
インストラクター・レッスンの質
(4.5)
プログラム数・予約の取りやすさ
(4.0)
利用料金
(3.5)
総合評価
(4.0)

私の主観では美温3.0、LAVA4.0となり、結果的にLAVAの勝利となりました。

今回、他スタジオを体験したことで改めてLAVAを客観的に検証できましたが、やはりホットヨガをするならLAVAが一番バランスの取れているスタジオだと確信しました。

ホットヨガスタジオLAVAは、1,000円(税込)で体験レッスンが受講できます。あなたもぜひ一度、この良さを体感してみてくださいね。

変わりたい。ならばLAVA

今なら1,000円(税込)で手ぶら体験!

クリックで応援

人気ブログランキング

本当にカルト宗教?夫婦で「イルチブレインヨガ」体験へ行ってみた 「ヨガプラス」レッスン体験。ホットヨガスタジオLAVAとの違いは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください