Check ! アラサー女子流お小遣い稼ぎの方法

違和感を感じたら要注意!マルチ商法へ誘導する巧妙な勧誘パターンとは

こんにちは。うい(@uiuiuipot108081)です!

都会は人口が多いぶん、ワークスタイルも多種多様です。

積極的に新しい働きかたを開拓していく姿勢には共感できますが、中にはマイナスにはたらく部分も存在します。いわゆる、マルチ商法です。

マルチ商法は、会員が新規会員を誘い、その新規会員が更に別の会員を勧誘する連鎖により、階層組織を形成・拡大する販売形態である。

引用:Wikipedia「マルチ商法」

私が田舎に住んでいたときは、ここまでマルチ商法が横行していませんでした。しかし上京してから人脈を拡げていくにつれ、マルチ商法を生業とする人々と頻繁に遭遇するようになりました。

上京してしばらくは、まだ人を見極める術を心得ておらず、ノコノコと付いて行ってはショックを受ける機会が多くありました。今となっては初対面でも空気でかぎ分けられるレベルへ成長しましたが、それは当時幾度もだまされた経験があるからです。

そこでここでは、一見して見分けのつきにくいマルチ商法勧誘パターンについて、当時のエピソードをまじえつつ紹介します。

お菓子教室に気をつけろ

私が上京した当時はミクシィ全盛期。

私もヘビーユーズしており、都会に知り合いも少なかったためカフェコミュニティで女友達を募集しました。それに反応してメッセージをくれたのが、10歳ほど年上の女性Aでした。

初回のお茶ではマルチ商法のマの字も感じず、趣味や仕事について楽しく会話して終わりました。

そして数日後…。メール交換をしているうち、以下のお誘いがありました。

友達の家でお菓子教室を開くんだけど、よかったら来ない?

女性A

権力者の邸宅に信者が集う儀式

今思えば、一切警戒することなく付いて行ったのが間違いでした。

向かった主催者の自宅は豪邸と呼ぶにふさわしい佇まいで、おそらくマルチ商法の上層部に君臨する権力者だったのでしょう。

お菓子教室の参加人数は延べ10人以上。フルーツタルトやチョコレートケーキなど、手慣れた様子で作りつつ解説する主催者。配下とおぼしき参加者が絶妙なタイミングで合いの手を入れながら進行します。

お菓子の材料から調理器具まで商品PR

 

お菓子をすべて作り終えたら長い食卓を囲み、端から自己紹介タイムがスタートします。

私のさえない自己紹介に対してオーバーリアクションを繰り返し、執拗に質問を繰り出す参加者たち。ほぼ全員信者で塗り固められていたのでしょうね。

なお、使っている食材や粉類、調理器具にいたるすべてがマルチ商法のカタログに掲載の商品だと気づいたのは、後日になって女性Aからカタログを渡されたとき。当日使っていたというフライパンは、3万円以上の値がした記憶があります。

貸切パーティーに気をつけろ

お菓子教室の後日、再び女性Aから以下のお誘いがありました。

ダーツバーでパーティーするんだけど、よかったら来ない?

女性A

当時の私はまだマルチ商法のリスクを軽視しており、軽い気持ちで参加に応じました。

老若男女の信者により構成されたパーティー

女性Aと待ち合わせて向かった渋谷のダーツバーは、当日貸切営業。参加者の年齢層は幅広い印象を受けます。

既にダーツに興じていた金髪のショートヘアの女の子と目が合い、声をかけると私の2歳年上でした。楽しく会話しながら一緒にダーツで遊んで、連絡先も交換しました。

その子が、私が上京して初めて仲良くなれた同年代の女の子だったんです。

店もグル?冷蔵庫には商品がズラリ

宴もたけなわという頃、カフェ友の女性から「喉かわいたでしょ?」と手渡されたドリンク。

(イメージ画像)引用:Amazon

初めて目にするエナジードリンクです。

周囲を見渡すと、参加者が揃って同じドリンクをゴクゴクと飲んでいます。店の大きな冷蔵庫を開け放ち、次々とドリンクを配る数人の女性たち。

一心不乱にドリンクを飲み続ける様子に異質さを感じ取った私は、その時初めて「何かがおかしい」と気づきました。

ハッと思い立ち、遠くのダーツマシン付近に目をやると、金髪のショートヘアの女の子もおいしそうにドリンクを飲んでいました

目の前が真っ暗になりました。

遺伝子検査に気をつけろ

次に紹介するのは、とある働く女子向けメディア運営のコミュニティが発端です。

SATC(セックスアンドザシティ)みたいな友達が欲しい子集まれ」という呼びかけがあり、都会で暮らす女子なら誰もが憧れるその姿に惹かれ、声をかけました。

引用:Amazon セックス・アンド・ザ・シティ・ザ・ムービー

そこで出会った女の子の印象は悪くありません。しかし、その子が連れてきた年上の女性が侵犯でした。

コミュニティの呼びかけで集った女の子は全部で6人。都会的でオシャレで、洗練された雰囲気の女性ばかりです。銀座のカフェでテーブルを囲んだ女性たちは、トレンドに敏感なイマドキの若者でした。

プライドを持って臨む仕事では一定の評価を得て、それなりの額の報酬を手にしている女性たち。その一方で美の追求に余念がなく、美しさのためなら出費をいとわない姿勢も持ち合わせています。

その年上の女性はまさに、こんな女性グループを待ち望んでいたに違いありません。

その女性の目がキラリと光ったことに、私は気づきませんでした。

遺伝子検査を餌にサロンへ誘い込む

遺伝子検査」がいっとき大流行したことを、覚えているでしょうか。

遺伝子検査とは、唾液から摂取する遺伝子情報でがんや生活習慣病などの発症リスクを分析できる検査です。中には、医療目的でなく遺伝的な性格まで分析できるユニークなものもあります。

美にうるさい私たちが興味を示したのは、「肌質が分析できる遺伝子検査」でした。乾燥肌・敏感肌だけでなく、遺伝的に生じやすいシミや、適格な日焼け対策法効果のあるスキンケア方法などが分析できるとのこと。

価格は相場に比較して割高な5万円。しかし皆躊躇なく、支払いに同意しました。

謎の高額ダイエットコース

後日、私が報告を受けた検査結果は、拍子抜けなものでした。

冊子にまとめられているものの、サロンに置かれているスキンケア商品解説に大半のページが割かれています。後ほど冊子を持ち寄って開いた報告会では、皆も少々納得がいっていない様子でした。

遺伝子検査を境に、年上の女性とSATCコミュニティ主催者の女の子による猛追撃が始まりました。

女の子はすっかり年上の女性の策略にハマり、謎のダイエットコースに契約して30万円以上を一括で支払っているようでした。その子は日に日に頬肉が削げ、目の下にクマを作っていきました。

年上の女性は私たちの前に姿をあらわすことなく、女の子を裏で操ることで、私たちをマルチ商法へ引き入れよう画策していました。女の子は週に1回、私をお茶に誘い、怪しい美容商材について熱く勧めてきます。

そんな中、あるとき以下のような誘いがありました。

遺伝子検査に行ったサロンで、美容セミナーがあるから一緒に参加しない?

女の子

断り続けるにも限界があると感じた私は、付き合いで一度だけ参加することを決めました。

乳液を塗り続ける狂気の美容セミナー


参加した美容セミナーは、SATC主催者の女の子と、その子が引き入れようとしている被害者の女の子、私の計3名が参加しました。それにサロンスタッフの女性1人が加わり、4人の女性でテーブルを囲み、スキンケアを実演しながら学びます。

私は美容好きが高じて、それなりの美容知識は持ち合わせているつもりです。しかし、そんな私の常識を軽々とくつがえす異様な美容論を、さも当然のように繰り返すサロンスタッフ。

普段、私たちが1回に使っている乳液の量では、肌が枯れてしまいます。その5倍10倍の量を肌へ取り込むことによって、肌は本来のハリと弾力を取り戻し…

サロンスタッフ

狂言を口にしながら参加者の手のひらへピンポン玉大の乳液を出していくスタッフの女性。

乳液を肌に当ててぎゅうぎゅうと押し込んで、何とか入りきった!とテカテカの顔を上げるとスタッフが笑顔で再度、乳液を持ってきます。

顔は乳液の脂でテッカテカ。肌は「もう入らないよ~」と悲鳴をあげ、いつ終わるとも知れないエンドレス乳液地獄

セミナーの終盤では、美容商材のカタログを開きながらテカテカの顔を3つ突き合わせて座学にいたりましたが、端からみると狂気しか感じなかったことでしょう。

心身ともに消耗した私は、カタログを手にふらふらとサロンを後にし、二度とそのサロンへ足を踏み入れることはありませんでした。

おわりに

マルチ商法の厄介なところは、会員たち自身が商材に妄信していることだと思っています。

勧誘することに悪気がないから、目を覚まさせることは困難を極めます。

仲の良かった友達がマルチ商法に出会い、人が変わっていく過程を幾度となく目にしてきました。いろんな手を尽くして救い出そうとしましたが、その結果はむなしいものでした。

私はマルチ商法の内部事情に精通しているわけでは決してありませんし、中には確固たる信念をもってマルチ商法に携わっている人もいるかもしれません。

しかし私が会ったことのある信者たちは、どう見ても幸せには見えなかったのです

人をだまして手に入れる幸せは、かりそめの幸せです。私が過去に見てきた皆の姿が、現実だと思っています。だからこそ私はこれからもマルチ商法にいい印象を抱くことはありません。また同時に、勧誘されそうになっている知人がいたら、警鐘を鳴らしていくつもりです。

私の実体験が、そんなあなたの一助になれたのなら幸いです。

クリックで応援

人気ブログランキング

本当にカルト宗教?夫婦で「イルチブレインヨガ」体験へ行ってみた ホットヨガスタジオLAVAの勧誘の実態って?押し売りはあるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください